AKBがいっぱい〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AKBがいっぱい
〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜
AKB48ミュージック・ビデオ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル AKS
プロデュース 秋元康
AKB48 年表
逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜
(2010年)
AKBがいっぱい〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜
(2011年)
ミリオンがいっぱい〜AKB48ミュージックビデオ集〜
(2013年)
テンプレートを表示

AKBがいっぱい~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~』(エーケービーがいっぱい~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~)は、AKB48の2作目のミュージック・ビデオ集。DVDBlu-ray3枚組。2011年6月24日発売。発売元はAKS

概要[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類があり、それぞれDVDBlu-rayの2タイプがある[1]

2008年10月発売のキングレコード移籍第1弾の10thシングル「大声ダイヤモンド」から、2011年2月発売の20thシングル「桜の木になろう」までのシングルのミュージック・ビデオ (MV) を網羅している[1]。配信限定の9thシングル「Baby! Baby! Baby!」のMVも収録されている[1]。さらに特別収録として、派生ユニットのチームドラゴン from AKB48によるフジテレビ系アニメ『ドラゴンボール改』のエンディング・テーマコロムビアミュージックエンタテインメントからリリースされた「心の羽根」とアルバム『SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤』収録の「あなたがいてくれたから」2曲のMVも収録されている[1]。また、発売直前に内容が過激との理由でシングルに収録されなかった2010年10月発売の18thシングル「Beginner」のオリジナル・バージョンのMVが初収録されている。

全36曲の映像がディスク3枚、約325分にわたり収められている[1]

AKB48のメンバーによるコメンタリーもディスク3枚の中に収録されている。1曲ごとに曲前にビデオ撮影当時を振り返るなどメンバー数名によるトークが収録されているが、コメンタリーを見るためには、All Play再生が必要である。1曲目「Baby! Baby! Baby!」スタート前のコメントと全曲終了後の統括コメントは、前田敦子高橋みなみ板野友美渡辺麻友の同じ4名が担当している。

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. Baby! Baby! Baby!
  2. 大声ダイヤモンド
  3. 10年桜
  4. 涙サプライズ!
  5. 言い訳Maybe
  6. 飛べないアゲハチョウ
  7. RIVER
  8. 君のことが好きだから
  9. ひこうき雲
  10. 桜の栞
  11. マジスカロックンロール
  12. 遠距離ポスター
  13. Choose me!

Disc 2[編集]

  1. ポニーテールとシュシュ
  2. 盗まれた唇
  3. 僕のYELL
  4. マジジョテッペンブルース
  5. ヘビーローテーション
  6. 涙のシーソーゲーム
  7. 野菜シスターズ
  8. ラッキーセブン
  9. Beginner<ORIGINAL VER.>
  10. 僕だけのvalue
  11. 君について
  12. 泣ける場所

Disc 3[編集]

  1. チャンスの順番
  2. 予約したクリスマス
  3. 胡桃とダイアローグ
  4. ALIVE
  5. ラブ・ジャンプ
  6. 桜の木になろう<完全版>
  7. 偶然の十字路
  8. キスまで100マイル
  9. エリアK
  10. 心の羽根
  11. あなたがいてくれたから

仕様[編集]

初回限定盤

4面デジパック、3方背BOX仕様、封入写真集 (56P) 、メンバー生写真3種類(パッケージBOX表面の9名からランダム封入)、歌詞ブックレット (20P)

パッケージBOXは、薄い水色の背景に横長に表裏9名ずつ各々違う女子高生の制服姿で横1列に並んでいる。封入写真集には、下記の18名の写真が2ページずつ掲載されている。

通常盤

3ディスクトールケース、歌詞ブックレット (20P)、パッケージBOXは、同じく薄い水色の背景に1面で縦に表裏面メンバーが上下2段に配置され、初回限定盤よりも画像サイズが小さい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “300分超のPV集DVD&Blu-ray「AKBがいっぱい」6月発売”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年5月26日). https://natalie.mu/music/news/50134 2018年8月23日閲覧。