73式小型トラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
現在調達されている、パジェロベースの73式小型トラック

73式小型トラック(ななさんしきこがたトラック)は、1973年に採用された自衛隊の汎用小型車両トラック)である。三菱自動車工業パジェロ製造)が製造するが、現在は2種類の車両がある。

なお、「73式」となっているが、製造コストの削減・部品の共通化・民生品の活用の一環から2003年度以降「制式化」対象から除外され、以後の正式名称については「1/2tトラック」に変更された[1]

一型は「ジープ」、二型は「パジェロ[2]の通称がある。

一期(1973年-1997年) J-24A/23A/25A型[編集]

73式小型トラック (一期)
J-24A/23A/25A型
J23A型
JGSDF Type 73 Light Truck 3259.JPG
偽装を施したモデル
JGSDF Light Truck Type 73 001.JPG
警務隊仕様
JGSDF Type73 Light Truck front.jpg
販売期間 1973年 - 1997年(生産終了)
ボディタイプ 2ドアソフトトップ
サスペンション F リーフリジット
R リーフリジット
先代 三菱・ジープ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

日本国内で生産されていた自衛隊向け(用)四輪駆動車で、1970年代当時にジープライセンス生産を行っていた三菱自動車が、それまで防衛庁向けに生産していたJ-3系やJ-50系をベースとした1/4tトラックの後継車として、防衛庁の要求に合わせて積載量の向上を図り、ミドルホイールベースJ-24型を改良したものである。運輸省届出の型式は、1/4tトラックがJ-54A、73式小型トラックはエンジンの違いで、J-24A/23A/25Aとなる。

マニュアルトランスミッション(前進4速・後進1速)+副変速機(高・低2速)付きトランスファーを持つ。また、エンジンの始動はキーで行うが、停止はキーを抜くだけではなく、初期型から中期型まではキルスイッチ、最終型はキーOFFでもエンジンが停止可能。他国の軍用四輪駆動車と異なり、ベース車の標準装備であるシガーライター灰皿がそのまま装備されている。

派生型として、60式106mm無反動砲64式対戦車誘導弾を搭載した車両のほか、回転灯サイレンを搭載し、緊急車両指定および白色塗装を行った警務隊用車両がある。車両後部には、各種機関銃を備え付けるための銃座を取り付けることができる。屋根がないので、警務隊用車両は警光灯をフロントガラスの枠に増設したブラケット留めにしている(これは新型でも同じ)。

また、一部新型と共通するが車番により使用目的が異なり、「01-****」は通常仕様、「02-****」は対戦車ミサイル無反動砲などの装備火器類を搭載した車両となり、かつては「03-****」ナンバーの車両(エンジンがターボ仕様なほか、「01」ナンバーと比べると細部に差異がある)の車両も存在した[3]

無線機を搭載する場合に関しては、運転席後部の座席を畳んでその部分にアタッチメント装着による無線機設置のほか、運転席および助手席後部の席両端に跨ぐよう板状の部品(無線機材を複数設置する場合に使用するアタッチメント)を取付した後に運転席後部に無線機を取り付ける例もあり、この状態では乗員は基本的に4名乗車を基本として運用している(無理をすれば5名乗車可能)。

市販型三菱・ジープのミドルホイールベースモデルであるJ-20系は二型の登場で生産中止となり、ショートホイールベースのみがJ-50系として生産され続けていたが、1997年(平成9年)の生産終了に伴い、この先、補給部品の確保についても困難が予想されることから、耐用年数が規定に達した車両は走行可能な状態であっても廃車とし、そこから部品を調達している共食い整備<ニコイチ>)[4]

現有の車両も車番が4000番台の最終形のみ部隊で運用される状況となっており、装備火器の運用上必要な車両[5]を除き、一期は近年中に退役する方向である。

ギャラリー[編集]

二期(1996年-) V16B/17B型[編集]

73式小型トラック (二期)
1/2tトラック
V16/17B型
前期型(1996年-2000年度)
JGSDF Light Truck Type 73 011.JPG
後期型(2014年頃-)
V17B.jpg
警務隊仕様
JGSDF Type73 Light Truck (MP)20150419-01.JPG
販売期間 1996年 -
乗車定員 6名
ボディタイプ 2ドアソフトトップ
エンジン 4M40型 2.8L 直4 SOHC ICターボディーゼル(1996-2013)
4N15型 2.4L 直4 DOHC ICターボディーゼル(2014-)
駆動方式 スーパーセレクト4WD
最高出力 125PS
変速機 ロックアップ機構無トルコン式4速AT
サスペンション F 独立懸架サスペンション
R リーフリジット式サスペンション
全長 4,140mm
全幅 1,765mm
全高 1,970mm
車両重量 1,940kg
積載量 440kg
最高速度 135km/h
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

旧式化が目立ち、排ガス規制などにも適応できなくなりつつあったジープタイプに代わり、1996年(平成8年)からは2代目パジェロがベースで、ショートホイールベースモデルのフレーム後端を若干伸ばし、積載対応のためリーフリジッド化された車両が採用され、「73式小型トラック(新)」となった。新型装備ではなく、あくまでも旧型車両の更新であるため、複数メーカーによる競争入札は行われていない。[要検証]「73式」の呼称が引き継がれたものの、制式名称がいつまでも「73式小型トラック」ではさすがに問題があると判断され、平成13年度納入車からは「1/2tトラック」に変更となった。

リアエンドパネルにアクセサリーソケットと左右ドアに灰皿を搭載したほか、災害情報収集のためAMFMラジオも標準装備されている。また、民間向け車両の部品を流用した事からエアコンのような快適装備も引き継がれ、冷房可能なエアコン搭載車となるが、電装系は民間向けパジェロの12V仕様に対し、防衛省向けは24Vであるため、操作パネルは同じながらも中身は別物である。

国土交通省届出の車両型式はV16B(2代目パジェロがV2-4系、3代目パジェロがV6-7系)となっているが、生産された順は2代目パジェロの後となっている。テールレンズは初代パジェロの物を流用。ドアのアウターハンドルには2代目ミラージュ、およびランサーの物が流用されている。機関形式は4M40(平成8年-平成24年度車用まで)。

方向指示器および、ライト切り替えスイッチは手袋などを着用した状態でも操作しやすい様、旧型に類似したものを使用しており、ライトの点灯はロータリスイッチとライトスイッチの操作が必須となる[6]

乗降性の改善のために取り付けたサイドステップ(防衛省仕様書では泥落とし)のため全幅が1.7mを超えたことで、「小型」呼称ながら実際は普通貨物車(1ナンバー車)扱いとなったことで高速道路の通行料金は1ナンバークラスの中型料金であったが、後に普通料金が適用される小型貨物車枠に収まるよう改装された。

変速機はロックアップ機構を省いたトルコン式ATで、市販型パジェロの2代目車両となるJ-TOP(幌車)の専用タイヤであった18インチの大径タイヤ(横浜ゴム製215/85・18、専用鉄ホイール)を装着し、デフロック可能なセンターデフ式フルタイム4駆機構のスーパーセレクト4WDを備える。不整地走破性は旧型と同等程度の性能を持つとされるが、前輪がリジッドから独立懸架となったことで操縦安定性は向上した。タイヤ径の拡大により、地上高、特にアクスルデフ下の最低地上高が増大している。

車体後部にトレーラー牽引用のピントルフックを備えているが、車両が小型・軽量で、エンジン出力も決して大きくないことから、けん引できるのは陸自の装備品では1/4tトレ-ラまでであり、重量物の運搬、けん引は高機動車が担う。固有の搭載火器はなく、左右ドア内側に64式7.62mm小銃もしくは89式5.56mm小銃を固定できる小銃取付具が取り付けられており、また、5.56mm機関銃MINIMI12.7mm重機関銃M2などの各種機関銃対戦車ミサイルなどを搭載することが可能。誘導弾通信機器の搭載専用車両は2ないし3名で運用される。

基本型は6名の乗車が可能だが、旧型が後部扉から乗降する後部4名に対し、新型は最後部第3席は対面2名乗車であり、残りの2名は前席後部第2席に運転席および助手席のシートを倒して乗降する。

指揮官車など通信機材が積載された車両に関しては中間に有る第2席右側(背もたれ)を前方に倒し第2席用無線機架台用台座を設置するため5名乗車、第3席用無線機架台用台座も取り付けた場合は4名乗車となる。だが、近年は無線機が小型化され(広帯域多目的無線)、右側リアホイールハウス上面の範囲で搭載できる様になったため、無線機を搭載していても6名乗車可能である。

初期型は従来よりも予熱に時間がかかるため、冬季のエンジン始動に時間がかかる[7]。現在はバンパー上にあったフォグランプをバンパーに埋め込んだタイプ(数も1つから2つに増えている)が納入されている。

2014年頃からV17Bの納入が始まりインタークーラーがフロントグリル下部に移設、専用グリルも追加されボンネット上にエアインテークが無くなりフラットな形状になった。機関形式は4N15(平成25年度以降車用)。

の形状も初期型と現行型では仕様が異なり、素材変更およびロイド(スクリーン)部分の大きさ変更やバックドアカーテン、リアカーテンのウインドウカーテンがファスナーにより取り外すことが可能となっている。

イラク派遣で使用された際には、三菱自動車防弾能力を持つ「付加材1/2tトラック用」という物品を納入[8]しており、防弾処理が施された。

ギャラリー[編集]

自衛隊車両の比較図
1/2tトラック 1 1/2tトラック 3 1/2tトラック 高機動車 軽装甲機動車 96式装輪装甲車 輸送防護車
画像 1-2tトラック (8465244716).jpg Type73chugatatruck.jpg JGSDF 73 Ougata Truck (ISUZU) 1.jpg JGSDF Koukidousha (TOYOTA) 1.jpg JGSDF Light Armored vehicle 20120429-01.JPG JGSDF APC Type 96 20120108-03.jpg JGSDF Bushmaster Protected Mobility Vehicle 20161023.jpg
全長 4.14 m 5.49 m 7.15 m 4.91 m 4.4 m 6.84 m 7.18 m
全幅 1.76 m 2.22 m 2.48 m 2.15 m 2.04 m 2.48 m 2.48 m
全高 1.97 m 2.56 m 3.08 m 2.24 m 1.85 m 1.85 m 2.65 m
重量 約 1.94 t 約 3.04 t 約 8.57 t 約 2.64 t 約 4.5 t 約 14.5 t 約 14.5 t
最高速度 135 km/h 115 km/h 105 km/h 125 km/h 100 km/h 100 km/h 100 km/h
乗員数 6名 19名 22名 10名 4名 10名 10名


エピソード[編集]

  • タイヤに関しては以下のような状況が発生している。
    • 市販パジェロJ-TOPと同じ横浜ゴム「SUPER DIGGER817 215/85R18 113L LT」を使用しているが、J-TOP用の市販は打ち切られ、自衛隊専用タイヤとなりつつある。
    • 旧73式小型トラックにおいても、国内メーカーからはいわゆる「ゲタ山タイヤ」と呼ばれるマッドテレーンタイヤの供給がすでに打ち切られているため、共食い整備で古い廃車のタイヤも大事に使い回して運用されている。東北以北についてはスタッドレスの耐用規定に達したものを主にトレーラーに流用するなど、極力車両本体にゲタ山タイヤを使用できるよう努めているほか、一部は市販品でサイズが合うタイプを使う例も増えている。
  • 製造元での型式名称はV10(Gカー)パジェロと呼ばれている。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ただし、それ以前納入の車両に取り付けている銘板には、従来通り「73式小型トラック」の銘板が取り付けられている
  2. ^ ただし、二型においても「ジープ」と呼称する古株の幹部・上曹が存在する
  3. ^ 部内資料および各部隊の創立記念資料参考。また、近年は03-××××も配備が進んでおり、01番台が01-9999を指定された車両以後に納入された車両が主に取り付けている
  4. ^ 日本兵器研究会『世界の軍用4WDカタログ』アリアドネ企画 ISBN 9784384025491 2001年
  5. ^ 106mm無反動砲(車載用)など一期73式しか積載・運用できない車両があり、そういった装備火器用にごく少数のみ専用車を残すなど、火器が退役しない限りは全廃されることはない
  6. ^ 自衛隊車両は灯火スイッチの操作だけでは点灯せず、ロータリスイッチ(灯火管制切替)との組み合わせによりライトなどの灯火点灯が可能となる
  7. ^ 部内資料に相応の記述と対処要領の説明あり。現在は改良済み
  8. ^ [1] 平成17年度所管公益法人等との間で締結された随意契約の緊急点検結果等について(防衛省)

関連項目[編集]