60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
59 60 61
素因数分解 22 × 3 × 5
二進法 111100
六進法 140
八進法 74
十二進法 50
十六進法 3C
十八進法 36
二十進法 30
ローマ数字 LX
漢数字 六十
大字 六拾
算木 Counting rod h6.pngCounting rod 0.png
位取り記数法 六十進法

60六十、ろくじゅう、むそ、むそじ)は、自然数また整数において、59 の次で 61 の前の数である。

性質[編集]

  • 60は合成数であり、正の約数1, 2, 3, 4, 5, 6, 10, 12, 15, 20, 30, 60 である。
  • 1 から 6 までの全ての数で割り切れる最小の数である。
  • 8番目の高度合成数であり、正の約数を12個持つ。1つ前は48、次は120。また、60以上の高度合成数は60の倍数でなくてはならない。
    • 12個の約数をもつ最小の数である。次は72
  • 四つ子素数の和で表すことができる2番目の数である。60 = 11 + 13 + 17 + 19 。1つ前は36、次は420
  • 1/60 = 0.016…(下線部は循環節。循環節の長さは 1)
  • 25番目のハーシャッド数である。1つ前は54、次は63
  • 3連続整数の積で表すことのできる数である。(60 = 3 × 4 × 5) 1つ前は24、次は120
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で23番目の数である。1つ前は48、次は67
  • 約数の和が60になる数は3個ある。(24, 38, 59) 約数の和3個で表せる4番目の数である。1つ前は48、次は84
  • 各位の和が6となる7番目の数である。1つ前は51、次は105
  • 連続してある数に対して約数の和を求めていった場合14個の数が60になる。60より小さい数で14個ある数はない。1つ前は24(10個)、次は120(15個)。いいかえると を満たす n が14個あるということである。(ただし σ は約数関数)(参照オンライン整数列大辞典の数列 A241954)
  • 60 = 22 × (24 − 1) 、2n × (2n+2 − 1) = 4 × 4n − 2n で表せる2番目の数である。1つ前は14、次は248。(オンライン整数列大辞典の数列 A171499)

その他 60 に関連すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。