7つの贈り物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
7つの贈り物
Seven Pounds
監督 ガブリエレ・ムッチーノ[1][2]
製作 トッド・ブラック
ジェイソン・ブルーメンソル
ジェイムス・ラシター
ウィル・スミス
スティーヴ・ティッシュ
製作総指揮 デヴィッド・クロケット
デヴィッド・ブルームフィールド
ケン・ストヴィッツ
ドメニコ・プロカッチ
出演者 ウィル・スミス
ロザリオ・ドーソン
ウディ・ハレルソン
マイケル・イーリー
バリー・ペッパー
音楽 アンジェロ・ミリ
撮影 フィリップ・ル・スール
編集 ヒューズ・ウィンボーン
製作会社 オーバーブック・エンターテインメント
レラティビティ・メディア
エスケイプ・アーティスツ
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年12月19日
日本の旗 2009年2月21日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[3]
興行収入 $168,482,448[3]
テンプレートを表示

7つの贈り物』(原題: Seven Pounds)は、2008年アメリカ合衆国で製作、公開された映画。監督はガブリエレ・ムッチーノウィル・スミス演じる主人公は、7人の人生を変えようとする。ロザリオ・ドーソンウディ・ハレルソンそしてバリー・ペッパーも出演。アメリカ合衆国カナダでは2008年12月19日日本では2009年2月21日に公開された。

ストーリー[編集]

トーマス(ウィル・スミス)は運転中に携帯電話に気をとられ、事故を起こす。その事故で見知らぬ6人と婚約者のサラ・ジェンソン(ロビン・リー)を死なせてしまった。

事故の翌年、トーマスは航空学エンジニアの仕事をやめ、アメリカ合衆国内国歳入庁で働く弟のベン(マイケル・イーリー)のドナー(臓器提供者)となってを提供する。さらに6ヶ月後、彼は自分の肝臓をチャイルド・サービスで働くホリー(ジュディアン・エルダー)に提供する。その後も、トーマスは臓器提供を受けるに値する良い人を探し続ける。そしてジュニア・ホッケー・チームのコーチをするジョージ(ビル・スミトロヴィッチ)にじん臓を提供し、男の子のニコラス(クインティン・ケリー)には骨髄を提供する。

トーマスはホリーに「助けが必要なのに求めない人はいないか?」とたずねる。ホリーは同居する男から日々DVを受けているコニー・テポス(エルピディア・カリーロ)を紹介する。トーマスはコニーと2人の子供を海岸沿いにある自分の豪邸によび、家の鍵をあげる。そして、彼はペットのハブクラゲと一緒にモーテルに引っ越すのだった。

トーマスは弟の資格証明書を盗んで、弟の名前であるベンと名乗り、歳入庁のデーターベースを利用してドナーから提供を受けるにふさわしい最後の2人を探す。1人目は盲目でピアノも弾く肉のセールスマンのエズラ・ターナー(ウディ・ハレルソン)。トーマスはエズラ・ターナーの性格を調べるために電話し、目の見えないことを侮辱してわざと怒らせようとするが、エズラは怒るどころか穏やかだった。またエズラ自身の生活も堅実なものであり、トーマスはエズラの人柄を認め、ドナーとして臓器を提供しようと決める。

次にトーマスは、心臓病をもち、グリーティング・カードの印刷業を営むエミリー・ポサ(ロザリオ・ドーソン)と会う。トーマスは彼女と過ごしている間に庭の草刈りをしたり、草原にエミリーの飼っている犬を連れてデートをしたり、壊れてしまった印刷機を直したりする。そうしている内に互いに惹かれ合って恋が芽生え、ドナーとなって心臓を提供しようと決める。

弟のベンが自分のアメリカ合衆国内国歳入庁のIDカードを取り返しに、エミリーの家へやって来る。トーマスはカードを返し、車の中で待つと言う弟を残して家に入るが、裏から逃げ出す。そして常宿のモーテルに帰り、救急へ電話して「この部屋に自殺者がいる」と通報したうえ、氷水を入れた浴槽に毒を持つクラゲとともに沈み、自ら脳死状態になろうとするのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

航空学エンジニア。
グリーティング・カードの印刷業を営む女性。
肉のセールスマン
トーマスの弟。
トーマスの婚約者。
ジュニア・ホッケー・チームのコーチ。
  • ホリー - ジュディアン・エルダー
チャイルド・サービスで働く女性。
  • ニコラス - クインティン・ケリー
男の子。

製作[編集]

『7つの贈り物』はコロンビア映画の下、グラント・ニーポートが書いた脚本を基に製作された。2007年9月ガブリエレ・ムッチーノ監督は、同じくウィル・スミス主演の2006年の映画『幸せのちから』のスタッフで製作することを決めた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

参考文献[編集]