86式えい航式パッシブソーナーOQR-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

86式えい航式パッシブソーナーOQR-1は、海上自衛隊曳航ソナー[1]アメリカ海軍AN/SQR-19にほぼ匹敵するものとされており、通称も同じTACTASSである[2]

概要[編集]

海上自衛隊、特に護衛艦部隊は、創設以来連綿とアクティブ対潜戦を主体とし、第4次防衛力整備計画の時点で、その戦術技量は極めて高いレベルに達していた[2]。このこともあって、技術研究本部での国内開発もアクティブ・ソナーが先行し、昭和40年度に66式探信儀 OQS-3、昭和49年度に75式探信儀 OQS-101が開発された[3]

一方、パッシブ・ソナーについてはやや研究が遅れたものの[3]、1964年7月には第5研究所第1部に音響第4研究室が設置され、研究が本格化した[2]。1965年には大瀬実験所沖に設置された実験用パッシブ・ソナーを中心として、基礎研究が急速に進展し、その成果はまず潜水艦用のZQQ-1として結実し、3次防うずしお型(42SS)に搭載された[3]

1966年頃にはアメリカ海軍の第1世代TASSであるAN/SQR-14に関する情報がもたらされ、これを参考にしつつ、1968年より基礎研究が開始された。1970年に1次、1973年に2次、1977年に3次試作が実施された。この間、アメリカ海軍からは、断続的にAN/SQR-19についての情報がもたらされた[2]。また昭和51年度から56年度で「えい航式パッシブソーナー(TASS)の研究」が行なわれた[4]

これらの研究成果・情報資料を受けて、1978年海上幕僚監部は開発要求見積書(期待性能)を発出し、沖電気工業を主担当会社として本格的な開発に着手した。1982年に海上幕僚監部が発出した技術開発要求書(要求性能)を受けて、技術開発官(船舶担当)第5開発室では、同年度および昭和58年度に試作を行い、昭和58年度より昭和59年度に技術試験、昭和60年度に実用試験が行なわれた。技術試験および実用試験のうち、吊下揚収性能・探知性能試験は特務艦「むらさめ」の艦上で行なわれ、良好な成果が得られた[1]

このことから、昭和61年度に86式えい航式パッシブソーナーOQR-1として制式化された。制式化は61年度だったが、この時点で建造開始直後で工程に余裕があったことから、あさぎり型護衛艦の昭和60年度計画分(60DD)3隻から搭載が実現したほか、既に就役していたあさぎり型の全艦、およびはつゆき型護衛艦の一部の艦にもバックフィットされた[2]。その後、むらさめ型(03DD)では新型のOQR-2が搭載されたが、これはOQR-1と比してアレイの径が細く、その分長さを伸ばして方位精度を増したものとされている[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 技術研究本部 2003, pp. 78-79.
  2. ^ a b c d e 香田 2015, pp. 170-179.
  3. ^ a b c 技術研究本部 1978, p. 223.
  4. ^ 技術研究本部 2003, p. 319.
  5. ^ 阿部 2000, pp. 152-157.

参考文献[編集]