AKB48のコンセプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

AKB48のコンセプト(エーケービー フォーティーエイトのコンセプト)は、公式な活動方針である「会いに行けるアイドル」である[1]AKB48のオーディションで「クラスで1番ではない子を集めた」とする俗説があり、これをAKB48のコンセプトであると捉える者がいる[2]。「AKB48#活動方針」を参照。

概要[編集]

AKB48のオーディションにおいては歌唱力やビジュアルよりも、まず秋元康や審査員の「絶対入れたい」との推薦が優先されている[2][3]

クラスで何番目なのか諸説ある[2][3][4][5]やしきたかじん2013年3月23日放送の『たかじんNOマネー GOLD』で「1つのコンセプトが、クラスで10番目くらいの可愛い子を集めるっていうけど、1人1人見たら10番目じゃなくて28番目ぐらい」とコメントし、眞鍋かをりも「ビリぐらいですねそれ」とコメントするなど、これに対しては賛否両論になったことがある[6]

秋元康からの見解[編集]

秋元康は2015年2月20日付『アナザースカイ』において司会である今田耕司からの問いかけに対し、「そんなことは言っていない。いつの間にか都市伝説のように。全力で可愛い子を集めたつもり」と否定したが、その一方で「自分の1番目は誰かの3番目かもしれない」と、あくまで主観に過ぎない「可愛い」は人によって変わることもあると持論を展開している[2]

関連作品での言及[編集]

AKB48に関する作品では、このコンセプトへの言及を思わせる作品も見受けられる。

AKB49〜恋愛禁止条例〜
関連する漫画作品の1つである『AKB49〜恋愛禁止条例〜』では主人公である男子高校生・浦山実がAKB48のグラビアを見て「ブスばっかじゃん」と発言するシーンがある[7]。最終回においてもコンビニ店員がAKB48のグラビアを見て「ブスばっかじゃん」と発言するシーンがある[8]。同級生で女子高校生である吉永寛子はAKB48のオーディションを受けて運動も歌も苦手ながら辛うじて合格するシーンがある。同時に浦山実が女装し、浦川みのり名義でオーディションを受けるがこちらも吉永とともに合格している[7]
AKB48 4コマ相関図 さしこ+
週刊プレイボーイ』で連載している4コマ漫画・『AKB48 4コマ相関図 さしこ+(現・SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+)』において第2回AKB48グループドラフト会議で指原莉乃が村川緋杏をHKT48へ指名すると同時に兒玉遥の計らいで3kg痩せることを条件に加入し、村川が「5kg痩せます」と公約するエピソードがある。

一部世評[編集]

世界で最も美しい顔100人では、AKB48グループメンバーの島崎遥香が2013年に56位、2014年に50位、2015年に74位、2016年に92位とランクインしている。

文化放送のラジオ番組『レコメン!』がリスナー投票企画として毎年実施して第6回となる「女性アイドル顔だけ総選挙2018」において、乃木坂46メンバーが上位5位を占め、AKB48グループメンバーは6位のNMB48太田夢莉を筆頭に20位以内に4人ランクインしており、AKB48からは横山由依が8位にランクインするに留まっている[9]。なお、投票企画が実施された時点において3位の堀未央奈 (乃木坂46) は『レコメン!』の水曜日メインパーソナリティをしており、9位の菅井友香欅坂46)は『レコメン!』の月曜日メインパーソナリティをしている。

2017年の第5回の1位は、第6回と同じ乃木坂46の白石麻衣であったが、2位にSKE48松井珠理奈、4位にNMB48の山本彩、5位にAKB48の横山由依、6位に同じくAKB48の渡辺麻友が10位以内にランクインしている[10]。2013年の第1回の1位は当時AKB48だった渡辺麻友、2014年の第2回の1位は同じく当時AKB48だった島崎遥香、2015年の第3回の1位はSKE48の松井珠理奈、2016年の第4回の1位は渡辺麻友であった[9]

脚注[編集]

  1. ^ AKB48オフィシャルブログより。トップページに「『会いにいける』をコンセプトに、秋葉原にてスタートしました。」と記されている。
  2. ^ a b c d 秋元康氏 “俗説”を否定「AKBは全力で可愛い子集めた」 スポニチアネックス 2015年2月21日
  3. ^ a b 秋元康氏がAKB48の“コンセプト”を否定「そんなこと言ってない ライブドアニュース 2015年2月21日
  4. ^ AKB48はクラスで2~3番目くらいに可愛い」 高須幹弥さんの発言にネットで「それって褒め言葉? J-CASTニュース 2014年6月9日
  5. ^ AKB48はそもそも何が画期的だったのか? 第5回じゃんけん大会への疑問 リアルサウンド 2014年8月15日
  6. ^ 「AKBのかわいさはクラスで28番目」 復帰早々のたかじん「爆弾発言」に賛否 - J-CASTニュース 2013年3月25日
  7. ^ a b 講談社少年マガジンコミックス『AKB49〜恋愛禁止条例〜』第1巻 第1話「神様の推しメン」より
  8. ^ 講談社少年マガジンコミックス『AKB49〜恋愛禁止条例〜』第29巻 最終話「AKB49」より
  9. ^ a b 「女性アイドル顔だけ総選挙m2018」乃木坂46がトップ独占 “圧倒的ビジュアルの強さ”が話題に モデルプレス 2018年6月14日
  10. ^ 「女性アイドル顔だけ総選挙」結果発表!AKB48、乃木坂46、欅坂46入り乱れる”. モデルプレス. ネットネイティブ (2017年6月8日). 2018年6月22日閲覧。