4区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パリ・4区の位置
パリ・4区の位置

パリ4区 (4く、4e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである [1]。第4区、パリ4区ともいう。市のほぼ中央、1区の東に位置しており、セーヌ川の北岸に面している。

概要[編集]

パリの4区は、市のほぼ中央にある行政区。「オテル=ド=ヴィル区 (Arrondissement de l'Hôtel-de-Ville)」と呼ばれることもある[2]セーヌ川の北岸に面しており、シテ島の東部、サン=ルイ島を含む。人口は30,675人 (1999年)で、20区の中では3番目に少ない(人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその4番目にあたることから、「4区」と名づけられた。

パリでは最も歴史のある地域のひとつであり、特にシテ島はパリ発祥の地といわれている。また、3区から4区にかけての地域はマレ地区と呼ばれ、歴史のある貴族の館が立ち並ぶ地域である。現在のマレ地区周辺はユダヤ人街として知られている。4区の主要な建物としては、ノートルダム大聖堂ポンピドゥー・センター (国立近代美術館)、パリ市庁舎 (オテル・ド・ヴィル) などがある。

なお、セーヌ川に沿った地域のうち、シュリー橋から下流は「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されている。

地理[編集]

パリ・4区の詳細地図
リヴォリ通り。パリ1区テュイルリー庭園傍より4区方向の眺め

4区は、パリのほぼ中央部に位置している。セーヌ川の北岸に面しており[3]シテ島の一部、サン=ルイ島を含む。面積は1.60 平方キロメートルで、20区のうちでは2区3区に次いで3番目に小さい。

北は、同じパリの行政区である3区に接し、ランビュトー通りやフラン=ブルジョワ通りを境界としている。南は、セーヌ川を挟んで5区に接している。東は12区に接しているが、バスティーユ広場以北は11区に接している。 西はセバストポル大通りを境界として、1区に接している。

セーヌ川の中州では、シテ島の東部とサン=ルイ島の全てを含んでいる。シテ島では、パレ大通りを境界として1区に接している。

地形[編集]

  • サン=ルイ島Île Saint-Louis
  • シテ島Île de la Cité
  • ルーヴィエ島(Île Louviers
    • かつて、サン=ルイ島の東方(上流)に位置していたセーヌ川中洲。現在は、右岸地域と陸続きとなっている[4]
  • アルスナル港Port de l'Arsenal
    • あるいはアルスナル湾(Bassin de l'Arsenal)。下記サン=マルタン運河に接続し、19区内のラ・ヴィレット貯水池に繋がる。4区・12区の境界上に位置する。4区側では、アルスナル港沿いをセーヌ河畔からバスティーユ広場までブルドン大通り(Boulevard Bourdon) が走る。アルスナル港を渡り12区内に入り、ラ・ラペ河岸通り、ディドロ大通りを進むと、すぐにリヨン駅前に出る。
  • サン・マルタン運河Canal Saint-Martin

隣接する自治体(行政区)[編集]

地区(カルチェ)[編集]

パリ・4区のカルチエ詳細図

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。4区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

  • 13 - サン=メリー地区 (Quartier Saint-Merri)
  • 14 - サン=ジェルヴェ地区 (Quartier Saint-Gervais)
  • 15 - アルスナル地区 (Quartier de l'Arsenal)
  • 16 - ノートル=ダム地区 (Quartier Notre-Dame)

住民[編集]

人口[編集]

4区の人口は、パリが全20区になった直後の1861年には108,520人であったのが、 100年余りが経過した1968年には半分以下の54,029人となり、その後も減少を続けて1999年には30,675人となった。20区のうちでは1区2区に次いで3番目に人口が少なく、1975年以降は、パリの人口の1パーセント台で推移している。2005年の推計では28,600人と見積もられており、人口の更なる減少が見込まれている。

また、人口の減少とともに人口密度も減り続けており、1999年の人口密度は、1861年の30パーセントをやや下回る19,160人となっている。20区のうちで4番目に人口密度が低く、パリの平均人口密度の0.8倍である。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1861年 108,520 1,696,141 6.40% 67,783 19,512 人口最大。
1872年 95,003 1,851,792 5.13% 59,340 21,303
1936年 70,944 2,829,753 2.51% 44,312 32,553
1954年 66,621 2,850,189 2.34% 41,612 32,788
1962年 61,670 2,790,091 2.21% 38,520 32,097
1968年 54,029 2,590,771 2.09% 33,747 29,804
1975年 40,466 2,299,830 1.76% 25,275 26,457
1982年 33,990 2,176,243 1.56% 21,230 25,035
1990年 32,226 2,152,423 1.50% 20,129 24,761
1999年 30,675 2,125,246 1.44% 19,160 24,449
2005年 28,600 2,166,200 1.32% 17,864 24,920 人口は推計。

歴史[編集]

政治・行政・司法[編集]

パリ市庁舎とパリ市庁舎前広場

主な官公庁・公共機関[編集]

  • 第4区役所 (Mairie du 4e arrondissement) - パリ市役所の東側界隈にある。

経済[編集]

主な店舗・商業施設[編集]

  • ル・BHV・マレ(ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ、Le BHV Marais
  • フランプリ(マルシェ・フランプリ, Marché Franprix
    • 4区内だとブール・ティブール通り (Rue du Bourg Tibourg) 20番地、ヴェルリ通り (Rue de la Verrerie) 81-83番地など、パリ市内各所にある手頃な価格帯で販売するスーパーマーケット。同業他社に、カルフール、モノプリ (Monoprix)、ジェー・ヴァン (G20)・・等がある。その他、7区セーヴル通り (Rue de Sèvres) 38番地、16区パッシー通り (Rue de Passy) 80番地にあるラ・グランド・エピスリー・ド・パリ (La Grande Epicerie de Paris) は、ボン・マルシェ百貨店系列の高級食品スーパーになる。
  • コスメ・ファッション
  • セフォラSephora
  • カール・ラガーフェルドKarl Lagerfeld
  • ザディグ・エ・ヴォルテール(Zadig & Voltaire
    • 4区ブール・ティブール通り22番地、16区パッシー通りや1区サントノーレ通りはじめパリ市内各所、日本では東京の南青山銀座など国内外に多店舗展開しているファッションブランド。
  • パティスリーその他
  • ベルティヨン(ベルティヨン・グラシェ, Berthillon Glacier
    • パリで人気のアイスクリーム店で、日本その他からの観光客も多く来店する。狭い区画ながらパリの最高級住宅街とされるサン=ルイ島の東西を走るサン=ルイ・アン・リル通り (Rue Saint-Louis en l'Île) 29-31番地にある。
  • マリアージュ・フレール(マリアージュ・フレール・テ・フランセ, Mariage Frères Thè Français
    • フランス式の紅茶などの茶葉専門店、サロン・ド・テ。4区ブール・ティブール通り35番地に本店があり、8区マドレーヌ広場などパリ市内各所にある。東京の銀座や南青山等にも路面店等がある。

健康・福祉[編集]

保健・医療[編集]

  • オテル=デュー病院 (パリ市立病院、Hôtel-Dieu de Paris) – シテ島にあるパリ最古の病院。その創立は651年と伝えられている [5]

学術・研究[編集]

研究施設[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

  • リセ・シャルルマーニュ (Lycée Charlemagne) - シャルルマーニュ通り (Rue Charlemagne) 14番地に所在する。

文化施設[編集]

美術館・博物館[編集]

映画館・劇場[編集]

  • パリ市立劇場 (Théâtre de la Ville

その他[編集]

宗教施設[編集]

画像をクリックして拡大

教会・寺院[編集]

  • サン=ジャック塔 (Tour Saint-Jacques)
    • フランス革命中に破壊されたサン=ジャック=ド=ラ=ブッシェリー教会(Église Saint-Jacques-de-la-Boucherie)の遺物 [8]
  • サン=ジェルヴェ=サン=プロテ教会 (Église Saint-Gervais-Saint-Protais)
  • サン=ポール=サン=ルイ教会 (Église Saint-Paul-Saint-Louis)
  • サン=メリー教会 (Église Saint-Merri)
  • サン=ルイ=アン=リル教会 (Église Saint-Louis-en-l'Île)
  • ノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame de Paris)
  • ビレット修道院教会 (Cloître et église des Billettes)
    • 初期建物は1294年に建築された。
  • マレ寺院 (Temple du Marais)

観光・憩い[編集]

画像をクリックして拡大

建築[編集]

  • サンス館(Hôtel des archevêques de Sens
  • シュリー館(Hôtel de Sully
  • パリ市庁舎(オテル・ド・ヴィル, Hôtel de Ville
  • ボーヴェ館(Hôtel de Beauvais
  • ラモワニョン館(Hôtel de Lamoignon
    • パリ市立史料館として使用されている。
  • ランベール館(Hôtel Lambert
  • ローザン館(Hôtel de Lauzun
    • サン=ルイ島にある。
  • パビヨン・デュ・ロワ(王の館, Pavillon du Roi
    • 3区パビヨン・ド・ラ・レーヌ(王妃の館)とは、ヴォージュ広場を挟み南北に対に位置する。

公園・緑地等[編集]

  • アンリ=ガリ公園(Square Henri-Galli
  • イル・ド・フランス公園(Square de l'Île de France
  • オテル=ド=ヴィル広場(Place de l'Hôtel-de-Ville
  • サン=ジャック塔公園(Square de la Tour Saint-Jacques
  • ジャン23世公園(Square Jean-XXIII
  • ジョルジュ・ポンピドゥー広場(Place Georges Pompidou
  • パルヴィ・ノートルダム広場(Place du Parvis Notre-Dame
  • ボードワイエ広場(Place Baudoyer
    • 第4区役所前にある広場。リヴォリ通りとフランソワ=ミロン通りに挟まれた場所、パリ市庁舎の東側、サン=ジェルヴェ=サン=プロテ教会の北側にある。
  • ヴォージュ広場(Place des Vosges
    • 後述。広場南側4区パビヨン・デュ・ロワと同北側3区パビヨン・ド・ラ・レーヌとを南北に、36の赤煉瓦建物群等で囲まれた広場。

旧跡・記念碑等[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

画像をクリックして拡大
  • ダルコル通り(アルコル通り, Rue d'Arcole
    • シテ島にあるパリ市立病院 (Hôtel-Dieu) 傍を走る。
  • アルシーヴ通り(Rue des Archives
  • アンリ4世大通り(ブールヴァール・アンリ=キャトル, Boulevard Henri IV
  • エクフ通り(Rue des Écouffes
  • オスピタリエール=サン=ジェルヴェ通り(Rue des Hospitalières-Saint-Gervais
  • カンカンポワ通り(Rue Quincampoix
    • 下記サン=マルタン通りの西側を並走して南北に伸びる通り。
  • クロワトル=ノートルダム通り(Rue du Cloître-Notre-Dame
  • コロンブ通り(Rue de la Colombe
  • ケ・アンリ=キャトル通り(Quai Henri-IV
  • ケ・オ・フルー通り(Quai aux Fleurs) - シテ島北岸にある。
  • ケ・ダンジュ通り(Quai d'Anjou) - サン=ルイ島北岸にある。
  • ケ・デ・セレスタン通り(Quai des Célestins
  • ケ・デュ・マルシェ=ヌフ通り(Quai du Marché-Neuf) - シテ島南岸にある。
  • ケ・ド・ジェスヴル通り(Quai de Gesvres
  • ケ・ド・ブルボン通り(Quai de Bourbon) - サン=ルイ島北岸にある。
  • ケ・ド・ラ・コルス通り(Quai de la Corse) - シテ島北岸にある。
  • ケ・ド・ラルシュヴェシェ通り(Quai de l'Archevêché) - シテ島東端付近にある。
  • ケ・ド・ロテル・ド・ヴィル通り(Quai de l'Hôtel de Ville
  • ケ・ドルレアン通り(Quai d'Orléans) - サン=ルイ島南岸にある。
  • サンタントワーヌ通り(Rue Saint-Antoine
    • リヴォリ通りとバスティーユ広場とを結ぶセーヌ川右岸(北岸)を東西に走る通り。バスティーユ以東へ伸びるフォーブール=サンタントワーヌ通りは「バスティーユ襲撃」の発端となった通り。
  • サン=ポール通り(Rue Saint-Paul
  • サン=マルタン通り(Rue Saint-Martin
    • 4区内南側で東西に走るリヴォリ通りと交差する南北に伸びる通り。サン=ジャック塔がそびえるサン=ジャック公園に沿ってそのまま4区南側セーヌ川方向へ向かうと、シテ島のノートルダム・ド・パリパリ警視庁、オテル=デュー病院前を走る下記シテ通りを介して、5区カルチエ・ラタンの中心を南北に貫くサン=ジャック通りに接続する。同サン=ジャック通りと共にパックス・ロマーナ期の街ルテティア時代から都市の中心軸を成していた。反対に4区北側へは、下記セバストポリ大通り、同大通りを挟んだ西側のサン=ドニ通りと共にそれぞれ2区・3区を抜け10区方面へ南北に並走してゆく。4区内では、サン=メリー教会やポンピドゥー・センター沿いに走り、3区内では区内西側を南北に伸び、サン=マルタン凱旋門を抜けると、10区内ではフォーブール・サン=マルタン通りと名を変え続く。パリ東駅東側界隈を抜け19区に入るとフランドル大通りに接続する。ポルト・ラ・ヴィレットを抜けパリ郊外からは国道2号線 (fr) に接続し、パリ=シャルル・ド・ゴール空港を経由し、ベルギー (フランドル) 国境ベティ二方面に向かう。かつての「ローマ街道」の道にあたる。
  • サン=ルイ・アン・リル通り(Rue Saint-Louis en l'Île
    • サン=ルイ島の中心を東西に走る通り。29-31番地に人気のアイスクリーム店 ベルティヨン・グラシェ (Berthillon Glacier) があり、他にフランス料理店 ノ・ザンゼト(ル)・レ・ゴロワ (Nos ancêtres les Gaulois [9]) ・・等、パティスリーからレストラン・・までが連なる。
  • シャノワネーズ通り(Rue Chanoinesse
  • シャントル通り(Rue des Chantres
  • シテ通り(Rue de la Cité
    • パリ左岸(南岸)サン=ジャック通りとパリ右岸(北岸)の上記サン=マルタン通りとを結ぶシテ島の通り。シテ島のノートルダム・ド・パリやパリ警視庁、オテル=デュー病院前を走る。
  • セバストポル大通り(Boulevard de Sébastopol
    • 1区との境界線上を南北に伸びる。下記シテ島のパレ大通りから続き、1区・4区南側セーヌ川河岸周辺シャトレ広場やサン=ジャック塔界隈で交差するリヴォリ通りから北側に伸び、西にサン=ドニ通り、東に上記サン=マルタン通りとに挟まれた形でそれぞれ南北に並走する。ルーヴル美術館の東側、マレ地区の西側、南側はサマリテーヌ百貨店からパリ市庁舎(オテル・ド・ヴィル)前広場、北側はレ・アールからポンピドゥー・センターに挟まれたシャトレ駅を中心とする、下記リヴォリ通りとこれら3通りが交差する一帯には、いくつかの和食のレストラン、オペラ広場やモンパルナス駅前や駅界隈メーヌ大通り、シャンゼリゼ通り至近フランクラン=ローズヴェルト大通り、レピュブリック広場やボーマルシェ大通りなどパリ各所にあるステーキレストランないしブラッスリーのイポポタミュ (Hippopotamus) サン=ドニ通り店等の他、カフェ、オーガニックコスメのイヴ・ロシェ(ール) (Yves Rocher) から、GAPZARAH&M等のファストファッションマクドナルドスタバ、若干離れてコンビニのモノップ (monop')・・までが軒を連ねている。10区内からストラスブール大通りと名を変え、西にフォーブール=サン=ドニ通り、東にフォーブール=サン=マルタン通りと共に同区内を南北に並走し、パリ東駅南側正面界隈まで伸びてゆく。
  • セヴィニェ通り(Rue de Sévigné
    • リヴォリ通り乃至サンタントワーヌ通りと南北に交差し、北側3区方面へ続く通り。サン=ポール・サン=ルイ教会がある。界隈はユダヤ人街。
  • タンプル通り(Rue du Temple
    • 4区リヴォリ通りパリ市庁舎(オテル・ド・ヴィル)前広場から南北に伸びる通り。3区に入ると右斜め上にレピュブリック広場まで走る。その先10区・11区区界を走るフォーブール=デュ=タンプル通り、19区・20区区界を走るベルヴィル通りへ続く。通り名はタンプル塔ないしテンプル騎士団から。
  • テュレンヌ通り(Rue de Turenne
  • ドゥ=ポン通り(Rue des Deux-Ponts
  • パヴェ通り(Rue Pavée
  • バール通り(Rue des Barres
  • バスティーユ通りRue de la Bastille
    • バスティーユ広場の北西側至近を東西に走る短い通り。パリで最も古いブラッスリーボファンジェ (Brasserie Bofinger) がある[10]
  • パレ大通り(Boulevard du Palais
  • ヴィエイユ=デュ=タンプル通り(Rue Vieille-du-Temple
    • ブティックや雑貨店、レストラン、ブーランジュリー・・等が連なるマレ地区の中心を南北に走る通り。同通り南側起点にあたるリヴォリ通りからポン・ルイ=フィリップ通り (Rue du Pont Louis-Philippe) 沿いに一区画南へ過ぎた、パティスリーのオ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド (Aux Merveilleux de Fred)[11] 等があるフランソワ=ミロン通りとの交差点界隈に、パリでは珍しい上記画像中世14世紀建物 (Maison à l'enseigne du mouton et faucheur) がある。
  • ヴィクトリア大通り(Avenue Victoria
    • 下記リヴォリ通りとセーヌ川に挟まれた形で並走し、1区シャトレ広場から4区パリ市庁舎(オテル・ド・ヴィル)前広場までを東西に走る通り。1区側シャトレ座などが建つシャトレ広場界隈から東に向かうと、途中サン=ドニ通りが北側に伸びてゆき、サン=ジャック塔公園、セバストポル大通りやサン=マルタン通り等との交差点を過ぎると、パリ市庁舎前広場まで至る。また、パリ市庁舎の東側界隈にはサン=ジェルヴェ=サン=プロテ教会が建つ。
  • ブール=ティブール通り(Rue du Bourg-Tibourg
  • フェルディナン=デュヴァル通り(Rue Ferdinand-Duval
  • フラン・ブルジョワ通り(Rue des Francs Bourgeois
  • ブラン=マントー通り(Rue des Blancs-Manteaux
  • フランソワ=ミロン通り(Rue François-Miron
  • ブルドン大通り(Boulevard Bourdon
    • 4区・12区境界上に位置するアルスナル港に沿って、4区側セーヌ河畔からバスティーユ広場までを繋ぐ通り。同港を渡り12区内に入るとラ・ラペ河岸通り、ディドロ大通りと進むとリヨン駅前に出る。ラ・ラペ河岸通りからオステルリッツ橋でセーヌ川を渡ると対岸オステルリッツ駅前に出る。
  • ボーブール通り(Rue Beaubourg
  • ボーマルシェ大通りBoulevard Beaumarchais
    • それぞれ南北に走る上記ボーブール通りとボーマルシェとを左右東西に挟み、それぞれ東西に走る南のセーヌ川と、北のブルターニュ通りとで囲まれた地域一帯が、およそ"ル・マレ (マレ地区)" と呼ばれる。レピュブリック広場からバスティーユ広場の間を、南北にひと続きで走るタンプル大通り、フィーユ=デュ=カルヴェール大通り、ボーマルシェ大通りの3通りとも、サン=マルタン、サン=ドニ、ボンヌ=ヌーベル、ポワソニエール、モンマルトル、イタリアン、カピュシーヌ、マドレーヌ大通り・・等と共に"レ・グラン・ブールヴァール"と括られる。
  • モルラン大通り(Boulevard Morland
  • ウルサン通り(Rue des Ursins
  • ランビュトー通り(Rue Rambuteau
    • 1区との区境を南北に走るセバストポル大通りから、ポンピドゥー・センターの北側沿い、交差するボーブール通りを抜けると、通り東側で上記フラン・ブルジョワ通りと名を変え続く、3区との境界線上を東西に走る通り。
  • リヴォリ通り(Rue de Rivoli
    • 西側8区コンコルド広場から1区内のテュイルリー庭園やルーヴル美術館北側傍を過ぎ、繁華街にあたる上記セバストポル大通りとのシャトレ駅交差点から4区になる、東西に走る目抜き通り。4区東側セヴィニエ通りが接続するサン=ポール=サン=ルイ教会界隈でサンタントワーヌ通りと名を変え東方向へ続き、バスティーユ広場に至る。通り沿いに建つサン=ポール=サン=ルイ教会の南西セーヌ河岸側にはオテル・ド・サンスやオテル・ドーモン等マレ地区の代表的建物が建つ。
  • リュテス通り(Rue de Lutèce
  • ルナール通り(Rue du Renard
  • ロジエール通り(Rue des Rosiers
  • ロンバール通り(Rue des Lombards
画像をクリックして拡大

橋梁[編集]

セーヌ川に架かる区内の橋は、次のとおりである(上流から順に、つまり東西順に列挙)。

画像をクリックして拡大

広場・交差点[編集]

パリの「広場(プラス、Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地、公園等に利用されている場合もあり、エトワール凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。4区の広場や交差点には、次のようなものがある。

船舶[編集]

著名な出身者[編集]

貴族[編集]

学者[編集]

芸能[編集]

著名な居住者[編集]

貴族・富豪[編集]

政治[編集]

文化[編集]

ゆかりの人物[編集]

文化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス語の 「4e 」 = 「quatrième 」 は、英語の「fourth 」 に相当する序数。「第4の」 「4番目の」を意味する。したがって、原語の「4e arrondissement 」を直訳すると「第4区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ セーヌ川の右岸にあたる。
  4. ^ ジャン=ロベール・ピット木村尚三郎 監訳) 『パリ歴史地図』、東京書籍、2000年、p.23.
  5. ^ アルフレッド フィエロ 『パリ歴史事典』鹿島茂 監訳、白水社、2000年、p.612.
  6. ^ 原語の「Maison de Victor Hugo」を直訳すると「ヴィクトル・ユーゴーの家」となる。
  7. ^ ブルーガイド海外版編集部『わがまま歩き パリ』、2013年、p.87
  8. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007〜2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.115.
  9. ^ "我々の先祖、ガリア人"の意。
  10. ^ ブラッスリー・ボファンジェ (Brasserie Bofinger) JTB海外ガイド
  11. ^ メルヴェイユ (fr) で知られ、パリ5区モンジュ通り (Rue Monge)・7区サン=ドミニク通り (Rue Saint-Dominique)・16区ラノンシアション通り (Rue de l'Annonciation)、その他12区15区17区やブローニュ=ビヤンクールなどパリ市内外、リールボルドー、ロンドンケンジントン在英仏大使館界隈やベルギードイツなど欧州域内でも展開するパティスリーチェーン店。
  12. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007〜2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.218.

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。

関連項目[編集]