ACSiON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

株式会社ACSiON(アクシオン)は、セブン銀行電通国際情報サービスによる合弁会社

株式会社ACSiON(アクシオン)
ACSiON,Ltd.
Acsion logo2.png
Otemachi building.JPG
本社が入る大手町ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
1000004
東京都千代田区大手町1−6−1
業種 銀行業高度化等会社
法人番号 1010001202601
代表者 安田 貴紀
資本金 3億円
純利益 ▲1億6100万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 19億0700万円(2020年03月31日時点)[1]
主要株主

株式会社セブン銀行60%

株式会社電通国際情報サービス40%
外部リンク https://www.acsion.co.jp/
テンプレートを表示

社名[編集]

ACSiONの社名は「Across the mission」の造語。 情報セキュリティ対策は競合や業界の垣根を越えて企業同士が同じミッションを分かち合い連携するという同社の考えに由来する。[2]

ビジョン[編集]

「世界を公正に。」make world be honest
「セキュリティや不正防止は競うのではなく業界を超えて社会全体で協力する」という、あるべき姿にするためのプラットフォームを目指す[3]

事業概要[編集]

本人確認プラットフォーム事業「proost」[編集]

顔写真付本人確認書類の撮影データと顔写真を照合し、オンラインで本人確認できる仕組み(eKYC)をAPI形式で提供するプラットフォームサービス。令和2年4月施行の改正犯収法(犯罪収益移転防止法)に準拠しておりオンラインでの銀行口座開設などに対応する他、法的義務でない業態においても導入が可能としている。

不正検知プラットフォーム事業「Detecker」[編集]

セブン銀行が培ってきた金融犯罪対策(Anti-money laundering : AML) の緻密なノウハウをベースに開発した不正検知プラットフォーム。 AIを用いたビッグデータ分析により、不正な申込みやアクセスを24時間365日監視し検知する。また不正を検知した際、攻撃情報をDeteckerプラットフォームに蓄積・共有することで、同一の攻撃者から全てのDetecker利用企業を守る“面”での防御を可能とする。[4]

コンサルティング事業[編集]

不正対策の全体施策の実現に向けて、企業が所有する既存システムや情報資産と不正検知プラットフォーム「Detecker(ディテッカー)」を組み合わせて、業務の高度化とコスト抑制の両立を目指した施策の立案から業務構築をサポートするコンサルティングを行う。[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]