AFC U-19女子選手権2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFC U-19女子選手権2015
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2015年8月18日 - 29日
チーム数 (1連盟)
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝  日本 (4回目)
準優勝  北朝鮮
3位  韓国
4位  中国
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 73点
(1試合平均 4.56点)
総入場者数 4,675人
(1試合平均 292人)
得点王 朝鮮民主主義人民共和国の旗 リ・ウンシム(6点)
最優秀選手 日本の旗 小林里歌子
 < 20132017

AFC U-19女子選手権2015: AFC U-19 Women's Championship 2015)は、2015年8月18日から8月29日にかけて、中国南京で開催された第8回目のAFC U-19女子選手権である[1]。日本が2大会ぶり4回目の優勝を果たした。この大会は2016 FIFA U-20女子ワールドカップのアジア予選を兼ねており、本大会の上位3チームに出場権が与えられた[2]

出場資格[編集]

各チームの登録人数は23人(うち、ゴールキーパーは3人まで)。年齢制限は、誕生日が1996年1月1日以降の選手[3]

予選大会[編集]

本大会[編集]

出場国[編集]

出場国 出場条件 出場決定日
 韓国 前回大会 優勝 2014年6月17日[4]
 北朝鮮 前回大会 2位 2014年6月17日
 中国 前回大会 3位 2014年6月17日
 日本 前回大会 4位 2014年6月17日
 ウズベキスタン 予選グループA1位 2014年11月9日 
 オーストラリア 予選グループC1位 2014年11月9日  
 タイ 予選グループD1位 2014年11月9日 
 イラン 予選グループB1位 2014年11月11日 

グループリーグ[編集]

2015年5月13日にグループリーグの組み合わせが行われた。また開催都市は南京で行われることもあわせて発表された[5]

日時は全て現地時間(UTC+8:00)。

グループ A[編集]

チーム
1  日本 3 3 0 0 11 2 +9 9
2  中国 3 2 0 1 13 4 +9 6
3  オーストラリア 3 1 0 2 3 4 −1 3
4  ウズベキスタン 3 0 0 3 0 17 −17 0


中国  9 - 0  ウズベキスタン
石天倫 14分にゴール 14分 (PK)
肖逾億 20分にゴール 20分41分58分
閆津津 31分にゴール 31分32分51分
張朱 66分にゴール 66分
(トジドイノワ) 79分にゴール 79分 (OG)
レポート
江寧体育中心南京
観客数: 500人
主審: ベトナムの旗 マイ・ホアン・トラン

日本  2 - 0  オーストラリア
小林里歌子 10分にゴール 10分28分 レポート
江蘇トレーニングベーススタジアム(南京
観客数: 200人
主審: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李香玉


ウズベキスタン  0 - 6  日本
レポート 園田瑞貴 5分にゴール 5分77分
清家貴子 25分にゴール 25分35分47分
長谷川唯 36分にゴール 36分
江蘇トレーニングベーススタジアム(南京
観客数: 100人
主審: インドの旗 マリア・レベロ

オーストラリア  1 - 2  中国
ハリソン 67分にゴール 67分 レポート 秦慢慢 38分にゴール 38分
劉ヤン 55分にゴール 55分
江寧体育中心南京
観客数: 450人
主審: マレーシアの旗 リタ・ガニ


中国  2 - 3  日本
石天倫 71分にゴール 71分 (PK)
潘佳慧 83分にゴール 83分
レポート 小林里歌子 21分にゴール 21分
西田明華 64分にゴール 64分
北川ひかる 74分にゴール 74分
江寧体育中心南京
観客数: 600人
主審: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李香玉

オーストラリア  2 - 0  ウズベキスタン
カービィ 36分にゴール 36分
オブライエン 90+3分にゴール 90+3分
レポート
江蘇トレーニングベーススタジアム(南京
観客数: 100人
主審: インドの旗 マリア・レベロ


グループ B[編集]

チーム
1  北朝鮮 3 3 0 0 15 0 +15 9
2  韓国 3 2 0 1 16 1 +15 6
3  タイ 3 1 0 2 7 9 −2 3
4  イラン 3 0 0 3 1 29 −28 0


韓国  13 - 0  イラン
ファン・ヒョンソ 11分にゴール 11分24分
チェ・ジョンヒ 15分にゴール 15分36分
ナムグン・イエジ 37分にゴール 37分59分
ソン・ファヨン 52分にゴール 52分78分
ウィ・チェウン 60分にゴール 60分72分81分
パク・イェウン 65分にゴール 65分
ソン・チユン 90分にゴール 90分
レポート
江蘇トレーニングベーススタジアム(南京
観客数: 150人
主審: 日本の旗 山岸佐知子

北朝鮮  5 - 0  タイ
ジョン・ソヨン 38分にゴール 38分
リ・キョンヒャン 47分にゴール 47分
リ・ウンシム 63分にゴール 63分66分88分
レポート
江寧体育中心南京
観客数: 400人
主審: 中華人民共和国の旗 秦亮


イラン  0 - 9  北朝鮮
レポート リ・ウンシム 27分にゴール 27分63分
ジョン・ソヨン 33分にゴール 33分
ウィ・ジョンシム 36分にゴール 36分
キム・フォンファ 39分にゴール 39分
リ・キョンヒャン 48分にゴール 48分
リ・ヒチョン 86分にゴール 86分
キム・ソヒャン 88分にゴール 88分
チェ・ウンファ 90+4分にゴール 90+4分
江寧体育中心南京
観客数: 300人
主審: ベトナムの旗 マイ・ホアン・トラン

タイ  0 - 3  韓国
レポート チャン・チェン 52分にゴール 52分71分
ナムグン・イエジ 75分にゴール 75分 (PK)
江蘇トレーニングベーススタジアム(南京
観客数: 150人
主審: オーストラリアの旗 キャサリン・ジェスヴィッチ


韓国  0 - 1  北朝鮮
レポート リ・ヒャンシム 62分にゴール 62分
江寧体育中心南京
観客数: 100人
主審: マレーシアの旗 リタ・ガニ

タイ  7 - 1  イラン
サオワラック 3分にゴール 3分11分53分68分
ジェンジラー 81分にゴール 81分84分89分
レポート ゾーラビニア 59分にゴール 59分
江蘇トレーニングベーススタジアム(南京
観客数: 75人
主審: 中華人民共和国の旗 秦亮


決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
8月26日    
  日本 1
  韓国 0  
  8月29日
  日本 (PK) 0 (4)
    北朝鮮 0 (2)
 
3位決定戦
8月26日 8月29日
  北朝鮮 2   韓国 4
  中国 0     中国 0

準決勝[編集]


日本  1 - 0  韓国
小林里歌子 82分にゴール 82分 レポート
江寧体育中心南京
観客数: 200人
主審: オーストラリアの旗 キャサリン・ジェスヴィッチ

北朝鮮  2 - 0  中国
リ・ウンシム 29分にゴール 29分
リ・キョンヒャン 61分にゴール 61分
レポート
江寧体育中心南京
観客数: 500人
主審: マレーシアの旗 リタ・ガニ

3位決定戦[編集]


韓国  4 - 0  中国
(王英) 50分にゴール 50分 (OG)
ソン・ファヨン 59分にゴール 59分67分
チャン・チェン 69分にゴール 69分
レポート
江寧体育中心南京
観客数: 350人
主審: 日本の旗 山岸佐知子

決勝[編集]


日本  0 - 0
(延長)
 北朝鮮
レポート
  PK戦  
西田明華 成功
小林里歌子 成功
北川ひかる 成功
三浦成美 成功
4 - 2 成功 ジョン・ソヨン
成功 リ・ウンシム
ミス ジョ・リョンファ
ミス ウィ・ジョンシム
江寧体育中心南京
観客数: 500人
主審: 中華人民共和国の旗 秦亮

優勝国[編集]

 AFC U-19女子選手権2015優勝国 

日本
2大会ぶり4回目

表彰[編集]

大会最優秀選手 得点王 フェアプレー賞
日本の旗 小林里歌子 [6] 朝鮮民主主義人民共和国の旗 リ・ウンシム(6得点)[6]  日本[6]

2016 FIFA U-20女子ワールドカップ出場国[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]