863計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

863計画(はちろくさんけいかく、簡体字: 863计划英語: Program 863, Plan 863)または国家高技術研究発展計画(こっかこうぎじゅつけんきゅうはってんけいかく簡体字: 国家高技术研究发展计划英語: State High-Tech Development Plan)は、中華人民共和国の技術高度化計画のことである。改革開放政策が盛んに行われていたころの1986年3月に発表されたことから「863」の名前があり、20年以上を経た今でもよく使われる言葉である。

概要[編集]

「863計画」は4名の研究者により提出され、「高技術研究発展計画(“863”計画)要綱」として国務院により批准された。次の9つの分野を重点にする政策である。

  1. バイオ技術分野
  2. 宇宙飛行分野
  3. 情報技術分野
  4. レーザー技術分野
  5. オートメーション技術分野
  6. エネルギー技術分野
  7. 新素材分野
  8. 海洋技術分野
  9. その他(超伝導技術など)

このうち「新素材」には、民生用・軍事用技術に重要なレアアース鄧小平の資源戦略に基づいて盛り込まれた[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The United States House of Representatives Select Committee on U.S. National Security and Military / Commercial Concerns with the People’s Republic of China. “The Cox Report”. Chapter 1, p. 12.
  2. ^ 経済産業省2011年版不公正貿易報告書244~254頁