7番房の奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
7番房の奇跡
7번방의 선물
監督 イ・ファンギョン
脚本 イ・ファンギョン
ユ・ヨンア
キム・ファンソン
キム・ヨンソク
音楽 イ・ドンジュン
撮影 カン・スンギ
配給 大韓民国の旗 ネクスト・エンターテインメント・ワールド
日本の旗 コムストック・グループ
公開 大韓民国の旗 2013年1月23日
日本の旗 2014年1月25日
上映時間 127分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
興行収入 大韓民国の旗 914億ウォン[1]
テンプレートを表示
7番房の奇跡
各種表記
ハングル 7번방의 선물
漢字 7番房의 膳物
発音 チルボンバンエ ソンムル
日本語読み: ななばんぼうのきせき
テンプレートを表示

7番房の奇跡』(ななばんぼうのきせき、原題:7번방의 선물)は、2013年公開の韓国映画韓国では歴代8位の記録となる1,281万人以上の観客動員を記録し(2019年時点)、大鐘賞では主演男優賞を始め4部門を受賞した。

ストーリー[編集]

知的年齢が6歳のイ・ヨング(リュ・スンリョン)はしっかり者の6歳の娘イェスン(カル・ソウォン)と暮らしていたが、道に倒れている少女と二人でいるところを目撃され、殺人罪で逮捕されてしまう。娘と離れ離れになり寂しさを募らせるヨングだったが、同じく7番房に収監されている房長の命を助けた礼に娘と会いたいと頼む。7番房の囚人たちの助けを借りて、イェスンは無事房内に潜入しヨングと再会する。

一方、刑務所の課長(チョン・ジニョン)はヨングが殺人事件の犯人であることを疑い事件を再調査していくうちに、事件で死んだのは警察庁長官の娘であり、なんとしてでも犯人を逮捕したかった警察の誤認逮捕でヨングは無罪だと確信する。房内でも囚人たちや娘の協力で無罪を勝ち取るためのヨングの証言の練習が繰り返され、事件の公判の日を迎える。

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

  • 第50回大鐘賞:主演男優賞(リュ・スンリョン
  • 第50回大鐘賞:脚本賞(イ・ファンギョン)
  • 第50回大鐘賞:最優秀企画賞
  • 第50回大鐘賞:審査員特別賞(カル・ソウォン)
  • 第34回青龍映画賞:最多観客賞
  • 第49回百想芸術大賞:大賞(リュ・スンリョン)
  • 第49回百想芸術大賞:人気賞(パク・シネ)
  • 第21回大韓民国文化芸能大賞:映画部門大賞
  • 第21回大韓民国文化芸能大賞:映画部門最優秀演技賞(オ・ダルス
  • 第33回韓国映画評論家協会賞:助演女優賞(パク・シネ
  • 第34回黄金撮影賞:作品賞
  • 第34回黄金撮影賞:男優助演賞(オ・ダルス)
  • 第9回マックスムービー最高の映画賞:最優秀新人俳優賞(カル・ソウォン)

エピソード[編集]

脚本自体はフィクションだが、1972年に春川市で派出所所長の9歳の娘が性的暴行を加えられて殺害された事件がモチーフになっている。この事件では漫画喫茶を経営する男が逮捕され無期懲役の判決を受けたが、後に誤認逮捕であるとわかり無罪と判決された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国映画振興委員会 歴代ボックスオフィス”. 韓国映画振興委員会. 2019年9月15日閲覧。
  2. ^ 춘천 파출소장 딸 살인사건(韓国語) 2015年12月3日閲覧