AG-600 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

AG-600

AG-600 2014年の中国国際航空宇宙博覧会で展示された機体

AG-600
2014年の中国国際航空宇宙博覧会で展示された機体

AG-600は、中華人民共和国中国航空工業集団傘下の中航通用飛機が開発した多用途飛行艇である。愛称は「鯤竜」(こんりゅう、簡体字: 鲲龙[注 1]

なお、AG-600は「水陸両用機」であり、本格的なランディング・ギアを装備している。

概要[編集]

2008年北京で開かれた『中国航空工業成果展覧会』において、『2009年度からの研究項目』との出展名で展示されたパネルにて発表された機体で、1970年代中盤に開発されて中国海軍で運用されている水轟五型(SH-5)多用途飛行艇の後継として開発されている大型飛行艇である。

海洋における救難以外にも、改造により空中消火、海洋調査などへの対応も可能[2]

救難機としては最大で12時間の滞空、航続距離は4,500km[3]、2m以上の波に対応した着水能力を有し、最大50名を収容可能である[2]。また屋外治療設備等の大型救急機材の搭載も可能とされる。

空中消火機としての能力は、水上を滑走しながら20秒以内に12トンの水を機内のタンクに給水可能[2]

機体部品の95%を国産でまかなうとされる[3]がエンジンはイーウチェンコ設計局ライセンス生産である。

開発状況[編集]

2009年1月には、中国の大手銀行10行が、中国航空工業集団公司に対して今後10年間で合計1,760億人民元の融資を行うと発表しており、JL-600の開発はこの融資を受けて開始される新型航空機開発計画の最初の一つとなる予定で、2009年2月に中国航空工業集団公司が発表したところによれば、珠海市に新たに建設される航空機の設計・組立工場において、総額30億人民元を投じ、4年内にJL-600の初飛行を実現させる計画である。同年9月5日には珠海市において中国航空工業集団公司よりJL-600の開発計画の開始が正式に発表された。この発表会ではJL-600は大型の消火/救助用水陸両用航空機とされ、最大離水重量60t級の機体であり、世界最大の水陸両用航空機となるとの解説がなされた機体の完成予想模型が展示されていた。

2011年には2015年に初飛行予定と発表され、同時に「最大離陸・離水重量53,500kg、実用航続距離5,000km」とのスペックが公表された[4]

2014年7月には設計作業が完了してプロトタイプの製作が開始され、2015年後半の初飛行を目指していると発表された[5]

2015年7月17日にはプロトタイプの最終組み立てが開始し、2015年年末の前に終了され、2016年前半に初飛行予定と発表された[6]

2016年7月23日、中国広東省の珠海市AVIC工場内にて飛行試験(プロトタイプ)機が約7年の制作期間を経て完成公開された[7]。同年12月30日、初号機が試験飛行センターに引渡された[8]

2017年12月24日、陸上での初飛行に成功[9]中国中央電視台で生中継が行われた。

2018年8月30日、珠海金湾空港から離陸し、湖南省などの空域を経由して湖北省荊門市の荊門漳河空港までの飛行に成功し、水上でのテストに移行すると発表した[10]。同年10月20日、荊門漳河空港で水上での試験飛行に成功した[11]

2020年7月26日、海上での初飛行に成功[12]

配備・運用[編集]

AG-600は公安部が洋上哨戒と漁業監視に、交通部が海上救難に、林業部が消防任務にそれぞれ導入する計画を進めており、海軍も老朽化の進むSH-5の後継として海上救難型の導入を計画しているとされている。航続距離は当初の発表よりも減少した4,500kmとなったが、南シナ海で中国が開発を進める全ての人工島へアクセス可能であり[13]、人員や物資の輸送に活用されることが示唆されている。[14]

2015年4月には既に17機を受注したと発表された[15]

この他にも海洋での環境調査や保護活動に活用されると報道されている[3]

輸出[編集]

開発当初から海外への輸出を想定しており、売り込みが図られている。

マレーシアニュージーランドなど多くの島を持つ国が関心を表明している[16]

仕様[編集]

出典: AerospaceTechnology.com, Popular Science, Flight Global, Guo and militaryfactory.com[17][18][19][20][21]

諸元

性能

  • 最大速度: 570km/h
  • 航続距離: (4,500km)
  • 実用上昇限度: 10,500m
  • 離陸滑走距離: 1,500m(水上)/1,800m(陸上)
  • 運用可能最大波高:2.8m


テンプレートを表示
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

注釈[編集]

  1. ^ 「空に羽ばたくこと鯤鵬(こんほう)のごとく、海に潜ること蛟竜のごとし」という意味が込められている。鯤鵬とは、「荘子」に登場する想像上の大きな生き物で、鯤は大魚、鵬は大鳥を指す。[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 開発進む中国の水陸両用機「AG600」 日本のUS-2超え世界最大、東方新報、2020年8月1日
  2. ^ a b c “中国の水陸両用の神器、AG600が初飛行へ”. SciencePortal China. (2017年3月15日). オリジナルの2018年7月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/22Sry 
  3. ^ a b c “中国 水陸両用機を独自開発か 試験飛行を生中継”. NHKニュース. (2017年12月24日). https://web.archive.org/web/20171224143349/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171224/k10011270081000.html 
  4. ^ 新華網 (2011年7月27日). “全球最大水陆两栖飞机在珠海试制” (中国語). 2014年7月28日閲覧。
  5. ^ World China Times (2014年7月28日). “World's largest amphibious aircraft starts production in China” (英語). 2014年7月29日閲覧。
  6. ^ 国产AG600大型水陆两栖飞机开始总装 明年首飞” (中国語). 中華網 (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  7. ^ “中国、世界最大の水陸両用機を製造”. AFP BB NEWS. (2016年7月24日). http://www.afpbb.com/articles/-/3095075 
  8. ^ “国产大型水陆两栖飞机AG600交付试飞中心” (中国語). 中華網. (2017年1月6日). https://military.china.com/important/11132797/20170106/30147479.html 
  9. ^ “国产大型两栖飞机AG600陆上首飞成功” (中国語). 観察者網. (2017年12月24日). http://www.guancha.cn/industry-science/2017_12_24_440360.shtml 
  10. ^ “中国製造の水陸両用機、水上飛行テストへ”. AFP BB NEWS. (2018年8月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3187729 
  11. ^ “国产大型水陆两栖飞机AG600水上首飞成功” (中国語). 中国新聞網. (2018年10月20日). http://www.chinanews.com/gn/2018/10-20/8655110.shtml 
  12. ^ “国产大型水陆两栖飞机“鲲龙”AG600海上首飞成功” (中国語). 観察者網. (2020年7月26日). https://www.guancha.cn/politics/2020_07_26_558982.shtml 
  13. ^ “世界最大の水陸両用機が初飛行”. AFPBB. (2017年12月24日). http://www.afpbb.com/articles/-/3156527 
  14. ^ “中国、世界最大の水陸両用機を開発…南シナ海配備の可能性”. 中央日報. (2018年9月10日). https://japanese.joins.com/article/957/244957.html 
  15. ^ “我蛟龙600水陆两栖飞机明年首飞 或可用于南海维权” (中国語). 人民網. (2015年4月28日). http://www.mod.gov.cn/pic/2015-04/28/content_4582325.htm 
  16. ^ “China starts assembly of world's largest amphibious aircraft” (英語). 人民網. (2015年7月20日). http://en.people.cn/n/2015/0720/c98649-8922872.html 
  17. ^ “World’s largest amphibious aircraft goes into production”. AerospaceTechnology.com. (2014年7月28日). http://www.aerospace-technology.com/news/newsworlds-largest-amphibious-aircraft-goes-production-4328012 2014年7月29日閲覧。 
  18. ^ Lin, Jeffrey; Singer, P.W. (2014年7月29日). “China is Building the World's Largest Sea Plane”. Popular Science. http://www.popsci.com/blog-network/eastern-arsenal/china-building-worlds-largest-sea-plane 2014年7月29日閲覧。 
  19. ^ China TA-600 amphibian eyes first flight in 2015 - 8/5/2014”. Flight Global. 2014年8月21日閲覧。
  20. ^ AVIC TA-600 / AG-600 - Flying Boat / Maritime Patrol / Search and Rescue - History, Specs and Pictures - Military Aircraft”. militaryfactory.com. 2015年3月26日閲覧。
  21. ^ AG600机头交付 我国成当今世界最大水上飞机制造国” (Chinese). 光明网. 2015年3月18日閲覧。

関連項目[編集]