A.J.ヒンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
A. J. ヒンチ
A. J. Hinch
AJ Hinch dugout spring 2015.jpg
2015年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイオワ州ブレマー郡ウェイバリー英語版
生年月日 (1974-05-15) 1974年5月15日(45歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
207 lb =約93.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1996年 MLBドラフト3巡目(全体75位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 1998年4月1日 ボストン・レッドソックス
最終出場 2004年9月24日 モントリオール・エクスポズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 1996年
オリンピック
野球
1996 野球

アンドリュー・ジェイ・ ヒンチAndrew Jay Hinch, 1974年5月15日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州ブレマー郡ウェイバリー英語版出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックス及びヒューストン・アストロズの監督を務めた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1992年MLBドラフト2巡目(全体62位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名されたが、契約せずにスタンフォード大学へ進学。その後、1995年にもMLBドラフト3巡目(全体72位)でミネソタ・ツインズから指名されたが、契約しなかった。

現役時代[編集]

1996年MLBドラフト3巡目(全体75位)でオークランド・アスレチックスから指名され、プロ入り。同年の契約後、アトランタオリンピック野球アメリカ合衆国代表として出場し、銅メダルを獲得した。

1998年4月1日ボストン・レッドソックスとのシーズン開幕戦でメジャーデビュー。アスレチックスには2000年まで在籍。その後、カンザスシティ・ロイヤルズデトロイト・タイガースフィラデルフィア・フィリーズと渡り歩き、2005年シーズン終了後に現役を引退。

管理職経歴[編集]

2006年からアリゾナ・ダイヤモンドバックスのマイナー組織でディレクターを務めた後、2009年5月8日ボブ・メルビンの後任として監督となった。34歳357日での監督就任はエリック・ウェッジが2002年10月29日に34歳275日で就任して以来の若さだった[1]。2年務めたがチーム成績は伸び悩み、2010年7月1日に解任された。

2010年9月よりサンディエゴ・パドレスで球団副社長、GM補佐を務める。2014年6月22日ジョシュ・バーンズ英語版GM解任に伴い、元ニューヨーク・メッツGMのオマー・ミナヤらと共に代行を務めることになった[2]

2014年9月29日2015年シーズンよりヒューストン・アストロズの監督に就任する事が発表された[3]

2015年にチームは10年ぶりとなるポストシーズン進出を果たす。2017年には球団史上初のワールドシリーズ制覇に導いた。

2018年は2年連続でシーズン100勝に達したが、リーグチャンピオンシップシリーズで前年にアストロズのベンチコーチを務めたアレックス・コーラ監督が率いるボストン・レッドソックスに敗れた。オフに2022年までの4年間の契約延長に合意した[4]。2019年も地区優勝し、ワールドシリーズまで進出したが、ワシントン・ナショナルズに敗れた。

2020年1月13日、ヒューストン・アストロズのサイン盗み問題英語版によりロブ・マンフレット英語版コミッショナーから2020年シーズンの1年間出場停止処分が下り、これを受けたアストロズのジム・クレイン英語版オーナーから監督解任の措置を受けた[5][6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 OAK 120 391 337 34 78 10 0 9 115 35 3 0 13 7 30 0 4 89 6 .231 .296 .341 .638
1999 76 228 205 26 44 4 1 7 71 24 6 2 9 1 11 0 2 41 3 .215 .260 .346 .607
2000 6 9 8 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .250 .333 .250 .583
2001 KC 45 134 121 10 19 3 0 6 40 15 1 1 1 1 8 1 3 26 5 .157 .226 .331 .556
2002 72 220 197 25 49 7 1 7 79 27 3 3 2 0 18 0 3 35 2 .249 .321 .401 .722
2003 DET 27 82 74 7 15 3 1 3 29 11 0 0 1 2 3 0 2 18 3 .203 .247 .392 .639
2004 PHI 4 11 11 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .182 .182 .273 .455
MLB:7年 350 1075 953 104 209 28 3 32 339 112 13 6 26 11 71 1 14 214 19 .219 .280 .356 .636

年度別守備成績[編集]



捕手(C)






















1998 OAK 118 602 47 9 8 .986 8 103 68 35 .340
1999 73 368 26 5 4 .987 10 57 42 15 .263
2000 5 9 0 1 0 .900 0 2 1 1 .500
2001 KC 43 220 14 3 2 .987 4 29 22 7 .241
2002 68 349 23 4 2 .989 2 48 39 9 .188
2003 DET 27 110 6 2 0 .983 2 26 23 3 .115
2004 PHI 4 14 5 0 0 1.000 0 3 1 2 .667
MLB 338 1672 121 24 16 .987 26 268 196 72 .269
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 23(1998年 - 2000年)
  • 7(2001年 - 2002年、2009年 - 2010年)
  • 40(2003年)
  • 2(2004年)
  • 14(2015年 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ D-backs name Hinch as fifth manager in club history” (英語). MLB.com (2009年5月8日). 2011年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月27日閲覧。
  2. ^ Padres to begin GM search immediately” (英語). MLB.com (2014年6月22日). 2014年6月25日閲覧。
  3. ^ Hinch hits ground running in first day on job Manager gets to know club staff, inspired by meeting with Altuve
  4. ^ アストロズ、ヒンチ監督と2022年まで契約延長”. 日刊スポーツ (2018年8月31日). 2018年10月28日閲覧。
  5. ^ “Houston Astros fire the team's manager and general manager after MLB cheating scheme investigation” (英語). CNN. Turner Broadcasting System. (2020年1月13日). https://edition.cnn.com/2020/01/13/us/houston-astros-mlb-sign-stealing-allegations-investigation/index.html 2020年1月14日閲覧。 
  6. ^ “サイン盗みでアストロズに厳罰…罰金5億5000万円 球団は監督とGMを解任” (日本語). Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2020年1月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/14/kiji/20200114s00001007076000c.html 2020年1月14日閲覧。 

関連項目[編集]