a2c (ギタリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
a2c
生誕 (1979-02-11) 1979年2月11日(40歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県 那須烏山市
ジャンル J-POP
ロック
劇伴
職業 ミュージシャン
ギタリスト
作曲家
編曲家
ミキシング・エンジニア
マスタリング・エンジニア
担当楽器 ギター
プログラミング
ベース
活動期間 2001年 -
事務所 p.m.works
共同作業者 MintJam
八木沼悟志
公式サイト a2cプロフィール

a2c(アツシ、1979年2月11日 - )は、日本男性ギタリスト作曲家編曲家ミキシング・エンジニアマスタリング・エンジニア栃木県那須烏山市出身。MintJamのメンバー。p.m.works所属。

人物[編集]

B'z松本孝弘に憧れて中学生の時にギターを、高校生の時にDTMを始める。その後コンピュータゲームが趣味だったためゲームミュージックを追求したいという気持ちが強くあり、ゲームクリエイターの専門学校に入学する。そこでギターの演奏技術を評価されたため、ギターサウンドを活かしたDTMによる音楽活動に転向する[1]

八木沼悟志の音楽活動に深く関わっており、fripSideでは第1期よりギターで参加している。naoがボーカルだった第1期の楽曲『hurting heart』は彼のギターによるものである。また、「crying moon」では作曲も手掛けている。南條愛乃が加入した第2期以降は、多くの楽曲にギターで参加するようになる。また、八木沼の別ユニットであるALTIMAでも多くの楽曲でギターを担当している。

fripSideのライブにおいては、星野威と大島信彦がギターを担当しているが、a2c自身もfripSideのステージに立った経験を持つ。ワンマンライブでは、2015年の横浜アリーナ公演にフルで参加しており、星野とのツインギターを披露した。2年後の2017年には、さいたまスーパーアリーナ公演でもゲストとして参加している。このほか、『Animelo Summer Live 2010 -evolution-』でもサポートギタリストとして参加(ツインギターで、もう一人は松尾洋一)している。

使用機材[編集]

エレクトリック・ギター[編集]

  • T's Guitars
    • Arc-SP “Crying Moon”
    • Arc-STD Trem
  • Gibson
  • Baker Guitars
    • B1
  • AIRCRAFT
    • AC-7
  • ERNIE BALL MUSICMAN
    • LUKE

アコースティック・ギター[編集]

クラシックギター[編集]

  • Juan Hernandez
    • Concierto

シタール[編集]

  • Jerry Jones Guitars
    • Supreme Electric Sitar

提供楽曲[編集]

レコーディング参加[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MintJam インタビュー”. うたまっぷ. 2019年1月15日閲覧。