AFCユース選手権1971

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1971 AFCユース選手権
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 4月24日 - 5月5日
チーム数 16
開催地数(3都市)
大会結果
優勝  イスラエル (5回目)
準優勝  韓国
3位  ビルマ
4位  日本
大会統計
試合数 31試合
ゴール数 75点
(1試合平均 2.42点)
1970
1972

AFCユース選手権1971は、1971年日本で開催された第13回目のAFCユース選手権(現・AFC U-19選手権)である。4月15日から5月2日にかけて開催され、ビルマ代表が7回目の優勝を果たした。

試合は東京の国立競技場駒沢競技場埼玉大宮サッカー場、横浜の三ツ沢球技場の4会場で行われた[1]

参加チーム[編集]

この大会に参加したのは以下のチームである:

グループステージ[編集]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 ビルマ 3 2 1 0 13 1 +12 5
 インド 3 2 1 0 5 2 +3 5
 フィリピン 3 1 0 2 1 9 –8 2
 ネパール 3 0 0 3 1 8 –7 0

4月25日
インド  2–0  フィリピン

4月25日
ビルマ  5–0  ネパール

4月27日
フィリピン  0–7  ビルマ

4月27日
インド  2–1  ネパール

4月29日
ネパール  0–1  フィリピン

4月29日
ビルマ  1–1  インド

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 日本 3 3 0 0 10 0 +10 6
 マレーシア 3 2 0 1 3 5 –2 4
 台湾 3 1 0 2 3 6 –3 2
 シンガポール 3 0 0 3 1 6 –5 0

4月24日
15:30
日本  3 – 0  台湾
江野口武士 19分にゴール 19分
永井良和 39分にゴール 39分51分
[2]
国立競技場東京
主審: スク・チン・ドウ (韓国)

4月25日
マレーシア  1–0  シンガポール

4月27日
台湾  1–2  マレーシア

4月27日
15:30
日本  3–0  シンガポール
江野口武士 2分にゴール 2分
奥寺康彦 44分にゴール 44分
佐藤暁 50分にゴール 50分
[2]
大宮サッカー場大宮
主審: リー・カン・チ (香港)

4月29日
シンガポール  1–2  台湾

4月29日
15:30
マレーシア  0–4  日本
[2] 高見直義 27分にゴール 27分
奥寺康彦 42分にゴール 42分
永井良和 63分にゴール 63分
高田一美 75分にゴール 75分
三ツ沢球技場横浜
主審: ショーシャニ (イスラエル)

グループC[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 イスラエル 3 2 1 0 8 1 +7 5
 韓国 3 2 1 0 7 3 +4 5
 南ベトナム 3 1 0 2 2 8 –6 2
 香港 3 0 0 3 1 6 –5 0

4月25日
イスラエル  2–0  香港

4月25日
韓国  3–1  南ベトナム

4月27日
イスラエル  5–0  南ベトナム

4月27日
香港  1–3  韓国

4月29日
南ベトナム  1–0  香港

4月29日
韓国  1–1  イスラエル

グループD[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 イラン 3 2 1 0 6 0 +6 5
 クウェート 3 2 1 0 2 0 +2 5
 インドネシア 3 0 1 2 1 4 –3 1
 タイ 3 0 1 2 1 6 –5 1

4月25日
タイ  0–4  イラン

4月25日
インドネシア  0–1  クウェート

4月27日
イラン  0–0  クウェート

4月27日
インドネシア  1–1  タイ

4月29日
タイ  0–1  クウェート

4月29日
インドネシア  0–2  イラン

準々決勝[編集]

1971年5月1日 (1971-05-01)
ビルマ  1 – 0  マレーシア

1971年5月1日 (1971-05-01)
15:34
日本  3 – 0  インド
永井良和 9分にゴール 9分
高田一美 31分にゴール 31分
江野口武士 48分にゴール 48分
[2]
大宮サッカー場大宮
主審: 趙騰雲 (台湾)

1971年5月1日 (1971-05-01)
イスラエル  不戦勝
クウェートが棄権 2 - 0
 クウェート

1971年5月1日 (1971-05-01)
イラン  1 – 1
(4-5 pen.)
 韓国

準決勝[編集]

1971年5月3日 (1971-05-03)
イスラエル  1 – 0  ビルマ

1971年5月3日 (1971-05-03)
日本  0 – 0
(5-6 pen.)
 韓国
[2]
国立競技場東京
主審: マニット・スリダラノップ (タイ)

3位決定戦[編集]

1971年5月5日 (1971-05-05)
ビルマ  2 – 0  日本
[2]
国立競技場東京
主審: スク・チン・ドウ (韓国)

決勝[編集]

1971年5月5日 (1971-05-05)
イスラエル  1 – 0  韓国
 1971 AFCユース選手権 

イスラエル
5回目

出典[編集]

  1. ^ 国吉好弘『日本サッカーユース代表の誇り-アンダーを紐解く』ベースボールマガジン社、2013年、60-63頁。ISBN 978-4583106113。
  2. ^ a b c d e f 『日本代表公式記録集2008』日本サッカー協会、2008年、278-279頁。

参考文献[編集]