ABEMA的ニュースショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ABEMA的ニュースショー
EX Keyakizaka studio20180325 154737.jpg
収録場所のEXけやき坂スタジオ
ジャンル 報道情報番組
出演者 千原ジュニア
三谷紬
ナレーター ボンバー森尾
西澤由夏
製作
プロデューサー 本永巳樹
羽根哲哉
制作 AbemaNews
テレビ朝日
放送
放送国・地域日本の旗 日本
Abema的ニュースショー(2018年)
配信期間2018年10月7日 - 12月31日
配信時間隔週日曜日 11:30 - 13:30
放送分120分
Abema的ニュースショー

ABEMA的ニュースショー(2019年 - )
配信期間2019年1月13日 -
配信時間日曜日 12:00 - 14:00
放送分120分
テンプレートを表示

ABEMA的ニュースショー(アベマてきニュースショー、英題:Abema style news show)は、インターネットテレビABEMAニュースチャンネルABEMA NEWSにて、2018年10月7日から配信されている報道情報番組である[1]

概要[編集]

AbemaNewsチャンネルにおける初の日曜昼のニュースショーとして開始[2][3]。MCには前月まで『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』を担当していた千原ジュニア、サブMCにはテレビ朝日アナウンサー・三谷紬を起用。

1週間に起こったニュース、世間を騒がすニュースを独自取材した上、あえて的外れな視点から取り上げ、ニュースを立体的に捉える。

テレビ朝日・けやき坂スタジオから生配信。スタジオセットとして「矢」と「的」が配置されており、赤、青がイメージカラーとして施される。

地上波の同時間帯にはフジテレビワイドナショー」、TBSサンデージャポン」があり、ディレクターの一人であった山口雄人はここに殴り込みをかける番組としている[4]

4月12日放送分より、番組タイトルが『Abema的ニュースショー』からすべて大文字の『ABEMA的ニュースショー』に変更された[5][6]

配信時間[編集]

番組開始時は午前11時30分から13時30分まで生配信。また同日19時から21時までリピート配信。『キング・オブ・ディベート』同様隔週日曜配信となる。

2018年12月31日に初の特別番組、『あの事件の真相は?ゆく炎上くる炎上 完全決着4時間スペシャル』を生配信。

2019年1月13日より30分時間が下がり、正午12時から14時までの毎週配信となる。リピート枠は変更なし。

2019年12月29日は年末特番『Abema的ニュースショー年末4HSP 千原ジュニアの「ゆく炎上くる炎上」』として正午12時から16時までの4時間配信を行う[7]

2020年7月26日は『ABEMA的ニュースショー 感染防止か経済か ”GoTo報道”メディアはどっち?』と題し3時間特番を実施。通常番組を2時間配信した後、日本における新型コロナウイルス感染の発端ともいえるダイヤモンド・プリンセス号の検証をテーマにした、舛添要一と神戸大学・岩田健太郎の特別対談が1時間組まれる特別編成となる。

2020年12月27日は年末特番『ABEMA的ニュースショー コロナに負けるな!2020お悩み生相談スペシャル』として前年と同じく正午12時から16時までの4時間配信[8]

出演者[編集]

MC[編集]

進行[編集]

  • 三谷紬(テレビ朝日アナウンサー)

代打進行[編集]

  • 住田紗里(テレビ朝日アナウンサー、2020年7月12日、11月22日)

コメンテーター[編集]

固定メンバーは存在せず、毎回6〜8人位のタレント等が雛壇に着座する。2020年4月20日以降は新型コロナウイルス拡大防止のため同一スタジオには最大で4人。それ以外のコメンテーターは別スタジオからの出演。
過去の出演者

2018年10月7日配信回

2018年10月21日配信回

2018年11月4日配信回

2018年11月18日配信回

2018年12月2日配信回

  • 井川意高、鈴木涼美、古谷経衡、金子恵美、徳井健太、舛添要一

2018年12月16日配信回

  • 佐藤治彦、鈴木涼美、小林秀章(セーラー服おじさん)、古谷経衡、前田日明、箕輪厚介

2018年12月31日配信回

  • 小沢仁志、山根明、前田日明、舛添要一、宮崎謙介、金子恵美、古谷経衡、鈴木奈々、鈴木涼美、白鳥久美子、鈴木拓、井川意高

2019年1月13日配信回

2019年1月20日配信回

  • 青木大和、生駒幸恵(SNSコンサルタント)、鈴木涼美、鈴木拓、古谷経衡、舛添要一

2019年1月27日配信回

2019年2月3日配信回

  • 井川意高、江川達也、鈴木涼美、セーラー服おじさん、古谷経衡、舛添要一、佐々木成三、小林宏之(元JALパイロット)

2019年2月10日配信回

  • 井上裕介、鈴木涼美、田中康夫、鳥越規央、古谷経衡、舛添要一

2019年2月17日配信回

  • 金子恵美、鈴木涼美、鈴木拓、古谷経衡、舛添要一、箕輪厚介(幻冬舎 編集者)

2019年2月24日配信回

  • 井上裕介、金子恵美、鈴木涼美、小林秀章、田中康夫、古谷経衡

2019年3月2日配信回

  • 岸田雪子、鈴木涼美、古谷経衡、舛添要一、山路徹、生駒幸恵

2019年3月10日配信回

  • 高須克弥、井川意高、井上裕介、田中康夫、鈴木涼美、古谷経衡

2019年3月17日配信回

  • 鈴木涼美、鈴木拓、古谷経衡、舛添要一、小林秀章、本郷和人(東京大学教授・歴史学者)

2019年3月24日配信回

  • 井上裕介、鈴木涼美、田中康夫、古谷経衡、舛添要一、山路徹

2019年3月31日配信回

  • 鈴木涼美、鈴木拓、古谷経衡、本郷和人、舛添要一、宮本エリアナ(ミス・ユニバース元日本代表)

2019年4月7日配信回

  • 江川達也(漫画家)、鈴木涼美、田辺健二(SPA!副編集長)、原田曜平(マーケティングアナリスト)、古谷経衡、舛添要一[11]

2019年4月14日配信回

  • 鈴木涼美、鈴木拓、金子恵美、古谷経衡、本間希樹(国立天文台教授)、宮崎謙介、舛添要一

2019年4月21日配信回

  • 大谷昭宏、鈴木涼美、田中康夫、古谷経衡、宮本エリアナ、小林秀章

2019年4月28日配信回

  • 鈴木奈々、鈴木涼美、田辺健二、徳井健太、古谷経衡、舛添要一

2019年5月12日配信回

  • 佐々木成三、鈴木涼美、鈴木拓、古谷経衡、舛添要一、宮本エリアナ

2019年5月19日配信回

  • 丸岡いずみ(フリーアナウンサー)、井川意高、鈴木涼美、原田曜平、古谷経衡、田中康夫

2019年5月26日配信回

  • 時人(モデル)、北芝健(元警視庁刑事)、鈴木奈々、鈴木涼美、古谷経衡、舛添要一

2019年6月2日配信回

  • 佐々木成三、鈴木拓、鈴木涼美、田中康夫、古谷経衡、箕輪厚介、宮本エリアナ

2019年6月16日配信回

  • 金子恵美、須田亜香里、鈴木涼美、田中康夫、鳥越規央、古谷経衡

2019年6月23日配信回

  • 鈴木拓、馬場典子(元日本テレビアナウンサー)、鈴木涼美、佐々木成三、舛添要一、古谷経衡

2019年6月30日配信回

2019年7月7日配信回

2019年7月21日配信回

  • 鈴木拓、堀潤(元NHKアナウンサー)、鈴木涼美、宮本エリアナ、舛添要一、古谷経衡

2019年7月28日配信回

  • 藤本敏史、金子恵美、山路徹、田辺健二、鈴木涼美、古谷経衡

2019年8月4日配信回

  • 木本武宏、金子恵美、宮崎謙介、舛添要一、江川達也、鈴木涼美、古谷経衡

2019年8月11日配信回

  • 岩尾望(フットボールアワー)、井筒和幸、内田裕子(経済ジャーナリスト)鈴木涼美、

2019年8月18日配信回

  • 古谷経衡、足立康史、舛添要一、鈴木拓、堀潤、金子恵美、鈴木涼美、古谷経衡、小林秀章

2019年9月1日配信回

  • 舛添要一、鈴木拓、佐々木成三、中川みち子、鈴木涼美、古谷経衡

2019年9月15日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、佐々木成三、堀潤、鈴木涼美、古谷経衡

2019年9月22日配信回

  • 鈴木涼美、岩尾望、古谷経衡、田辺健二、田中雅美、井筒和幸

2019年9月29日配信回

2019年10月6日配信回

  • 堀潤、鈴木拓、高橋ユウ、鈴木涼美、古谷経衡

2019年10月13日配信回

  • 舛添要一、伊藤剛臣(ラグビー元日本代表)、藤本敏史、林みなほ(元TBSアナウンサー)、宮崎謙介、鈴木涼美、古谷経衡

2019年10月20日配信回

  • 山路徹、木本武宏、伊藤剛臣、スマイリーキクチ(お笑いタレント)、鈴木涼美、古谷経衡

2019年10月27日配信回

  • 江川達也、トンプソン ルーク(ラグビー日本代表)、伊藤剛臣、鈴木拓、金子恵美、鈴木涼美、古谷経衡

2019年11月3日配信回

  • 井筒和幸、鈴木拓、森井じゅん(公認会計士税理士)、宮崎謙介、スマイリーキクチ、宮本エリアナ

2019年11月10日配信回

2019年11月17日配信回

  • 井川意高、本村由紀子(フリーアナウンサー)、鈴木拓、高橋ユウ(モデル・女優)、ジョナサン・シガー、三浦崇宏(クリエイティブディレクター)

2019年11月24日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、林みなほ、古谷経衡、大谷秀政(株式会社LD&K社長)、宮本エリアナ、佐々木成三

2019年12月1日配信回

  • 井筒和幸、金子恵美、宮崎謙介、マンボウやしろ(演出家・脚本家)、田辺健二、鈴木涼美

2019年12月8日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳(NGT48)、岩尾望、山路徹、副島淳(俳優・タレント)、鈴木涼美

2019年12月15日配信回

  • 鈴木拓、堀潤、本村由紀子、高橋ユウ、横川潤(食評論家・亜細亜大教授)、古谷経衡

2019年12月22日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、宮本エリアナ、渡辺裕太(俳優・タレント)、光山英明(「肉山」創業オーナー)、ジョナサン・シガー、佐々木成三

2019年12月29日配信回

2020年1月12日配信回

  • ジョナサン・シガー、マンボウやしろ、福島淳、佐々木成三、宮本エリアナ、安田純平、舛添要一

2020年1月19日配信回

  • 金子恵美、木本武宏、馬場典子、田辺健二、鈴木涼美、山路徹[12]

2020年1月26日配信回

2020年2月2日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、桐島とうか、江川達也、副島淳、鈴木涼美、井川意高

2020年2月9日配信回

  • 舛添要一、須田亜香里、鈴木拓、吉川プリアンカ(2016ミス・ワールド日本代表・起業家)、森光(医師・元船医)、中川みち子(弁護士)、田辺健二

2020年2月16日配信回

  • 鈴木拓、堀潤、森田由乃、宮崎謙介、張江泰之、鈴木涼美、田辺健二

2020年2月23日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳、岩尾望、金子恵美、森田由乃、猫ひろし(マラソン選手・お笑いタレント)、鳥越規央

2020年3月1日配信回

  • 木本武宏、春風亭昇吉(落語家)、森麻季(元日テレアナウンサー)、山路徹、大谷秀政、鈴木涼美、安田純平

2020年3月8日配信回

  • 藤本敏史、舛添要一、森田由乃、井川意高、聖菜(令和ギャルママ代表)、古谷経衡、田辺健二

2020年3月15日配信回

2020年3月22日配信回

  • 舛添要一、鈴木拓、結城るみな(セクシータレント)、青山めぐ(タレント)、佐々木成三、ジョナサン・シガー、田辺健二

2020年3月29日配信回

  • 舛添要一、須田亜香里、森田由乃、マンボウやしろ、鈴木涼美、鳥越規央

2020年4月5日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳、岩尾望、金子恵美、藤井靖(明星大学准教授)、大谷秀政

2020年4月12日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、林みなほ[5][14]

2020年4月19日配信回

2020年4月26日配信回

  • 堀潤、マンボウやしろ、田辺健二 <リモート出演>井戸田潤(スピードワゴン)、鈴木涼美

2020年5月3日配信回

  • 舛添要一、藤本敏史、田辺健二 <リモート出演>須田亜香里、永野(お笑い芸人)

2020年5月10日配信回

  • 舛添要一、狩野英孝、田辺健二 <リモート出演>稲田直樹(アインシュタイン)、鈴木涼美

2020年5月17日配信回

  • 舛添要一、マンボウやしろ、田辺健二 <リモート出演>須田亜香里、原田龍二(俳優)

2020年5月24日配信回

  • 鈴木拓、鈴木涼美、田辺健二 <リモート出演>荻野由佳、中村竜太郎(ジャーナリスト)

2020年5月31日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、古谷経衡 <リモート出演>須田亜香里、村西とおる、米山隆一(前新潟県知事)[15]

2020年6月7日配信回

2020年6月14日配信回

2020年6月21日配信回

  • 鈴木拓、荻野由佳、ベロスルドヴァ オリガ(弁護士)、田辺健二、鈴木涼美 <進行>住田紗里(テレビ朝日アナウンサー)※(三谷紬急病による代役)[16]

2020年6月28日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、副島淳、須田亜香里、田辺健二

2020年7月5日配信回

  • 堀潤、岩尾望、鈴木涼美、田辺健二 <リモート出演>あるごめとりい(TBS退社YouTuber)

2020年7月12日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳、馬場典子、マンボウやしろ

2020年7月19日配信回

  • 須田亜香里、鈴木拓、鈴木涼美、田辺健二

2020年7月26日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳、木本武宏、副島淳、田辺健二

2020年8月2日配信回

  • 鈴木拓、米山隆一、鈴木涼美、田辺健二

2020年8月9日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、LiLy、村西とおる、田辺健二

2020年8月16日配信回

  • 狩野英孝、佐々木成三、古谷経衡、鈴木涼美、田辺健二、りかりこ(TikToker)

2020年8月23日配信回

  • 舛添要一、高橋ユウ、マンボウやしろ、佐々木成三、田辺健二

2020年8月30日配信回

  • 須田亜香里、井戸田潤、金子恵美、田辺健二

2020年9月6日配信回

  • 舛添要一、鈴木拓、たかまつなな(お笑いジャーナリスト)、田辺健二

2020年9月13日配信回

  • 渡辺徹(俳優)、たかまつなな、マンボウやしろ、田辺健二、佐々木成三[17]

2020年9月20日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、van(モデル・タレント)、田辺健二

2020年9月27日配信回

  • 井川意高、井戸田潤、エンリケ(起業家・元No.1キャバ嬢)、田辺健二

2020年10月4日配信回

  • 舛添要一、須田亜香里、木本武宏、田辺健二、ジョナサン・シガー

2020年10月11日配信回

  • 井戸田潤、堀潤、たかまつなな、佐々木成三、田辺健二

2020年10月18日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳、鈴木拓、井川意高、田辺健二

2020年10月25日配信回

  • 須田亜香里、副島淳、マンボウやしろ、ベロスルドヴァ オリガ、田辺健二

2020年11月1日配信回

2020年11月8日配信回

  • 渡辺徹、岩尾望、馬場典子、鈴木涼美、田辺健二

2020年11月15日配信回

2020年11月22日配信回

  • 井川意高、須田亜香里、マンボウやしろ、たかまつなな、田辺健二

2020年11月29日配信回

  • 舛添要一、鈴木拓、鈴木涼美、春風亭昇吉、三宅諒(フェンシング選手)

2020年12月6日配信回

  • 別所哲也(俳優)、井戸田潤、ねお(YouTuber・モデル)、鳥越規央、田辺健二

2020年12月13日配信回

  • 副島淳、宮本エリアナ、ジョナサン・シガー、ベロスルドヴァ・オリガ、木本武宏

2020年12月20日配信回

  • 舛添要一、ねお、マンボウやしろ、森田由乃、田辺健二

2020年12月27日配信回

  • 舛添要一、須田亜香里、鈴木拓、永野、村西とおる、田辺健二、ビスケッティ佐竹、たかまつなな

2021年1月10日配信回

  • 舛添要一、ねお、鈴木拓、金子恵美、宮崎謙介、青木源太(フリーアナウンサー)

2021年1月17日配信回

  • 柴田秀一(日大教授・元TBSアナウンサー)、金子恵美、木本武宏、西野未姫、佐々木成三、田辺健二

2021年1月24日配信回

  • 舛添要一、荻野由佳、マンボウやしろ、宮崎謙介、鈴木涼美、古谷経衡[19]

2021年1月31日配信回

  • 井戸田潤、ねお、大島麻衣(タレント・元AKB48)、柴田秀一、田辺健二

2021年2月7日配信回

2021年2月14日配信回

  • 舛添要一、狩野英孝、西野未姫、堀潤、田辺健二

2021年2月21日配信回

  • 舛添要一、須田亜香里、木本武宏、宮崎謙介、大関れいか、柴田秀一

2021年2月28日配信回

  • 舛添要一、鈴木紗理奈、NANAMI、マンボウやしろ、田辺健二

2021年3月7日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、菊地亜美、渡辺まお、古谷経衡

2021年3月14日配信回

  • 宮崎謙介、van(モデル・タレント)、マンボウやしろ、橋本聖子(シンガー・モデル)、田辺健二 <リモート出演>入江慎也[20]

2021年3月21日配信回

  • 舛添要一、三浦奈保子、井川意高、春風亭昇吉、松本有紗、鈴木拓[21]

2021年3月28日配信回

2021年4月4日配信回

  • 舛添要一、永野、NANAMI、たかまつなな、田辺健二、石田純一

2021年4月11日配信回

  • 金子恵美、鈴木拓、鈴木奈々、たかまつなな、りかりこ、田辺健二

2021年4月18日配信回

2021年4月25日配信回

  • 木本武宏、NANAMI、三浦奈保子萱野稔人、田辺健二(この週より肩書がSPA!元副編集長、扶桑社事業開発部・部長代理に変更)

2021年5月2日配信回

2021年5月9日配信回

  • 須田亜香里、豊田真由子、桂福丸、井川意高、田辺健二

2021年5月16日配信回

  • ねお、舛添要一、岩尾望、大島由香里、タカハシマコト

2021年5月23日配信回

  • 豊田真由子、永野、古関れん、鈴木香里武、田辺健二

2021年5月30日配信回

  • 舛添要一、木本武宏、田辺健二(リモート出演)[23]

2021年6月6日配信回

  • ゆきぽよ、マンボウやしろ、たかまつなな、佐々木成三、田辺健二

2021年6月13日配信回

  • 舛添要一、大島由香里、鈴木拓、菊地亜美、宮崎謙介

2021年6月20日配信回

  • 狩野英孝、ゆきぽよ、井川意高、平井佳織、田辺健二

2021年6月27日配信回

  • 舛添要一、ねお、木本武宏、鈴木香里武、ベロスルドヴァ オリガ

2021年7月4日配信回

  • 金子恵美、岩尾望、西野未姫、佐々木成三、田辺健二

2021年7月11日配信回

  • 舛添要一、本仮屋リイナ、鈴木拓、ロイ(モデル/TikToker)、タカハシマコト

2021年7月18日配信回

  • 西野未姫、村西とおる、マンボウやしろ、山路徹、田辺健二

2021年7月25日配信回

  • 舛添要一、ゆきぽよ、木本武宏、副島淳、大谷秀政[24]

2021年8月1日日配信回

  • 金子恵美、鈴木拓、須田亜香里、古谷経衡、田辺健二

2021年8月8日配信回

2021年8月15日配信回

  • 岩尾望、井川意高、たかまつなな、田辺健二、岩橋健一郎

2021年8月22日配信回

  • 舛添要一、大島由香里、西野未姫、永野、宮崎謙介

2021年8月29日配信回

  • 金子恵美、村西とおる、マンボウやしろ、田辺健二、さしみちゃん(YouTuber)

2021年9月5日配信回

  • 舛添要一、大島由香里、木本武宏、たかまつなな、大谷秀政

2021年9月12日配信回

  • 岩尾望、本仮屋リイナ、ロイ、青山和弘(元日本テレビ政治記者)、田辺健二

2021年9月19日配信回

  • 舛添要一、ねお、篠宮暁、細川隆三、田辺健二

リポーター[編集]

  • 天津・木村[25](2018年‐2019年6月)
  • 八幡カオル ‐ おもに小池百合子として出演。番組開始初期に出演開始。2020年のコロナ騒動で復帰。
  • オラキオ ‐ おもに安倍昭恵として出演。
  • ビスケッティ佐竹 ‐ おもに安倍晋三として出演。
  • シンディー ‐ 様々な物まねで出演。
  • ADトンちゃん ‐ 台湾出身の番組AD[26]。中華圏のニュースや日本文化に疑問を問いかけるニュースで登場。スタッフ表記は董柔嘉。
  • 大山即席斉 ‐ 新作即席麺のニュースで解説役としてスタジオ出演。
  • 中島史留久 ‐ 山形出身の番組AD。
  • 五十嵐彩香 ‐ 番組AD。

スタッフ[編集]

特記なき場合、2018年10月の番組開始から関わる。

  • ナレーション:ボンバー森尾
  • 技術統括:森山顕矩
  • 美術:森永牧子
  • デザイン:森崎愛美
  • 照明:中本明人
  • 電飾:今村和之
  • アートディレクション:横井勝
  • CAM:石井豪、保泉達也、濱川和人、中峯輝也
  • 大道具:大村朔也
  • TK:神保よしみ
  • 音効:中島祥子
  • 構成:渡邊亮太、川上トリオ、タムケン、鈴木裕史、相川真紀
  • AP:林将平、田澤春菜、山岡紗織
  • ディレクター:小笠原豪、塚平敬司[27]、高橋美咲、大平莉加、佐藤仁哉
  • 総合演出:谷口欽也
  • キャスティング:岩見ゆう子、柴田泉
  • MC担当:牧元宗弘
  • プロデューサー:羽根哲哉(2019年7月 ‐ )(テレビ朝日)
  • 制作協力:アリソデナサソ
  • 制作:テレビ朝日AbemaNews

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:西澤由夏[28](2018年10月 ‐ 2019年6月)
  • プロデューサー:奥屋智久(2018年10月 ‐ 2019年7月)、本永巳樹(2018年10月 ‐ 2020年)
  • ディレクター:伊藤弘暁(2018年10月 ‐ 2020年)
  • 調査:アンサンヒーロー

おもなコーナー[編集]

今週のいかがなものかニュース[編集]

  • メインコーナー。1週間のニュースを中吊り広告風の画像を元に次々映像で紹介する。映像中、ニュース解説やコメントするのは、関連性の薄い人物(ダジャレなど)であることが多い。

体を張って確かめよう[編集]

  • ニューストピックスに上がった物事を三谷紬が体当たりで確かめるロケ取材コーナー。催眠術の話題では催眠術でのゲテモノ料理飲食。黄金のペットボトルニュースでの回収作業など、キツイ仕事であることが多い[29]。身体障害者の出産など社会派インタビュー取材の場合もある。

Abema的業界ニュース[編集]

  • 一般ニュースが取り上げない業界ニュースを深く掘り下げリポートするコーナー。リポーターには専門性のある人物が担当する。2019年以降に実施されているがコーナー名が表示されないことも多い。

鈴木卓が解説!世界一わかりやすい○○[編集]

  • 2019年4月14日開始。話題となったニュースを鈴木卓が一夜漬けでやっつけ解説するコーナー。スタッフから専門書が数冊渡され、本番前にアドバイザーも就くが、鈴木への質問は「NG」とされている。趣旨は「一般人でも勉強すればこれくらいまでわかる」。

千原ジュニアのどないやねんニュース[編集]

  • 番組最終コーナー。いかがなものかニュース(新聞中吊り風表示)に書かれているものの、紹介から漏れたニュースの中から千原ジュニアがひとつをピックアップして短く取り上げる。

ABEMA的リモートワーク[編集]

  • 新型コロナ対策として始めたリモート中継を事実上コーナー化。別名「ステイホーム!テレワーク中継」、「私コレに怒ってますNEWS」。レギュラー陣や気になる有名人の自宅をつなぎ、生活ぶりなど近況を聞く。コーナーとしては2020年4月19日開始。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Abema的ニュースショー”. AbemaTV (2018年10月1日). 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ 「AbemaTV」にて初の日曜昼のニュースショーがスタート  千原ジュニアが世間で話題のニュースに切り込む新番組『Abema的ニュースショー』”. 株式会社サイバーエージェント (2018年9月26日). 2019年10月1日閲覧。
  3. ^ 千原ジュニアMCの生放送ニュース番組『Abema的ニュースショー』10・7スタート”. TVLIFE web (2018年9月26日). 2019年10月1日閲覧。
  4. ^ 「Abema的ニュースショー」の制作に参加しています★ | ポライズン”. polyne-tokyo.com (2018年11月25日). 2019年1月20日閲覧。
  5. ^ a b ABEMA的ニュースショー “緊急事態”の正しい過ごし方「外出の不自由展」開催” (日本語). AbemaTV (2020年4月12日). 2020年4月12日閲覧。
  6. ^ 番組セットなど一部はそのまま。
  7. ^ 年末年始は「AbemaNewsチャンネル」特別番組が目白押し “ゆく炎上くる炎上”、年越しカウントダウンSPなど7番組” (日本語). AbemaTIMES (2019年12月25日). 2019年12月29日閲覧。
  8. ^ (日本語) ABEMA的ニュースショー コロナに負けるな!2020お悩み生相談スペシャル | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント, https://abema.tv/channels/abema-news/slots/B9hMfCqjXd37wV 2020年12月26日閲覧。 
  9. ^ Abema的ニュースショー 加護ちゃん生出演で今だからぶっちゃけます! | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2018年10月20日閲覧。
  10. ^ 以後、ニックネームでの出演を基本にするが後述のように本名名義になる場合もある。
  11. ^ Abema的ニュースショー 口封じ!?保釈中逮捕でゴーン容疑者の行方 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2019年4月7日閲覧。
  12. ^ 厚底シューズ禁止で進化と努力が水の泡?” (日本語). AbemaTV (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  13. ^ 5G時代でYouTuber&アイドルがピンチ” (日本語). AbemaTV (2020年1月26日). 2020年1月26日閲覧。
  14. ^ 田辺健二、鈴木拓、金子恵美、鈴木涼美らがリモート出演。
  15. ^ ABEMA的ニュースショー コロナと戦う「知事47」…“神7”には誰を選出?” (日本語). ABEMA (2020年5月31日). 2020年5月31日閲覧。
  16. ^ ABEMA的ニュースショー 県境またぎ解禁も…満員電車ムリ!コロナ戻れない人続出” (日本語). ABEMA (2020年6月21日). 2020年6月21日閲覧。
  17. ^ ABEMA的ニュースショー 「ドコモ口座」不正どう防ぐ?“スマホ刑事”が分析” (日本語). ABEMA (2020年9月13日). 2020年9月13日閲覧。
  18. ^ ABEMA的ニュースショー コロナいまは第3波!?感染拡大「飛沫」のギモン” (日本語). ABEMA (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  19. ^ ABEMA的ニュースショー 飛沫すごいはず…歯科医でクラスターが起きない訳” (日本語). ABEMA (2021年1月24日). 2021年1月24日閲覧。
  20. ^ ABEMA的ニュースショー "闇営業"で芸能界引退…密着!元カラテカ入江のいま” (日本語). ABEMA (2021年3月14日). 2021年3月14日閲覧。
  21. ^ 鈴木を除き東京大学卒業生で揃えられた。
  22. ^ この週は「目指せネットニュース」としてコメンテーターと別にコメンテーターを観察する要員としてJ-CASTニュース元編集長・城戸譲、しらべぇ編集長タカハシマコトがリモート出演。
  23. ^ この週は千原ジュニア、舛添、木本はクルーザー上から出演。「緊急事態宣言延長・東京の街はいま」と題する中継企画がメインとなった。ガイド役は油科まゆみ。
  24. ^ 大谷の出演は番組表ノンクレジット。別スタジオからのリモート出演。
  25. ^ ニュースキャスター” (日本語). 天津・木村オフィシャルブログ「天狗女と泥棒ヒゲ男」Powered by Ameba (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  26. ^ 「ゴミは歩いてください」!? 東京五輪を前に、いま日本にある中国語案内板が“ヘンなこと”になっている” (日本語). AbemaTIMES (2019年3月20日). 2019年7月28日閲覧。
  27. ^ 担当週によってはAD表記。
  28. ^ 第3回から5回までスタジオ出演。入江が行っていたコメント読み担当。
  29. ^ 「こんな仕事をするなんて」テレビ朝日・三谷紬アナ、“黄金のペットボトル”ロケで目にしたモラル崩壊の現場” (日本語). AbemaTIMES (2018年12月4日). 2019年1月20日閲覧。