9012ライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
9012ライヴ
イエスライブ・アルバム
リリース
録音 1984年
ジャンル ロック
時間
レーベル アトコ・レコード
プロデュース イエス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 44位(イギリス)[1]
  • 81位(アメリカ)[2]
  • 88位(日本)[3]
  • イエス アルバム 年表
    ロンリー・ハート
    (1983年)
    9012ライヴ
    (1985年)
    ビッグ・ジェネレイター
    (1987年)
    テンプレートを表示

    9012ライヴ』(9012 Live: The Solos)は、イエスのライブ・アルバム(ミニLP)である。また、同邦題のライブ・ビデオ及びDVDも発表されている[4]

    どちらも1984年のワールド・ツアーからの音源で構成されているが、アルバムは2曲を除き各メンバーのソロ演奏曲をフィーチャーしており、映像版はバンドによる演奏曲のみを収録している[5]

    タイトル名はアルバム『ロンリー・ハート』の原題『90125』の読みである「ナイン・オー・ワン・トゥー・ファイヴ」の「ファイヴ」と「ライヴ」を掛けている。

    収録曲[編集]

    1. ホールド・オン - "Hold On"
    2. シ - "Si"
    3. ソリーズ・ビアード - "Solly's Beard"
    4. スーン - "Soon"
    5. 変革 - "Changes"
    6. アメイジング・グレース - "Amazing Grace" (Instrumental)
    7. ホワイトフィッシュ - "Whitefish"

    映像版[編集]

    1984年9月に催行されたカナダエドモントンのコンサートを収録したライブ・ビデオが1985年にリリースされた。監督はスティーブン・ソダーバーグ

    当初は画像エフェクトが施された作品のみがビデオテープ及びレーザーディスクで発売されたが、その後、画像エフェクトが削除されたヴァージョン及び「ラウンドアバウト」のライブ映像やインタビュー映像等をボーナストラックとして収録しているDVD2006年にリリースされた。

    1985年版ビデオ収録内容[編集]

    1. イントロダクション
    2. シネマ - "Cinema"
    3. リーブ・イット - "Leave It"
    4. ホールド・オン - "Hold On"
    5. オール・グッド・ピープル - "I've Seen All Good People"
    6. 変革 - "Changes"
    7. ロンリー・ハート - "Make It Easy (Intro)" – "Owner of a Lonely Heart"
    8. イット・キャン・ハプン - "It Can Happen"
    9. シティ・オブ・ラヴ - "City of Love"
    10. スターシップ・トゥルーパー - "Starship Trooper"
    • 収録時間は69分。
    • ライブ画像に様々なエフェクトが施されており、その分歌唱や演奏が見えにくくなっている。

    2006年版DVD収録内容[編集]

    • 上記1985年版画像エフェクト入りビデオ映像全曲
    • 画像エフェクトが削除されたビデオ映像全曲[6]
    • メンバーへのインタビュー映像
    • ACCESS ALL AREAS(ソダーバーグ監督によるメイキング)
    • 「ラウンドアバウト」のライブ映像

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ ChartArchive - Yes
    2. ^ 9012Live: The Solos - Yes : Awards : AllMusic
    3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.73
    4. ^ ただしライブ・ビデオの原題は「9012 Live」で、CDの原題にある「: The Solos」は記述されていない。w:en:9012Live (video)を参照の事。
    5. ^ Collins, Paul. “9012 Live: The Solos – Yes”. Allmusic. 2011年2月18日閲覧。
    6. ^ 冒頭部に1分ほど収録されていたレトロ調の寸劇、及びカットイン(同一の画面に複数の映像を並べたり重ねたりする技法)の映像は残されている。