A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Aa Aa
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Aは、ラテン文字アルファベット)の1番目の文字。小文字は aギリシャ文字Α(アルファ)に由来し、キリル文字Аに相当する。

字形[編集]

大きく分けて3つの字形が使われる。

  1. 三角形の左辺と右辺が下にのびた形であり、大文字に使われる。
  2. 丸の右に縦に接線を付けた形 (single-storey) であり、多く小文字に使われるが、大文字の筆記体でこの字形を使うことがある。またフラクトゥールではのようである。
  3. 2の変形として、接線を上に延ばして左に曲げて折り返した形 (double-storey) がある。この形は多く小文字印刷書体に使われる。

歴史[編集]

牛の角を逆にした形に由来する。

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音素は原則として[a]非円唇前舌広母音)もしくは[ɑ]非円唇後舌広母音)、またはその類似音である。

  • 英語では大母音推移の結果、特に強勢が置かれた場合短音は[æ]、長音は[eɪ]となることが多い。
  • ハンガリー語では[ɒ]円唇後舌広母音)だが、á は非円唇前舌広母音の長音[aː]である。
  • フランス語では an または am に他の子音が続くとき、または語末でやや円唇化した[ɑ̃](非円唇後舌広鼻母音)になる。
  • ベトナム語では[aː]である。短音はĂ, ăと書く。
  • 日本語のローマ字表記ではア段の母音に用いる。
  • 朝鮮語のローマ字表記では母音ㅏを示す。また、ㅐ、ㅑ、ㅒ、ㅘ、ㅙもae, ya, yae, wa, waeとaを含む綴りとなる。

Aの意味[編集]

学術的な記号・単位[編集]

文法
単位
数学
  • 既知の数を示す数学の記号(慣習)
  • 既知の集合を示す数学の記号(慣習)
  • 既知の行列を示す数学の記号(慣習)
  • 大文字で (anneau) を表す(慣習)
  • フラクトゥール小文字でイデアルを表す(慣習)
  • を意味する数字。十二進法二十進法など、底が十を超えるN進法において、十(十進法10)を一桁で表すために用いられる。
    • 一つの部品に、0を用いずに十個以上でチャンネルを嵌合する場合、九を「9」、十を「A」、十二を「C」、十五を「F」、二十を「K」というようにも用いられる。
コンピューター
音楽
  • 音名の一つ(英米式、独式)。イタリア式では「la」、日本式では「」に相当。
  • 6を表す音楽関係者の隠語
その他

その他の記号[編集]

  • 解答のこと。 (Answer) (例:Q&A)
  • アルファベット上の順番」から派生して、第一位や最上級を意味することがある(例:A級)。
    • 一般に学校の成績では最上を表す。細かく成績を付ける際には+や-を用いる事がある (A+, A-)。
    • 劇場や競技場、業績等ではS(特別席)に次ぐよいランクを表す。
    • スポーツなどの競技での、リーグ等のグループの段階を表す。Sが「特A」としてA(即ち「平A」)より上で最上級の場合と、Aが「平A」でも最上級の場合がある。
    • 会社の経営状態に関するランク付け等でAは、BやCに対してよい状態を表すが、AA、AAAのように数が増えたり、AA+のように+が付くと、よりよい状態を表すので、Aが必ずしも最上を表すのではない。
    • 米国のプロ野球のマイナーリーグのランクでは、同様に、AAAが一番よく、AAが次、Aはその下位におかれる。
  • 「1」という意味の「エース」を A とも書く。
    しばしばトランプA(エース)のことを指す。
  • 日本工業規格などで規定された紙のサイズ。A判
  • 軍用航空機の形式で攻撃機を表す記号。Attackerの略。A-10A-4F/A-18など
  • 古代ローマ人の個人名アウルス (Aulus) の略。
  • 東京の地下鉄駅ナンバリング制度では、都営地下鉄浅草線 (Asakusa) を表す。
  • キスを指す隠語。この用法ではBはペッティング、Cはセックス、Dは妊娠、Eは中絶を指す。日本で中高生間の間で使われた。( - 1980年代?)→英語ではXがよく用いられる
  • 円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組のタイトル及びその主人公「ウルトラマンA(ウルトラマンエース)」の略。
  • コンピュータエンターテインメントレーティング機構のレーティング表示において全年齢対象を表す(2006年3月以降)。
  • 「アルファ」フォネティックコードの第一コード。
  • 旅客機の形式でエアバス製を表している。(例:A300A320
  • 少年犯罪においての被疑者の仮称。週刊誌などの出版物によく使われるが、新聞テレビでは現在は使われていない。
  • 日本国有鉄道およびJRグループでは、次のような意味に用いている。
  • 東京地下鉄(東京メトロ)では、起点駅から終点駅へ向かう列車が走る方向の線路をA線と呼称する。
  • ヨーロッパの鉄道では、一等車を意味する記号として、客車の形式に付けられる。
  • 牛肉の格付けで、歩留まりがもっともよいもの。
  • アナログの略。DA変換など。
  • スピードスケート(ショートトラック競技等)の競技結果の表示において、同走者の妨害行為による救済措置の適用者を示す記号。アドバンス(Advance)の意味。

商品名・作品名[編集]

  1. FR世代のセリカカリーナ/コロナスープラを意味する車両識別記号。(例:TA22、AA63、JZA80)
  2. トヨタ・A型エンジン、またはそれを搭載していることを表す。(例:AE86、AT210)

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
A U+0041 1-3-33 A
A
a U+0061 1-3-65 a
a
半角
U+FF21 1-3-33 A
A
U+FF41 1-3-65 a
a
全角
U+24B6 Ⓐ
Ⓐ
U+24D0 1-12-33 ⓐ
ⓐ
丸囲み
🄐 U+1F110 🄐
🄐
U+249C ⒜
⒜
括弧付き
U+1D2C ᴬ
ᴬ
U+1D43 ᵃ
ᵃ
上付き文字
𝐀 U+1D400 𝐀
𝐀
𝐚 U+1D41A 𝐚
𝐚
太字
𝐴 U+1D434 𝐴
𝐴
𝑎 U+1D44E 𝑎
𝑎
イタリック体
𝑨 U+1D468 𝑨
𝑨
𝒂 U+1D482 𝒂
𝒂
イタリック体太字
𝒜 U+1D49C 𝒜
𝒜
𝒶 U+1D4B6 𝒶
𝒶
筆記体
𝓐 U+1D4D0 𝓐
𝓐
𝓪 U+1D4EA 𝓪
𝓪
筆記体太字
𝔄 U+1D504 𝔄
𝔄
𝔞 U+1D51E 𝔞
𝔞
フラクトゥール
𝔸 U+1D538 𝔸
𝔸
𝕒 U+1D552 𝕒
𝕒
黒板太字
𝕬 U+1D56C 𝕬
𝕬
𝖆 U+1D586 𝖆
𝖆
フラクトゥール太字
𝖠 U+1D5A0 𝖠
𝖠
𝖺 U+1D5BA 𝖺
𝖺
サンセリフ
𝗔 U+1D5D4 𝗔
𝗔
𝗮 U+1D5EE 𝗮
𝗮
サンセリフ太字
𝘈 U+1D608 𝘈
𝘈
𝘢 U+1D622 𝘢
𝘢
サンセリフイタリック
𝘼 U+1D63C 𝘼
𝘼
𝙖 U+1D656 𝙖
𝙖
サンセリフイタリック太字
𝙰 U+1D670 𝙰
𝙰
𝚊 U+1D68A 𝚊
𝚊
等幅フォント
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+1D00 ᴀ
ᴀ
LATIN LETTER SMALL CAPITAL A
🄰 U+1F130 🄰
🄰
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER A
🅐 U+1F150 🅐
🅐
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER A
🅰 U+1F170 🅰
🅰
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER A
U+2090 ₐ
ₐ
LATIN SUBSCRIPT SMALL LETTER A

他、EBCDIC では、「A」は 193 で表され、「a」は 129 で表される。

他の表現法[編集]

フォネティックコードはANSIでは"Alpha"、ICAO, ITU, IMO, FAAでは"Alfa"である。

関連項目[編集]