4-デオキシ-L-スレオ-5-ヘキソスロース-ウロン酸ケトールイソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
4-デオキシ-L-スレオ-5-ヘキソスロース-ウロン酸ケトールイソメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.1.17
CAS登録番号 37318-44-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

4-デオキシ-L-スレオ-5-ヘキソスロース-ウロン酸ケトールイソメラーゼ(4-deoxy-L-threo-5-hexosulose-uronate ketol-isomerase、EC 5.3.1.17)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

4-デオキシ-L-スレオ-5-ヘキソスロースウロン酸\rightleftharpoons3-デオキシ-D-グリセロ-2,5-ヘキソジウロソン酸

従って、この酵素の基質は4-デオキシ-L-スレオ-5-ヘキソスロースウロン酸のみ、生成物は3-デオキシ-D-グリセロ-2,5-ヘキソジウロソン酸のみである。

この酵素は異性化酵素、特にアルドースケトースを相互変換する分子内酸化還元酵素である。系統名は、N-アシル-D-グルコサミン-6-リン酸 2-エピメラーゼ(4-デオキシ-L-スレオ-5-ヘキソスロース-ウロン酸 アルドース-ケトース-イソメラーゼ)である。この酵素は、ペントース及びグルクロン酸の相互変換に関与する。

構造[編集]

2007年末時点で、3つの構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、1X8M1XRU1YWKである。

出典[編集]

  • Preiss J (1966). “4-Deoxy-L-threo-5-hexosulose uronic acid isomerase”. Methods Enzymol.. Methods in Enzymology 9: 602–604. doi:10.1016/0076-6879(66)09121-3. ISBN 978-0-12-181809-8.