AC-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AC-11配合サプリ ACell(エーシェル)

AC-11英語: Activate chromosome-11)とは、キャッツクロー樹脂から抽出したCAEs(カルボキシ・アルキル・エステル)を含有するサプリメントである。
スウェーデンLUND大学の名誉教授であるロナルドペロー博士(英語: Dr.Ronald Pero)により発見・研究されている。
アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で、DNAの修復促進に関するファンクションクレームが受理されている。
多くの臨床試験の結果により、様々な効果は認められているが、大量生産が出来ない都合上、希少であり、原料が高額であることが広まらない原因とされている。

サプリメントや化粧品としてのAC-11関連商品[編集]

サプリメント化粧品としても、「AC-11商品」が流通している。
原料としてはアマゾンの原住民が、古来より炎症や感染症の治療法として、樹脂を煎じてお茶として飲用していた「薬用植物」として歴史のあるキャッツクローである。
日本では、2007年ごろに新素材として注目されたが、流行ることはなかった。
抽出方法は特許によって守られており、CAEsを効率的に抽出する方法が用いられている。

健康食品として[編集]

AC-11は、単体で経口するには苦味が強いため不向きである。多くのサプリメントが、苦味を避けるための工夫が施されている。

期待できる効果[編集]

DNAの損傷に対して、人間本来持つ修復機能をサポートする。原則、全てのDNAを含む細胞に作用するが、特に変化を感じやすい肌への効果が分かりやすい。
また、加齢に伴う多くの症状がDNAの損傷に一部起因していることもあり、体の中から行うアンチエイジングと言われている。
免疫細胞、肌細胞、筋肉細胞、各臓器細胞などの損傷により様々なトラブルが発生するが、AC-11には損傷を修復させることにより改善が見られる臨床試験結果も出ている。

関連項目[編集]