AKB48のコンセプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

AKB48のコンセプト(エーケービーフォーティーエイトのコンセプト)は、公式な活動方針である「会いに行けるアイドル」である[1]

俗説[編集]

AKB48のオーディションで「クラスで1番ではない子を集めた」とする俗説があり、これをAKB48のコンセプトであると捉える者がいる[2]。「AKB48#活動方針・目標・ルール」を参照。

秋元康の見解[編集]

総合プロデューサーの秋元康は2015年2月20日付『アナザースカイ』において司会である今田耕司からの問いかけに対し、「そんなことは言っていない。いつの間にか都市伝説のように。全力で可愛い子を集めたつもり」と否定したが、その一方で「自分の1番目は誰かの3番目かもしれない」と、あくまで主観に過ぎない「可愛い」は人によって変わることもあると持論を展開している[2]

関連作品での言及[編集]

AKB48に関する作品では、「クラスで1番ではない子を集めた」とする(非公式な)コンセプトへの言及を思わせる作品も見受けられる。

AKB49〜恋愛禁止条例〜
関連する漫画作品の1つである『AKB49〜恋愛禁止条例〜』では主人公である男子高校生・浦山実がAKB48のグラビアを見て「ブスばっかじゃん」と発言するシーンがある[3]。最終回においてもコンビニ店員がAKB48のグラビアを見て「ブスばっかじゃん」と発言するシーンがある[4]

脚注[編集]

  1. ^ AKB48オフィシャルブログより。トップページに「『会いにいける』をコンセプトに、秋葉原にてスタートしました。」と記されている。
  2. ^ a b 秋元康氏 “俗説”を否定「AKBは全力で可愛い子集めた」 スポニチアネックス 2015年2月21日
  3. ^ 講談社少年マガジンコミックス『AKB49〜恋愛禁止条例〜』第1巻 第1話「神様の推しメン」より
  4. ^ 講談社少年マガジンコミックス『AKB49〜恋愛禁止条例〜』第29巻 最終話「AKB49」より