4-カルボキシメチル-4-メチルブテノライドムターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
4-カルボキシメチル-4-メチルブテノライドムターゼ
識別子
EC番号 5.4.99.14
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

4-カルボキシメチル-4-メチルブテノライドムターゼ(4-carboxymethyl-4-methylbutenolide mutase、EC 5.4.99.14)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

4-カルボキシメチル-4-メチルブタ-2-エン-1,4-オライド\rightleftharpoons4-カルボキシメチル-3-メチルブタ-2-エン-1,4-オライド

従って、この酵素の基質は4-カルボキシメチル-4-メチルブタ-2-エン-1,4-オライドのみ、生成物は4-カルボキシメチル-3-メチルブタ-2-エン-1,4-オライドのみである。

この酵素は異性化酵素、特にその他の基を移す分子内転位酵素に分類される。系統名は、4-カルボキシメチル-4-メチルブタ-2-エン-1,4-オライド メチルムターゼ(4-carboxymethyl-4-methylbut-2-en-1,4-olide methylmutase)である。他に、4-methyl-2-enelactone isomerase、4-methylmuconolactone methylisomerase、4-methyl-3-enelactone methyl isomerase等とも呼ばれる。

出典[編集]

  • Bruce NC and Cain RB (1988). “beta-Methylmuconolactone, a key intermediate in the dissimilation of methylaromatic compounds by a modified 3-oxoadipate pathway evolved in nocardioform actinomycetes”. FEMS Microbiol. Lett. 50: 233–239. doi:10.1111/j.1574-6968.1988.tb02944.x.