AFCユース選手権1990

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1990 AFCユース選手権
大会概要
開催国 インドネシアの旗 インドネシア
日程 11月3日 – 12月15日
チーム数 (1連盟)
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝  韓国 (7回目)
準優勝  北朝鮮
3位  シリア
4位  カタール
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 40点
(1試合平均 2.5点)
1988
1992

AFCユース選手権1990は、1990年インドネシアジャカルタで開催された第26回目のAFCユース選手権(現・AFC U-19選手権)である。11月3日から12月15日にかけて開催され、韓国代表が7回目の優勝を果たした[1]

参加チーム[編集]

予選は7つのグループに分けて行われ、各グループの1位に開催国のインドネシアを加えた8チームが本大会に参加した。

  •  バーレーン
  •  カタール
  •  シリア
  •  インド

グループステージ[編集]

グループA[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 カタール 3 3 0 0 5 1 +4 6
 北朝鮮 3 2 0 1 9 3 +6 4
 インド 3 1 0 2 3 7 −4 2
 インドネシア 3 0 0 3 3 9 −6 0

1990年11月3日 (1990-11-03)
インド  1–4  北朝鮮

1990年11月3日 (1990-11-03)
インドネシア  1–2  カタール

1990年11月6日 (1990-11-06)
北朝鮮  5–1  インドネシア

1990年11月6日 (1990-11-06)
カタール  2–0  インド

1990年11月9日 (1990-11-09)
インド  2–1  インドネシア

1990年11月9日 (1990-11-09)
北朝鮮  0–1  カタール

グループB[編集]

チーム 試合 得点 失点 勝点
 シリア 3 1 2 0 7 3 +4 4
 韓国 3 1 2 0 2 1 +1 4
 日本 3 1 1 1 5 4 +1 3
 バーレーン 3 0 1 2 1 7 −6 1

1990年11月4日 (1990-11-04)
バーレーン  0–4  シリア

1990年11月4日 (1990-11-04)
韓国  1–0  日本
90+分にゴール 90+分 [2][3]

1990年11月7日 (1990-11-07)
日本  3–1  バーレーン
深川友貴 13分にゴール 13分
名波浩 15分にゴール 15分
京谷和幸 71分にゴール 71分
[2][3] ゴール

1990年11月7日 (1990-11-07)
シリア  1–1  韓国

1990年11月10日 (1990-11-10)
日本  2–2  シリア
山口敏弘 48分にゴール 48分55分 [2][3] ゴール
64分にゴール 64分

1990年11月10日 (1990-11-10)
韓国  0–0  バーレーン

ノックアウトステージ[編集]

準決勝 決勝
           
   
  カタール 0
  韓国 1  
 
  韓国 (pen) 0 (4)
    北朝鮮 0 (3)
 
3位決定戦
  シリア 1   シリア 1
  北朝鮮 2     カタール 0

準決勝[編集]

1990年11月12日 (1990-11-12)
カタール  0–1  韓国

1990年11月12日 (1990-11-12)
シリア  1–2  北朝鮮

3位決定戦[編集]

1990年11月14日 (1990-11-14)
 シリア 1–0 カタール 

決勝[編集]

1990年11月15日 (1990-11-15)
韓国  0–0  北朝鮮
  PK戦  
4–3

優勝[編集]

 AFCユース選手権 1990 優勝 

韓国
7回目

出典[編集]

  1. ^ a b Technical Report Portugal '91
  2. ^ a b c 『日本代表公式記録集2008』日本サッカー協会、2008年、292-293頁。
  3. ^ a b c 国吉好弘 『日本サッカーユース代表の誇り-アンダーを紐解く』 ベースボールマガジン社2013年、120-123頁。ISBN 978-4583106113。

参考文献[編集]