79丁目駅 (IRTブロードウェイ-7番街線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
79丁目駅
79 Street
NYCS-bull-trans-1.svg NYCS-bull-trans-2.svg
ニューヨーク市地下鉄
79th Street IRT Broadway–Seventh Avenue 8.JPG
南行ホーム
駅情報
住所 West 79th Street & Broadway
New York, NY 10024
マンハッタン区
地区 アッパー・ウェスト・サイド
座標 北緯40度47分02秒 西経73度58分48秒 / 北緯40.784度 西経73.98度 / 40.784; -73.98座標: 北緯40度47分02秒 西経73度58分48秒 / 北緯40.784度 西経73.98度 / 40.784; -73.98
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統       1 Stops all times (終日)
      2 Stops late nights only (深夜帯)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M79 SBS, M104
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 4線
その他の情報
開業日 1904年10月27日(114年前) (1904-10-27[1]
利用状況
乗客数 (2017)5,102,655[2]減少 5%
順位 91位
次の停車駅
北側の隣駅 86丁目駅: 1 Stops all times 2 Stops late nights only
南側の隣駅 72丁目駅: 1 Stops all times 2 Stops late nights only

79丁目地下鉄駅
79th Street Subway Station (IRT)
座標 北緯40度47分01秒 西経73度58分48秒 / 北緯40.78361度 西経73.98度 / 40.78361; -73.98
複合資産 New York City Subway System MPS
NRHP登録番号 04001018[3]
NRHP指定日 2004年9月17日

79丁目駅(79ちょうめえき、英語: 79th Street)はニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線の駅である。マンハッタン区アッパー・ウェスト・サイドブロードウェイと西79丁目の交差点に位置し、1系統が終日、2系統が深夜のみ停車する。

駅構造[編集]

配線図
凡例
G 地上階 出入口
P
プラットホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行緩行線 NYCS-bull-trans-1.svg ヴァン・コートラント・パーク-242丁目駅行き
NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯:ウェイクフィールド-241丁目駅行き
NYCS-bull-trans-1.svg NYCS-bull-trans-2.svg 次の停車駅:86丁目駅
北行急行線 NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg 通過
南行急行線 NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg 通過 →
南行緩行線 NYCS-bull-trans-1.svg サウス・フェリー駅行き →
NYCS-bull-trans-2.svg 深夜帯:ブルックリン・カレッジ駅行き →
NYCS-bull-trans-1.svg NYCS-bull-trans-2.svg 次の停車駅:72丁目駅
相対式ホーム、右側ドアが開く

駅は1904年10月27日、マンハッタン本線(現在のIRTレキシントン・アベニュー線とIRTブロードウェイ-7番街線)のシティ・ホール駅 - 145丁目駅間が開通した際に開業した。相対式ホーム2面と緩行線2線・急行線2線を有した2面4線の地下駅で、中央の急行線は深夜帯以外に2系統が、終日3系統が通過している。当駅の北側で急行線は緩行線より低い位置に移る。

駅は2004年9月17日にアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定された[3]

出口[編集]

駅の改札口は南北ホーム中央にあり、改札内にホーム間連絡通路はない。南行ホーム側改札口は有人で、回転式改札機ときっぷ売り場、ブロードウェイと西79丁目の交差点北西・南西への階段が1つずつある[4]。北行ホーム側改札口には回転式改札機と閉鎖された窓口、ブロードウェイと西79丁目の交差点北東・南東への階段が1つずつある[4]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]