56

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
55 56 57
素因数分解 23 × 7
二進法 111000
六進法 132
八進法 70
十二進法 48
十六進法 38
十八進法 32
二十進法 2G
ローマ数字 LVI
漢数字 五十六
大字 五拾六
算木 Counting rod h5.pngCounting rod v6.png

56五十六、ごじゅうろく、いそむ、いそじあまりむつ)は、自然数また整数において、55 の次で 57 の前の数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数は 1, 2, 4, 7, 8, 14, 28, 56 である。56を除く約数の和は64であり過剰数
  • ハーシャッド数にならない過剰数のうち最小の数である。次は66
  • 6番目の三角錐数である (1 + 3 + 6 + 10 + 15 + 21 = 56)。1つ前は 35、次は 84
    • 56 = 22 + 42 + 62
  • 7番目の矩形数 ( 56 = 7 × 8 ) である。1つ前は 42、次は 72
    • 56 = 71 + 72。7の自然数乗の和と見たとき1つ前は7、次は399
    • 56 = 2 + 4 + 6 + 8 + 10 + 12 + 14
  • 8番目のテトラナッチ数である。1つ前は 29、次は 108
  • 連続する6つの素数の和として表すことができる。( 56 = 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 )
  • 562 + 1 = 3137 であり、n2 + 1 の形で素数を生む14番目の数である。1つ前は54、次は66
  • 1/56 = 0.017857142…(下線部は循環節。循環節の長さは 6である。)
  • 九九では 7 の段で 7 × 8 = 56(しちはちごじゅうろく)、8の段で 8 × 7 = 56(はちしちごじゅうろく)と 2 通りの表し方がある。
  • 3連続偶数の平方和で表すことができる数である。( 56 = 22 + 42 + 62 ) 自然数の範囲では最小、1つ前は20、次は116
  • 4連続偶数の平方和で表すことができる数である。( 56 = 02 + 22 + 42 + 62 ) 整数の範囲では最小、負の数を含むと1つ前は24、次は120
  • 約数の和が56になる数は2個ある。(28, 39) 約数の和2個で表せる6番目の数である。1つ前は54、次は80
  • 18までの約数の和である。1つ前は41、次は69
  • 各位の和が11となる4番目の数。1つ前は47、次は65
  • 連続自然数を連結してできる5番目の数である。1つ前は45、次は67。(参照オンライン整数列大辞典の数列 A035333)
  • 56 = 43−23 、4n−2n = 22n−2n = 2n(2n−1) の形で表せる3番目の数である。1つ前は12、次は240。(オンライン整数列大辞典の数列 A020522)

その他 56 に関連すること[編集]

五十六に関連すること[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。