9条どうでしょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
9条どうでしょう
著者 内田樹
小田嶋隆
平川克美
町山智浩
発行日 2006年3月25日
発行元 毎日新聞社
ジャンル 憲法論
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本
ページ数 200
コード ISBN 978-4620317601
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

9条どうでしょう』(きゅうじょうどうでしょう)[注 1]は、内田樹小田嶋隆平川克美町山智浩が著した憲法論。

2006年3月25日、毎日新聞社より刊行された。装丁は天野昌樹が、まえがきは内田樹が書いている。2012年10月10日、ちくま文庫として文庫化された。

2013年5月21日、著者4人によるトークイベント「ライブ! 9条どうでしょう」が文京シビックホールで行われた[2]。同イベントの模様は現在音声データとして販売されている[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 内田樹はこう述べている。「発音は『九条、どうでしょう?』というふうにいったん『九条』で切って、それから『どうでしょう?』と尻上がりに上がる疑問形のイントネーションではなく、『九条どうで賞』(演歌歌手の『九条どうで』さんを記念した歌謡賞を想像して頂きたい)というふうに平板に発音しなければならない」[1]

出典[編集]

関連項目[編集]