9M311

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
9M311
種類 近距離防空ミサイル
近接防空ミサイル
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア
性能諸元
ミサイル全長 2,560mm[1]
ミサイル重量 57kg[1]
弾頭 連続ロッド型英語版HE:9kg)
信管 レーザー近接信管
射程 8キロメートル (5.0 mi)(9M311)
10キロメートル (6.2 mi)(9M311-M1)[1]
射高 3,500メートル (11,500 ft)
推進方式 二段式固体ロケット
誘導方式 無線SACLOS
飛翔速度 発射段階:900m/s
巡航段階:600m/s[2]
テンプレートを表示

9M311 トライアングルロシア語: 9М311 «Треугольник»、三角形の意)は、ソビエト連邦(現在のロシア連邦)のKBP器械製造設計局で開発された近距離防空ミサイル / 近接防空ミサイルNATOコードネームはSA-19 グリスン(Grison)。

もっとも初期に開発された9M311を原型として、艦載型の9M311K(3M87)、輸出型の9M311-1、改良型の9M311M(3M88)、9M311-M1と、順次に発展した。最終発達型の9M311-M1では、ECCM性能が向上するとともに、射程も10kmに延伸された。

9M311シリーズは、独立したミサイル・システムとしてではなく、対空機関砲との複合システムとして装備されることが多い。陸上型の自走式対空車両としては2K22 ツングースカ、艦載型の近接防御火器システムとしてはコールチク(輸出版はカシュタン)が開発されているが、これらはいずれも30mm口径の機関砲と組み合わされている。

21世紀初頭より、後継となる9M335(57E6、NATOコードネーム:SA-22 グレイハウンド)ミサイルが実用化され、これを搭載する自走式対空車両としてパーンツィリ-S1が開発されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c Зенитный ракетно-пушечный комплекс 2К22 "Тунгуска" (SA-19 Grison)” (Russian). Вестника ПВО (3-10-2000). 2008年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月9日閲覧。
  2. ^ Peter Goon. “Russian/PLA Point Defense”. Air Power Australia. 2008年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月21日閲覧。