4th LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜 FINAL in TOKYO DOME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東方神起 > ディスコグラフィ > 4th LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜 FINAL in TOKYO DOME
4th LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜 FINAL in TOKYO DOME
東方神起ライブ・ビデオ
リリース
録音
ジャンル
レーベル rhythm zone
プロデュース Avex Entertainment
チャート最高順位
  • 週間1位(DVD音楽、オリコン[1]
  • 週間1位(DVD総合、オリコン)[1]
  • 2009年度年間13位(DVD総合、オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド日本レコード協会[2]
  • 東方神起 映像作品 年表
    • 4th LIVE TOUR 2009 -The Secret Code- FINAL in TOKYO DOME
    • (2009年)
    • HISTORY in JAPAN Vol.4
    • (2009年)
    テンプレートを表示
    TOHOSHINKI LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜
    東方神起 の ツアー
    場所
    初日 2009年5月4日
    最終日 2009年7月5日
    公演数 全21公演
    東方神起 ツアー 年表
    • TOHOSHINKI LIVE TOUR 2008 〜T〜
    • (2008年)
    • TOHOSHINKI LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜
    • (2009年)

    4th LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜 FINAL in TOKYO DOME』(フォース ライブツアー ニセンキュウ 〜ザ シークレット コード〜 ファイナル イン トウキョウ ドーム)は、東方神起の映像作品である。2009年9月30日にジェジュンユチョンのユニット名義の両A面シングル『COLORS 〜Melody and Harmony〜』と同時発売された[3]

    概要[編集]

    2009年5月から7月までの9都市21公演で行なわれ、30万人動員した[4] [5] 『TOHOSHINKI LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜』より、ツアー最終日となった7月5日の東京ドーム公演の模様を収録。なお、収録対象となった7月5日および前日の公演が、東方神起初の東京ドーム公演となった[6]

    全国ツアー初日の前日にあたる5月3日にジュンスが足を負傷。ツアー初日は車イスに乗り歌唱した[7][8]。その後、札幌公演から踊れるようになった。

    収録対象となった東京ドーム公演(2日間)では、全国ツアーでは初となるメンバーのソロコーナーが用意された[5]チャンミンはシングルA面の「WILD SOUL」を歌唱、ジュンスの「XIAHTIC」、ジェジュンユチョンの「COLORS 〜Melody and Harmony〜」、ユンホの「CHECKMATE」は、各人による自作曲である。

    チャート[編集]

    17.1万枚の売上を記録し、10月12日付のオリコンDVD総合ランキングで自身初の1位を獲得した[1][9]し、音楽関連の映像作品で、日本人以外のアジア圏アーティストが総合部門首位を獲得した初の例となった[1]。また、海外のアーティストによるオリコンDVDランキング首位獲得は、レッド・ツェッペリン『レッド・ツェッペリン DVD』以来6年3か月ぶりで、ビートルズ(『ザ・ビートルズ・アンソロジー <初回生産特別価格盤>』)、レッド・ツェッペリンに続く史上3組目となった[1]

    演奏メンバー・スタッフ[編集]

    トータル・ステージ・プロデューサー
    TOHOSHINKIダンサーズ (アリーナツアー・東京ドーム)
    • SONNY
    • YU-KI
    • GEN
    • RYO.T
    • KO
    • 50
    ダンサーズ (東京ドーム)
    • TOMONORI
    • RYO.I
    • YWKI
    • k-sk
    • RIKA
    • NAZUKI
    • KAYO
    • Anna
    • MARIN
    • RINA
    演奏メンバー

    収録曲[編集]

    Disc 1[編集]

    1. Secret Game
    2. Share The World
    3. どうして君を好きになってしまったんだろう?
    4. Take Your Hands
    5. Stand Up!
    6. 9095
    7. FORCE
    8. Purple Line
    9. 呪文-MIROTIC-
    10. Heart, Mind and Soul
    11. 忘れないで
    12. XIAHTIC / JUNSU from 東方神起
    13. COLORS 〜Melody and Harmony〜 / JEJUNG & YUCHUN (from 東方神起)
    14. CHECKMATE / YUNHO from 東方神起
    15. WILD SOUL/ CHANGMIN from 東方神起
    16. Begin
    17. Nobody Knows
    18. TAXI
    19. Forever Love
    20. “O”-正・反・合

    Disc 2[編集]

    1. Choosey Lover
    2. SkySomebody To Love
    3. Summer Dream
    4. Survivor
    • アンコール(ENCORE)
    1. The way U are -Japanese ver.-
    2. ウィーアー!Break up the shell
    3. Stand by U
    4. Kiss The Baby Sky
    5. Bolero
    • ダブルアンコール (DOUBLE ENCORE)
    1. Love in the Ice
    • スペシャル (Special)
    1. Box in the ship (Tour.Special Edition)
    2. TOHOSHINKI 4th LIVE TOUR 2009 -The Secret Code- Backstage & MC DIGEST
    3. END ROLL 映像 (東京ドームVer.) ※初回限定盤のみ

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c d e “東方神起、過去20年間でアジアアーティスト初の映像音楽作品1位に”. ORICON NEWS (オリコン). (2009年10月7日). https://www.oricon.co.jp/news/69623/full/ 2021年1月9日閲覧。 
    2. ^ GOLD DISC 2009年9月度」『The Record』第600巻、日本レコード協会、2009年11月10日、 14頁。
    3. ^ “東方神起の初東京ドーム公演が早くもDVDで登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年7月24日). https://natalie.mu/music/news/19075 2021年1月8日閲覧。 
    4. ^ “東方神起 東京ドームでトリプルスリー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年7月5日). オリジナルの2009年7月6日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090706072917/https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/07/05/03.html 2021年1月8日閲覧。 
    5. ^ a b “東方神起が東京ドーム公演!くらくら5万人”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2009年7月5日). オリジナルの2009年7月7日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090707015746/http://www.sanspo.com/geino/news/090705/gnj0907050507008-n2.htm 2021年1月8日閲覧。 
    6. ^ “東方神起、7億円初ドームに「楽しすぎて泣き出しそう」”. スポーツ報知. (2009年7月5日). オリジナルの2009年7月6日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090706092542/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090705-OHT1T00044.htm 2021年1月8日閲覧。 
    7. ^ “東方神起ジュンス、歩行困難もライブ強行”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2009年5月6日) 
    8. ^ “東方神起 ジュンス リハで右足首ねんざ”. デイリースポーツ (株式会社デイリースポーツ). (2009年5月6日) 
    9. ^ “東方神起 DVD第4弾で“素顔”公開”. デイリースポーツonline (株式会社神戸新聞社、株式会社デイリースポーツ). (2009年10月16日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2009/10/16/0002446324.shtml 2021年1月9日閲覧。