55歳からのハローライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
55歳からのハローライフ
著者 村上龍
発行日 2012年12月5日
発行元 幻冬舎
ジャンル 連作中編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六版
ページ数 333
公式サイト www.gentosha.co.jp
コード ISBN 978-4-344-02286-7
ISBN 978-4-344-42187-5(文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

55歳からのハローライフ』(55さいからのハローライフ)は、村上龍連作中編小説[1][2]。「55歳からのハローライフ」のタイトルのもと村上自身による装画とともに2011年12月から[3]2012年にかけて地方紙に連載された後、2012年12月に幻冬舎から刊行。2014年4月に幻冬舎文庫から文庫化された。55歳という定年が間近になった世代の人生の再出発に向け、様々な悩みを抱える人たちの生き様を描いた5編の短編連作小説である。

2014年6月14日から7月12日にかけてNHK総合テレビジョン土曜ドラマ」で5回シリーズでドラマ化された。

収録作品[編集]

  1. 結婚相談所
  2. 空を飛ぶ夢をもう一度
  3. キャンピングカー(『新潮』2011年1月・3月号掲載作の改稿)
  4. ペットロス
  5. トラベルヘルパー

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

  • 55歳からのハローライフ(2012年12月5日、幻冬舎、ISBN 978-4-344-02286-7)
  • 55歳からのハローライフ(2014年4月10日、幻冬舎文庫、ISBN 978-4-344-42187-5)

テレビドラマ[編集]

55歳からのハローライフ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 21:58(58分)
放送期間 2014年6月14日 - 7月12日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 訓覇圭(制作統括)
演出 加藤拓
中島由貴
原作 村上龍
『55歳からのハローライフ』
脚本 大森寿美男
川﨑いづみ
出演者 リリー・フランキー(第1話)
風吹ジュン(第2話)
原田美枝子(第3話)
小林薫(第4話)
イッセー尾形(第5話)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

NHK総合テレビジョン「土曜ドラマ」で2014年6月14日から7月12日の5回シリーズで放送された。週替わりで一つのエピソードを描くオムニバス形式で、主演者も週ごとに変わるスタイルになっている

なお、第1・3・5話は文化庁芸術祭出品作品となった[4]

キャスト[編集]

第1回「キャンピングカー」
第2回「ペットロス」
第3回「結婚相談所」
第4回「トラベルヘルパー」
最終回「空飛ぶ夢をもう一度」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 2014年06月14日 キャンピングカー 大森寿美男 加藤拓
第2話 2014年06月21日 ペットロス
第3話 2014年06月28日 結婚相談所 大森寿美男
川﨑いづみ
第4話 2014年07月05日 トラベルヘルパー 大森寿美男 中島由貴
最終話 2014年07月12日 空を飛ぶ夢をもう一度
平均視聴率 6.8%[5](視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ロング・グッドバイ
(2014.4.19 - 5.17)
55歳からのハローライフ
(2014.6.14 - 7.12)