66

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
65 66 67
素因数分解 2 × 3 × 11
二進法 1000010
六進法 150
八進法 102
十二進法 56
十六進法 42
十八進法 3C
二十進法 36
ローマ数字 LXVI
漢数字 六十六
大字 六拾六
算木 Counting rod h6.pngCounting rod v6.png

66六十六、ろくじゅうろく、むそむ、むそじあまりむつ)は自然数、また整数において、65 の次で 67 の前の数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数1, 2, 3, 6, 11, 22, 33, 66である。自身を除く約数の和は78であり過剰数
    • 約数の和は144。約数の和が平方数になる4番目の数である。1つ前は22、次は70
  • 11番目の三角数である。( 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 ) 1つ前は55、次は78。
  • 6番目の六角数である。1つ前は45、次は91
  • 16番目の回文数である。1つ前は55、次は77
    • 1桁の数を除くと6番目の回文数であり、6が2つ並ぶゾロ目でもある。ゾロ目でかつ三角数でもある数は他に55と666しかないと予想されている。
  • 3番目の楔数である。1つ前は42、次は70
    • 三角数の楔数としては最小の数である。次は78。
    • ハーシャッド数でない最小の楔数である。次は78。
  • ハーシャッド数でない6の倍数のうち最小の数である。次は78。
  • 66 = 5 + 61 = 7 + 59 = 13 + 53 = 19 + 47 = 23 + 43 = 29 + 37 というように、2つの素数の和として6通りに表せる整数の中では最小の数である。
  • 662 + 1 = 4357 であり、n2 + 1 の形で素数を生む15番目の数である。1つ前は56、次は74
  • 1/66 = 0.015…(下線部は循環節。その長さは2である。)
  • 各位の和12となる4番目の数。1つ前は57、次は75
  • 約数の和で表せない6の倍数のうち最小の数である。次は246

その他 66 に関すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。