47の素敵な街へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
47の素敵な街へ
AKB48 Team 8楽曲
リリース 2014年8月27日
規格 シングル
(カップリング曲として)
音楽配信
録音 2014年
ジャンル J-POP
時間 4分18秒
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞者 秋元康
作曲者 Sungho
プロデュース 秋元康
その他収録アルバム

47の素敵な街へ」(よんじゅうななのすてきなまちへ)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48 Team 8の楽曲。作詞は秋元康、作曲はSungho、編曲は野中“まさ”雄一が担当した。楽曲のセンターポジションは中野郁海が務めた。

背景とリリース[編集]

2014年4月に結成されたAKB48の5番目のチームであり、「会いに行くアイドル」をコンセプトとしてトヨタ自動車のサポートを受ける「チーム8」初のオリジナル楽曲[1]

2014年8月27日に発売されたAKB48の37thシングル「心のプラカード」の劇場盤にカップリング曲として収録された[1]

2014年7月21日に『第13回 Kobe Love Port みなとまつり』でチーム8のオリジナル曲が制作されたことが発表された[2]。以降、本曲はチーム8の代表曲かつライブで定番の人気曲となる[3][4]

楽曲の人気投票イベントである『AKB48グループ リクエストアワー[注 1]』では2015年に11位[5]、2016年は「AKB48単独リクエストアワー」で2位[6]、「AKB48グループ リクエストアワー」で3位[7]、2017年に2位を獲得している[8]、「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」にて再び2位を獲得、3年連続でトップ3以内にランクインしたのは「47の素敵な街へ」が初めて。そして、「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2019」にて念願の1位を獲得し、4年連続でトップ3入りという快挙を成し遂げる。

2012年4月6日にスタートしたAKB48の全国ツアーは、『野中美郷、動く。〜47都道府県で会いましょう〜』からタイトルが途中で変わった『あなたがいてくれるから。〜残り27都道府県で会いましょう〜』で47都道府県を巡り終え、2014年12月27日に宮城県仙台サンプラザホールでチームAが千秋楽公演を行ったが、その夜公演において同年リリースの本曲がサプライズで歌唱された[9]。2016年3月31日の『HKT48春のライブツアー〜サシコ・ド・ソレイユ 2016〜』ツアーファイナルでは、AKB48グループメドレーとして歌唱されている[10]

2014年12月からは、本曲のタイトルを引用した全国ツアー『TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜』が実施されている[11]

音楽性[編集]

47都道府県を代表するメンバーで構成され、「会いに行くアイドル」がコンセプトのチーム8ならではの歌詞になっており、「車に乗って」というトヨタ自動車とも関連するフレーズが入っている[12]。間奏では「北海道」から「沖縄」までの47都道府県名を都道府県コード順に、各都道府県代表メンバーが1人ずつ連呼する部分があり、そこではメンバーごとにそれぞれ個性を出している[1]

AKB48グループとしてはチーム8で唯一行われている、「ガチ恋口上」とよばれるアイドルファンによるコール(口上)の一種が本曲のイントロで一部、アウトロではフルで行われるのが恒例となっている[13]

ミュージック・ビデオ[編集]

「心のプラカード」発売時点でミュージック・ビデオ (MV) は制作されていなかったが、ファンからの要望もあり、アルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』(2015年1月21日発売)の特典DVDに収録された[14][15]。MVの監督は高橋栄樹が担当した[15]

歌唱メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年は『AKB48 リクエストアワー』。

出典[編集]

  1. ^ a b c “AKB48新作にチーム8初オリジナル曲収録”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年7月22日). http://natalie.mu/music/news/121745 2017年10月15日閲覧。 
  2. ^ “AKBチーム8が初のオリジナル曲 岐阜代表の新メンバーも決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年7月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2040010/full/ 2017年10月15日閲覧。 
  3. ^ 瀧澤唯 (2017年7月16日). “アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜【AKB48 チーム8ライブレポート】”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). http://getnews.jp/archives/1833575 2017年10月15日閲覧。 
  4. ^ “横山結衣ら悔し涙…チーム8代表曲2位で雪辱ならず”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1768851.html 2017年10月15日閲覧。 
  5. ^ “怒涛のサプライズ…柏木初センターに「NGT48」発足、涙が続いたAKB48リクエストアワー最終日<50位〜1位/セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年1月26日). https://mdpr.jp/music/detail/1462936 2017年10月15日閲覧。 
  6. ^ “AKB48「リクアワ」1位は珠理奈ソロ曲、2位にチーム8”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年1月19日). http://natalie.mu/music/news/172922 2017年10月15日閲覧。 
  7. ^ ““卒業祝”宮澤佐江センター曲が1位 卒コン日程も発表【リクアワ20→1位】”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年1月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2065817/full/ 2017年10月15日閲覧。 
  8. ^ “AKB48グループ『リクアワ2017』はNGT48に軍配 チーム8の課題と今後への期待”. Real Sound (blueprint). (2017年1月30日). http://realsound.jp/2017/01/post-11141.html 2017年10月15日閲覧。 
  9. ^ “AKB48が2年8ヵ月で全国ツアーを完走”. エンタメNEXT (徳間書店). (2014年12月28日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=1237 2017年10月15日閲覧。 
  10. ^ “HKT48ツアーファイナルで、研究生昇格&夏のツアー発表!新曲初披露も”. エンタメNEXT (徳間書店). (2016年3月31日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=1761 2017年10月15日閲覧。 
  11. ^ “AKB48 チーム8全国ツアースタート!全力疾走の初舞台”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2014年12月24日). https://news.dwango.jp/2014/12/24/14864/idol/ 2017年10月15日閲覧。 
  12. ^ 『47の素敵な街へ』喜びコメント”. AKB48 Mobile. AKS (2014年). 2017年10月15日閲覧。
  13. ^ “AKB48 Team8が「頂点目指して突っ走っていくぞ!」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年8月5日). https://news.dwango.jp/2016/08/05/100074/idol/ 2017年10月15日閲覧。 
  14. ^ “AKB48新作は「ここがロドスだ、ここで跳べ!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年12月17日). http://natalie.mu/music/news/134055 2017年10月15日閲覧。 
  15. ^ a b 『47の素敵な街へ』のミュージックビデオが完成!!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2014年12月17日). 2017年10月15日閲覧。