ウィスキー級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィスキー級潜水艦(2007年撮影)
Project 644 "Whiskey Twin Cylinder"

ウィスキー級潜水艦 (ウィスキーきゅうせんすいかん Whiskey class submarine、проект613,644,665) はソ連冷戦中に生産した潜水艦

目次

概要

第二次世界大戦中に活躍したのナチス・ドイツXXI型潜水艦のデザインを大きく受けついだものであり、1949年から1958年にかけて合計236隻が生産された。I型、II型、III型、IV型、V型と5つの型を持つ。

この潜水艦は当初沿岸警備潜水艦として設計されたが、1950年代から1960年代にかけてその一部が誘導ミサイル潜水艦として改造された。1956年ごろに最初の改造を受けたウィスキー型はP-5 (SS-N-3 Shaddock) 対艦ミサイル発射管を艦橋の後ろに1基持った物で、西側にウィスキー・シングル・シリンダー、58年から60年の間に発射管を2基に増やした物はウィスキー・ツイン・シリンダー(プロイェークト644)、さらに60年から63年の間に発射管を4基に増やした物はウィスキー・ロング・ビン(プロイェークト665)と呼ばれた。

SS-N-3ミサイルを発射するためには浮上しなければならず、シングルとツインシリンダータイプは発射管が水平に配置されたので発射前にさらにこれを上方に向けなければならなかった。

そして最終型のロングビンでさえ運用成績は悪く、ミサイル発射管と水流の摩擦による雑音も目立ち、ウィスキー級はすぐに全艦退役となった。そのうち4隻だけがウィスキー・キャンバス・バッグ(プロイェークト640)として知られるレーダーピケット艦として残され、また2隻が‘漁業資源調査’および‘海洋学調査’用の潜水艦として残った。

ソ連ではその後ロメオ級潜水艦が沿岸警備潜水艦、ジュリエット級潜水艦が誘導ミサイル潜水艦の役をそれぞれ受け持った。

輸出

通常型のみ、誘導ミサイルとレーダーピケット艦は輸出されていない。

  • アルバニアの旗 アルバニア(4隻)
  • ブルガリアの旗 ブルガリア(2隻)
  • 中華人民共和国の旗 中国(5隻、またソ連から供給されたパーツを元に21隻を自国生産、03型として知られる、すでに全艦退役済み)
  • エジプトの旗 エジプト(7隻)
  • インドネシアの旗 インドネシア(14隻、うち2隻はスペアパーツとして)
  • 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮(4隻)
  • ポーランドの旗 ポーランド(4隻)

スペック

型によって少し異なる

  • 水上排水量:1,080t
  • 水中排水量:1,350t
  • 全長:76.6m(ロングビンは83.3m)
  • 幅:6.3 - 6.5m
  • 喫水:4.9m
  • 出力:水上4,000hp、水中2,500hp
  • 速力:水上18.5ノット、水中13ノット、シュノーケル中7ノット
  • 航続距離:水上13,500海里、水中6,500海里

関連項目

今日は何の日(11月27日

もっと見る

「613型潜水艦」のQ&A