A3015SA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
au A3015SA
開いた状態
ディスプレイ側背面
キャリア au
製造 三洋電機
発売日 2002年9月20日
概要
音声通信方式 CDMA2000 1x
(800MHz)
形状 折りたたみ
サイズ 92 × 47 × 25 mm
質量 99 g
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約230時間
充電時間 約110分
内部メモリ 2MB(ezplusと共有)
外部メモリ なし
日本語入力 モバイルWnn V2
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 132×176ドット
サイズ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 STN
解像度 24×96ドット
サイズ
表示色数 65536色
メインカメラ
画素数・方式 11万画素CCD
機能 フラッシュ撮影
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
シルバー
(Silver)
パールピンク
(Pearl Pink)
ネーブルオレンジ
(Navel Orange)
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

A3015SA(エーサンゼロイチゴーエスエー)は、三洋電機が開発した、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドの携帯電話である。

特徴[編集]

A3011SAの後継機種で、同社のau向け端末としては初となるカメラ付き端末となる。

本体に簡易フラッシュを搭載しており、暗所での撮影に使用する事が可能である。また、A3011SAでモノクロだったサブディスプレイは新たにカラー液晶を搭載しており、自分撮りの際にファインダーとして利用する事が出来る。

他にも、当時社会問題となっていたワン切り対策として、3秒未満の不在着信に対してアイコンと色を変えて表示する「ワン切りチェック」機能を搭載している。

沿革[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]