ACRメッシーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ACRメッシーナ
A.C.R. Messina.png
原語表記 Associazioni Calcio Riunite Messina s.r.l.
愛称 Giallorossi(赤と黄)
クラブカラー 600px HEX-FEE66C centred cross on HEX-E6002E background.svg 赤と黄
創設年 1900年
所属リーグ セリエD
所属ディビジョン 4部
ホームタウン メッシーナ
ホームスタジアム スタディオ・サン・フィリッポイタリア語版
収容人数 37,895
代表者 イタリアの旗 ナターレ・ストラクッツィ
監督 イタリアの旗 アルトゥーロ・ディ・ナーポリイタリア語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

アッソチャツィオーネ・カルチョ・リウニーテ・メッシーナAssociazioni Calcio Riunite Messina S.r.l.)は、イタリアメッシーナを本拠地とするサッカークラブチーム。2018-19シーズンはセリエDに所属している。

メッシーナはメッシーナ海峡を挟んでレッジョ・ディ・カラブリアと向き合っており、レッジーナとの一戦はローカルダービーとして盛り上がりを見せる。

歴史[編集]

2002年、メッシーナ海峡でフェリー業などを展開していた実業家ピエトロ・フランツァがクラブを買収。積極的な補強策でチームを強化する。2004-05シーズンにセリエAに昇格。柳沢敦小笠原満男が在籍していたことで日本でも馴染みの深いクラブチームである。

2005-06シーズン終盤に騒がれたセリエAの八百長問題で、メガクラブの処分後にレッジーナと共に疑いがかけられたが、処分は下されなかった(レッジーナは減点)。

しかし、セリエA時代のフランツァ会長による積極経営はクラブの財政力を無視しており、クラブは経営難となった。2006-07シーズンにセリエBに降格し、2007-08シーズンはセリエBで14位となった。シーズン後、財政難のためにプロリーグ登録が認められず、セリエD降格となった。2014年夏、現在のクラブ名に改称した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 2000-01 セリエC1 2位 B昇格
  • 2001-02 セリエB 12位
  • 2002-03 セリエB 13位
  • 2003-04 セリエB 3位 A昇格
  • 2004-05 セリエA 7位
  • 2005-06 セリエA 18位→17位 カルチョ・スキャンダルによる順位繰上げ
  • 2006-07 セリエA 20位 B降格
  • 2007-08 セリエB 14位 財政難のためD降格
  • 2008-09 セリエD・ジローネI 12位
  • 2009-10 セリエD・ジローネI 13位
  • 2010-11 セリエD・ジローネI 9位
  • 2011-12 セリエD・ジローネI 4位
  • 2012-13 セリエD・ジローネI 1位 昇格
  • 2013-14 レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ・ジローネB 1位
  • 2014-15 レガ・プロ・ジローネC 16位
  • 2015-16 レガ・プロ・ジローネC

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]