89式魚雷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
89式魚雷
種類 魚雷(HWT)
原開発国 日本の旗 日本
運用史
配備期間 1989年~現在
配備先  海上自衛隊
開発史
開発者 技術研究本部
開発期間 1970年~1984年
諸元
重量 1,760キログラム (3,900 lb)[1]
全長 6,250ミリメートル (20.51 ft)[1]
直径 533ミリメートル (1.749 ft)[1]

射程 27海里 / 50キロメートル(40kt時)
21海里 / 39キロメートル(55kt時)
炸薬量 高性能炸薬 267キログラム (590 lb)[1]

エンジン 斜盤機関[1]
深度 900m[1]
誘導方式 アクティブ/パッシブ音響ホーミング英語版+有線誘導[1]

89式魚雷(はちきゅうしきぎょらい)は、海上自衛隊が装備している長魚雷[2]。開発名称G-RX2[1][3]、1989年に制式採用された。開発は技術研究本部、製造は三菱重工業[2]

概要[編集]

潜水艦搭載の対潜水艦・対水上艦向け兵装であり[2]80式魚雷の後継となるものである。平成26年度の政策評価書においては、89式魚雷及び89式魚雷(B)の2種類が記載されている[4]

熱航行機関の斜盤機関を有している[5]。前作より雷速の向上が図られたほか、深深度対応も考慮された[6]。有線誘導が可能で、アクティブ/パッシブ・ソナーを持つ。アメリカMk48に相当する。

搭載潜水艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 世界の艦載兵器,世界の艦船2015年1月号増刊,海人社,P142-143
  2. ^ a b c 自衛隊装備年鑑 2006-2007,朝雲新聞,P343, ISBN 4-7509-1027-9
  3. ^ 水雷兵器,丸スペシャル No.76,潮書房,1983年,P44
  4. ^ 平成26年度 政策評価書(事前の事業評価)「静粛型魚雷用動力装置」
  5. ^ a b c d 海上自衛隊潜水艦の発達,世界の艦船,2015年9月号増刊,海人社,2015年,P79-93
  6. ^ 艦載装備品開発の歩み,技術研究本部資料

参考文献[編集]

  • Jane's Underwater Warfare Systems 2006-2007.