AK-230

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AK-230
AK230 Fala.jpg
種類 艦載機関砲
原開発国 ロシアの旗 ロシア
運用史
配備期間 1969年-現在
配備先 運用国・機関参照
開発史
開発期間 1950年代-
諸元
重量 1,857-1,905kg(砲塔
156kg(砲身
銃身 2.140m

砲弾 30x210mmB
銃砲身 2連装
作動方式 リヴォルヴァーカノン
仰角 -12度~+87度
(俯仰速度:50度/秒)
旋回角 +180度~-180度
(旋回速度:35度/秒)
発射速度 2,000発/分(システム全体)
最大射程 6,700m
テンプレートを表示

AK-230は、ソビエト連邦艦載機関砲システム。30mm口径リヴォルヴァーカノン遠隔操作の連装砲塔に搭載した全自動システムであり、主要用途は航空機に対する対空防御である。密閉された自動操作の銃座に搭載され、レーダーにより管制される。AK-230は大型艦から小型艇まで多くの艦艇に搭載され、約1,450基がソ連で生産された。中国でもコピーされ、およそ300基が69式の名称で生産された。1970年代以降は、改良型とも言えるAK-630へ生産が移行している。レーダーこそ搭載していないが、東側諸国での所謂CIWS的役割を果たしている。

開発[編集]

AK-230の開発は1950年代に始められ、最初の試作品オーサ型ミサイル艇シェルシェン型魚雷艇に搭載された。AK-230は1969年より正式に運用が開始された。

概要[編集]

AK-230は、スタビライズされた2門の水冷式で4つの薬室を持つリボルバー式30mm機関砲NN-30から構成されている。機関砲はリベット留めされた砲塔内に設置されている。機関砲は、それぞれ155kgの重さがあり、砲身長は1,930mm、全長2,670mmある。砲は毎分1,000発の発射速度があり、弾薬は500発毎に独立しているベルト給弾により供給される。

最大射程は約6.7kmあるが、航空目標に対する有効射程は2.5キロから4キロの間と伝えられている。

通常遠隔操作され、ドラム・ティルトまたはマフ・コブ火器管制レーダーシステムと連接している。

弾薬[編集]

AK-230用に電気着火式の30mm砲弾30x210mmBが開発された。 着発信管、および徹甲弾が開発された。中国の69式は国産の榴弾のみ運用している。弾薬ルーマニアおよびセルビアにおいても生産された。

種類 HE AP-T
Designation OF-83D BR-83
重量
Round 1.13kg 1.12kg
Projectile 0.27kg 0.35kg
Explosive content 30g of
A-IX-2
-
初速 1,050m/s

派生型[編集]

AK-230 A type
艦載型で、電源は直流220ボルト。
AK-230 B type
艦載型で、電源は交流380ボルト。
AK-230M
掃海艇向けに弾倉容量を縮小した型で、電源は交流380ボルト。
69式
中国にてコピー生産された型。総重量3,600kg。薬莢砲塔外部に排出し、運動速度は50°/秒。

運用国及び機関[編集]

現在運用中および過去に運用した国および機関の一覧

ポーランド海軍「ウォドニク」(ORP Wodnik)搭載のAK-230後部


要目[編集]

  • 口径:30mm
  • 旋回範囲:+180度から-180度
  • 旋回速度:35度/秒
  • 仰俯角範囲:-12度から+87度
  • 仰俯角速度:50度/秒
  • 砲塔重量:1,857-1,905kg
  • 発射速度:毎分1,000発以上(1門あたり)、毎分2,000発(システム)
  • 砲身重量:156kg
  • 砲身長:2.140m
  • ボア長:1.897m
  • ライフリング長:1.805m
  • グローブ:12
  • チェンバー面積:13.49in3(0.221dm3)

出典[編集]