6月19日の花嫁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

6月19日の花嫁』(ろくがつじゅうくにちのはなよめ)は、乃南アサによる日本小説1998年に『ジューンブライド 6月19日の花嫁』として映画化された。

あらすじ[編集]

本来幸せな結婚をするはずの池野千尋が、結婚式を目前に事故で記憶を失った。気がつくと見知らぬ男の部屋に寝かされ、全ての事に混乱する。その後わかったのは、自分が6月19日に結婚する予定だったことだけ。自分の過去を調べていくうちに明らかとなっていく意外な事実、そして事態は思わぬ展開を見せる。記憶を失った花嫁は、予想外の事態に翻弄されながらも少しずつ過去を探っていく。記憶を取り戻すことへの恐怖や、現実を知った時のショックを経験するごとに強くなっていく女の姿を描いている。

映画[編集]

ジューンブライド 6月19日の花嫁
監督 大森一樹
脚本 大森一樹
原作 乃南アサ『6月19日の花嫁』
製作 宅間秋史
保原賢一郎
田沢連二
椋樹弘尚
阿部敏信
出演者 富田靖子
椎名桔平
音楽 遠藤浩二
主題歌 コモドアーズ「STILL」
撮影 柳島克己
編集 池田美千子
製作会社 フジテレビジョン
松竹
配給 松竹
公開 1998年6月13日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

東京都福生市を中心にロケが行われた。映画のエンディングで燃えていたのは、国道16号の新道と旧道の分岐あたりにあった工場跡地。撮影当時は建物があったが、現存していない模様。

スタッフ[編集]