4号警備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
4号警備
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜20:15 - 20:43(28分)
放送期間 2017年4月8日 - 5月20日(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK総合
脚本 宇田学
出演者 窪田正孝
北村一輝
賀来賢人
片岡鶴太郎
音声 解説放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

4号警備(よんごうけいび)は2017年放送のNHK総合のドラマ。土曜20:15 - 20:43[1]の放送枠で、2017年4月8日 - 5月20日の期間で全7話が放映された[2]

日本の警備業法4つの分類[1]のうち、特にボディーガード(身辺警護)を主体とする4号警備に従事する、非警察組織の民間警備会社「ガードキーパーズ警備保障[3]」の最前線を描く物語である[2]

基本的には1話完結型のストーリーで、NHKオンデマンド配信の対象であるため、第一回からのWEB視聴も可能となっている[4]

概要[編集]

作品考証を担当したセキュリティコンサルティング専門家の木本亮は「格闘などの演出描写にTVドラマならではのエンターテインメントの部分はあれども、それ以外については現実に非常に忠実に描いており、身辺警護のお手本、教科書のようなドラマ」と評している[1]

番組内でガードキーパーズ社員として登場する業務中の警備員たちが着用している各警備業法の制定に沿った制服は番組のために新たにデザインされたもので、演出コンセプトは「定番の制服とは少し違った、新しいイメージの警備服を表現したい」というものだった[5]

放送終了後、スタッフブログにて3年前(2014年)に制作放映された同じくNHK総合の土曜ドラマで消防士を描いた『ボーダーライン』と同じスタッフが結集して作成された作品であることが明かされた[6]

脚本は後にノベライズ小説として宝島社文庫から前後編で出版されている(書籍節参照)。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

朝比奈準人(あさひな はやと)〈25〉[7]
演 - 窪田正孝
元警察官。若くして退官後に警備業に就いた。格闘技ジムの2階に下宿している[8]
石丸賢吾(いしまる けんご)〈50〉[7]
演 - 北村一輝
元会社経営者で妻子持ちだったが、現在は離婚している。交通誘導警備(2号警備)に従事していたが、なぜか池山に4号警備への従事を命令された。自他共に臆病者と呼ばれる慎重派[8]。朝比奈からは「シシマル」と呼ばれ、見下されている。
上野由宇(うえの ゆう)〈23〉[7]
演 - 阿部純子
元ホテルのフロント係。ストーカー被害をきっかけに朝比奈、石丸たちに助けを求め、その後ガードキーパーズに入社した[8]

ガードキーパーズ社員[編集]

本田薫(ほんだ かおる)〈47〉[7]
演 - 木村多江
ガードキーパーズの2代目社長。同時に営んでいるアパレル事業の方に注力しており、警備業については経営意欲が薄い[8]
池山幸雄(いけやま ゆきお)[7]
演 - 片岡鶴太郎
元警視庁のSPで、現在はガードキーパーズ警備の部長。朝比奈、石丸に命じてコンビを組ませた[8]
金沢茜
演 - 濱田マリ
ガードキーパーズの経理・事務担当[8]
遠藤恵輔
演 - 高木渉
ガードキーパーズ警備部のリーダー[8]
大川
演 - 横田大明[9]
山本
演 - 浦野博士[9]

その他[編集]

江本六郎
演 - 麿赤兒
朝比奈が下宿している格闘ジムのオーナー[8]
山田剛志
演 - 神戸浩
朝比奈と同じくジムに住み込んでいるジム清掃員[8]
松下楓
演 - 久保田紗友
石丸の娘[8]。高校生。
滝沢学
演 - 佐戸井けん太
警視正。
小林三喜男
演 - 賀来賢人
朝比奈が警官を退官した理由に深く関わっている[8]。殺人の罪で3年半収監されていた[10]

ゲスト[編集]

第1回
広瀬秀嗣
演 - 水橋研二
盲目の男性で遺産相続を巡って命を狙われていた[8]
バートランド
演 - セイン・カミュ[11]
外国の要人。
刺客
演 - 島津健太郎
広瀬の命を狙う男[9]
第2回
小川
演 - 小沢一敬
上野由宇を執拗にストーキングしていた[8]
羽場
演 - 横塚真之介[9]
ホテル従業員。
支配人
演 - 多田木亮佑[9]
第3回
原正
演 - 中山秀征
ブラック企業の噂がある大手不動産会社の社長[8]
昇太
演 - 伊藤歩夢
原のひとり息子[9]
演 - 小須田康人
原の会社の総務部長で側近[9]
第4回
熊田典子
演 - 伊藤蘭
市長選挙に立候補した元教師だが、何者かから脅迫を受けていた[8]
甲本富雄
演 - 高橋光臣
熊田の教師時代の教え子で熊田の選挙事務所の運営者[8]
熊田陣営のスタッフ
演 - 芳野友美、山口智恵[9]
藤田源太郎
演 - 小杉幸彦
選挙立候補者。
はに丸
声 - 田中真弓
冒頭において、朝比奈と石丸のやり取りの最中に突然登場した。
第5回
馬場啓介
演 - 柏原収史
エリートサラリーマンで妻、奈津子の警護を依頼した[8]
馬場奈津子
演 - 壇蜜
夫の依頼で朝比奈たちが警護についた主婦[8]
第6回
渋谷謙一
演 - 塚本晋也
外国人労働者たちの失踪事件に取り組む弁護士だったが、謎の組織に狙われるようになっていた[8]
最終回
女殺し屋
演 - 佃井皆美[12]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日[13] サブタイトル 演出
第1回 4月08日
なし
石塚嘉
第2回 4月15日
第3回 4月22日
第4回 4月29日 松園武大
第5回 5月06日
第6回 5月13日 宇佐川隆史
第7回 5月20日 守るとは? 生きるとは?[13] 石塚嘉

書籍[編集]

宇田学、百瀬しのぶ共著、宝島社文庫より前後編で刊行。

  • 『4号警備 前編』2017年5月12日。ISBN 978-4800272713
  • 『4号警備 後編』2017年6月7日。ISBN 978-4800272737

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 窪田正孝&北村一輝は“良きお手本” プロが絶賛するドラマ『4号警備』のリアルORICON NEWS、2017年5月28日閲覧。
  2. ^ a b c d 4号警備 | NHK 土曜ドラマ、NHKオンライン、2017年5月28日閲覧。
  3. ^ 『4号警備』ウラ話#8 「美術セット紹介」、2017年5月6日。2017年5月28日閲覧。
  4. ^ 【芸能コラム】「4号警備」人間ドラマにユーモアとアクションを凝縮した濃密な30分、エンタメOVO、2017年5月28日閲覧。
  5. ^ 『4号警備』 ウラ話#4 「警備の装い」、2017年4月22日。2017年5月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 『4号警備』ウラ話#12 「社会派お仕事エンターテインメントを作る」、2017年5月20日。2017年5月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e 4号警備(ドラマ)の番組情報”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年). 2017年8月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s おもな登場人物、NHKオンライン、2017年5月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 『4号警備』ウラ話#11 「4号警備が出会ったゲストたち」、2017年5月19日。2017年5月28日閲覧。
  10. ^ 『4号警備』ウラ話#9 「小林出所の謎」、2017年5月12日。2017年5月28日閲覧。
  11. ^ 『4号警備』ウラ話#2「合言葉はブラウン?」、2017年4月8日。2017年5月28日閲覧。
  12. ^ a b 『4号警備』ウラ話#13 「あの女殺し屋は誰」、2017年5月24日。2017年5月28日閲覧。
  13. ^ a b 次回予告・予告動画、NHKオンライン、2017年5月28日閲覧。
NHK総合テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
スクラップ・アンド・ビルド
(2016.12.17)
4号警備
(2017.4.8 - 5.20)
幕末グルメ ブシメシ!
(2017.6.10 - 7.15)