AKB48のテレビ出演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
AKB48 > AKB48の出演一覧 > AKB48のテレビ出演一覧

AKB48のテレビ出演一覧(エーケービーフォーティーエイトのテレビしゅつえんいちらん)は、日本女性アイドルグループAKB48のテレビへの出演(テレビCMを除く)の一覧記事である。

なお、メンバー個人のテレビ出演については各メンバーの記事を参照。


テレビドラマ[編集]

バラエティ・その他のテレビ番組[編集]

放送中のレギュラー番組

放送中のレギュラー番組(不定期放送)

  • AKB48のナイショ哲学[注 5](2021年3月1日 - 、チバテレ)
  • AKBINGO!NEO(2021年3月30日・7月21日、BS日テレ) - ゲームアプリ「AKB48のどっぽーん!ひとりじめ!」コラボ企画の上位メンバー[28][29][30]

放送が終了したレギュラー番組

NHK総合

NHK教育 → NHK Eテレ

NHK BSプレミアム

  • AKB48 SHOW!(2013年10月5日 - 2019年3月24日)[33][34]
    • AKB48 SHOW! Remix(2017年4月29日 - 2018年4月1日)[35]
    • AKB48 SHOW! REMIX(2018年4月29日 - 2019年2月10日) - 全10回[36]

日本テレビ(系列局制作も含む)

TBS(系列局制作も含む)

フジテレビ(系列局制作も含む)

テレビ朝日

  • 三竹占い(2006年4月 - 9月) - 「しがらみコーナー」で告知を担当。
  • 三竹天狗(2006年10月 - 2007年3月) - 「秋元大天狗からの刺客」としてメンバーから3名が出演。

テレビ東京

独立局

  • 熱血BO-SO TV(2010年4月3日 - 2011年6月18日、千葉テレビ放送) - 主にoffice48所属メンバー・千葉県ゆかりのメンバー
  • ワケありバンジー(2010年 - 2011年〈局により異なるが半年間〉、東名阪ネット6他共同制作)
  • どうする?東京(2015年4月25日 - 2016年3月26日、TOKYO MX) - 「TOKYOジャーニー」コーナーレギュラー

CS

ひかりTV

NOTTV

日本国外

  • BNK48 SENPAI(2017年3月1日 - 3月29日、チャンネル3 SD) - チーム8(小栗・吉田華恋・寺田美咲・倉野尾・下青木香鈴)[76]

特別番組[編集]

NHK

日本テレビ(系列局制作も含む)

フジテレビ(系列局制作も含む)

テレビ朝日

  • 真夏のプレミアム音楽祭〜魅惑のコラボレーション〜(2014年8月16日) - 柏木・川栄・小嶋陽・島崎・高橋み・峯岸・横山由・渡辺麻+SKE48(柴田阿弥須田亜香里・松井珠・松井玲)+NMB48(山本彩・渡辺美優紀)+HKT48(指原・宮脇)+乃木坂46(生駒里奈
  • AKB48 Team 8 テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE 2016 & LoGiRL総集編SP(2016年10月16日、テレ朝チャンネル1) - チーム8[82]

独立局

  • 日光×会津×上州 歴史街道に想いをのせて(2018年3月24日、とちぎテレビ) - チーム8(本田仁・清水麻璃亜・舞木)
  • ジャングルポケット×AKB48チーム8 じゃらん遊び・体験予約 関東イチゴ狩り調査隊(2020年3月21日、チバテレ) - チーム8(清水・吉川・小田)[83]

その他

  • AKB48 Team8が行く!今が旬 北陸絶品AKB丼を作ろう(2015年2月、富山テレビ北陸放送・福井放送) - チーム8(橋本陽菜・北玲名・長久玲奈)

音楽特番[編集]

NHK

年度/放送回 曲目 出演順
2007年(平成19年)/第58回 日本が誇る最先端! スペシャルメドレー[注 17] 17/54
2009年(平成21年)/第60回 2 RIVERサプライズ!紅白Remix[注 18] 03/50
2010年(平成22年)/第61回 3 紅白2010 AKB48神曲SP[注 19] 03/44
2011年(平成23年)/第62回 4 紅白2011 AKB48スペシャルMIX〜がんばろう日本!〜[注 20] 05/50
2012年(平成24年)/第63回 5 AKB48 紅白 2012 SP 〜第2章〜[注 21] 28/50
2013年(平成25年)/第64回 6 紅白2013SP〜AKB48フェスティバル〜[注 22] 41/49
2014年(平成26年)/第65回 7 心のプラカード 44/49
2015年(平成27年)/第66回 8 AKB48 紅白2015 SP 〜10周年記念メドレー〜[注 23] 33/51
2016年(平成28年)/第67回[84] 9 夢の紅白選抜SPメドレー [注 24] 31/46
2017年(平成29年)/第68回[85] 10 視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー [注 25] 36/45
2018年(平成30年)/第69回[86][87] 11 恋するフォーチュンクッキー[注 26][注 27] 23/49
2019年(令和元年)/第70回[90][91] 12 恋するフォーチュンクッキー〜紅白世界選抜SP〜[92][注 28] 11/42
  • 歌でつなごう 〜被災者のみなさんへ〜(NHK総合・NHK BSプレミアム)
    • 震災から1年 "明日へ"コンサート(2012年3月10日)
    • 震災から2年 "明日へ"コンサート(2013年3月9日)
    • 震災から3年 "明日へ"コンサート(2014年3月10日)
    • 震災から4年 "明日へ"コンサート(2015年3月9日)
  • 第4回明石家紅白!(2018年4月30日、NHK総合)[94]
  • ガールズ・グループの祭典 RAGAZZE!〜少女たちよ!〜(2020年3月28日、NHK総合)[95][96]

日本テレビ(系列局制作も含む)

  • ベストヒット歌謡祭読売テレビ
    • ベストヒット歌謡祭2010(2010年11月25日)
    • ベストヒット歌謡祭2011(2011年11月24日)
    • ベストヒット歌謡祭2012(2012年11月22日)
    • ベストヒット歌謡祭2013(2013年11月21日)
    • ベストヒット歌謡祭2014(2014年11月20日)
    • ベストヒット歌謡祭2015(2015年11月19日)
    • ベストヒット歌謡祭2016(2016年11月17日)[97]
    • ベストヒット歌謡祭2017(2017年11月15日)[98]
    • ベストヒット歌謡祭2018(2018年11月15日)[99]
    • ベストヒット歌謡祭2019(2019年11月13日)[100]
  • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2010(2010年12月15日)
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2011(2011年11月30日)
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2012(2012年11月28日)
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2013(2013年11月27日)
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2014(2014年11月26日)
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2015(2015年11月24日)
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2016(2016年11月29日)[101]
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017(2017年11月28日)[102]
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2018(2018年11月28日)[103]
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2019(2019年11月27日)[104]
    • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2020(2020年11月25日)[105]
  • 日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012(2012年3月7日)
  • THE MUSIC DAY
  • 日テレ系音楽の祭典 Premium Music 2021(2021年3月24日、日本テレビ)[113]

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

  • ミュージックステーションスーパーライブ
    • ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ2009(2009年12月25日)
    • ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ2010(2010年12月24日)
    • ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ2011 〜祝!25周年記念スペシャル〜(2011年12月23日)
    • テレビ朝日開局55周年記念 ミュージックステーション スーパーライブ2012(2012年12月21日)
    • テレビ朝日開局55周年記念 ミュージックステーション スーパーライブ2013(2013年12月27日)
    • ミュージックステーション スーパーライブ2014(2014年12月26日)
    • ミュージックステーション スーパーライブ2015(2015年12月25日)
    • ミュージックステーション スーパーライブ2016(2016年12月23日)[164]
    • ミュージックステーション スーパーライブ2017(2017年12月22日)[165]
    • ミュージックステーション スーパーライブ2018(2018年12月21日)[166]
    • テレビ朝日開局60周年記念 ミュージックステーション ウルトラスーパーライブ2019(2019年12月27日)[167]
    • ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2020(2020年12月25日)[168]
  • ミュージックステーションウルトラFES
    • 30年目突入! 史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES(2015年9月23日)
    • 30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016(2016年9月19日)[169]
    • ミュージックステーション ウルトラFES 2017(2017年9月18日)[170]
    • MUSIC STATION ウルトラFES 2018(2018年9月17日)[171]

テレビ東京

ドキュメンタリー[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本テレビは第1・2話の地上波プレミア放送のみ。第3話以降は、8月25日からHuluが独占配信。[2]
  2. ^ a b ビデオパス KDDIが運営するauの契約者向けの動画配信サービス。
  3. ^ 2016年4月までAKB48メンバー。
  4. ^ フジテレビNEXTsmartでも同時配信。AKB48の鈴木くるみ、田口愛佳、千葉恵里、西川怜、前田彩佳、矢作萌夏、久保怜音、山内瑞葵、佐藤美波、岡田梨奈が「絶対的10人」としてレギュラー出演。そのうち選出された3名が回替わりで出演するほか、他のAKB48メンバー(面接官)、他のAKB48グループも毎回出演する[24]
  5. ^ 当初の番組名は「AKB48 Team8のナイショ哲学」。2021年4月20日放送回から改題
  6. ^ 出演メンバーについては、「Rの法則#R'sメンバー(アールズ)」参照。
  7. ^ 2014年4月2日に初回が先行放送された[31]
  8. ^ 2014年度制作分が2015 - 2018年度においても再使用され、放送された[32]
  9. ^ 2012年9月19日で一旦放送休止となったが、2012年11月13日から放送が再開された。
  10. ^ 番組表には『週刊AKB増刊号』となっているが、タイトルは『別冊週刊AKB』となっている。
  11. ^ 最終回の完全生放送はMnetとスカチャン1のみ[66]
  12. ^ 放送時までにAKB48が『ポップジャム』・『NHK紅白歌合戦』・『MUSIC JAPAN』に出演した全23回分の映像をNHKホームページでのリクエスト結果によるカウントダウン形式で紹介+全シングルのMV+同年8月2日に新たに収録した「僕の太陽」を放送。[78]
  13. ^ 放送時までにAKB48が『MUSIC JAPAN』『NHK紅白歌合戦』に出演した「会いたかった」から「フライングゲット」までのほぼ全て放送の映像をNHKホームページでのリクエスト結果によるカウントダウン形式で紹介。姉妹ユニット・ソロ・派生ユニットがメジャーでリリースしたシングルもほぼ全て紹介。
  14. ^ 3日間のコンサートの模様をステージを中心に一部舞台裏の模様を交えて、3時間半にまとめた物。公式DVDとは大幅に異なった内容となっている。
  15. ^ 音楽熱帯夜』枠にて。本放送が3時間半であったのに対して、こちらは1時間半であるが、単純な短縮版ではなく、2日目(7月23日分)に焦点を当てた再編集が施されており、本放送では使われなかった映像が大幅に使用されている。
  16. ^ 東北地方の日本テレビ系列5局(青森放送秋田放送テレビ岩手ミヤギテレビ福島中央テレビ)も放送。
  17. ^ 中川翔子リア・ディゾンとともに1つの枠で出場。歌唱曲「会いたかった」、「なんてったってアイドル」
  18. ^ 歌唱曲「RIVER」、「涙サプライズ!」
  19. ^ 歌唱曲「Beginner」、「ヘビーローテーション」、「ポニーテールとシュシュ」
  20. ^ 歌唱曲「風は吹いている」、「フライングゲット」、「Everyday、カチューシャ」
  21. ^ 歌唱曲「UZA」、「ギンガムチェック」、「真夏のSounds good !」
  22. ^ 歌唱曲「恋するフォーチュンクッキー」、「ヘビーローテーション」
  23. ^ 歌唱曲「会いたかった」、「フライングゲット」、ヘビーローテーション」、「恋するフォーチュンクッキー」。サプライズとしてOGの前田敦子大島優子が参加した。
  24. ^ 歌唱曲「RIVER」、「君はメロディー」。「夢の紅白選抜」として当日ステージに立つメンバー48人を事前に投票で決定し、順位を本番で発表した。
  25. ^ 歌唱曲「大声ダイヤモンド」、「365日の紙飛行機」、「11月のアンクレット」。夢の企画「視聴者のみなさんが選んだ3曲で“AKB48紅白スペシャルメドレー”を作り上げる」として歌唱曲を事前に投票で決定し、10位から1位までの順位を本番で発表、3位から1位までの3曲をメドレーで歌唱した。
  26. ^ BNK48と共演[88]
  27. ^ 「AKB48選抜」として出場した16名のうちAKB48メンバーは、柏木・横山由・向井地・岡田奈・高橋朱・岡部・小栗・山内瑞の8名[89]
  28. ^ AKB48メンバーは、選抜メンバーとして小栗・岡田奈・岡部・柏木・倉野尾・坂口渚・向井地・武藤十・村山・横山由の10名ほか23名が出演[93]
  29. ^ 出演メンバー:大家・柏木・片山・北原・倉持・小嶋陽・佐藤亜・佐藤す・高城・高橋み・仁藤・藤江れ・前田敦・松井咲・峯岸+SKE48(松井玲)
  30. ^ CS・ファミリー劇場においても数回の再放送。
  31. ^ 映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』のスタッフが並行して撮影したテレビ版[181]

出典[編集]

  1. ^ “「マジすか学園4」さくら&ぱるるのW主演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月3日) 2017年4月5日閲覧。
  2. ^ 日本テレビ内番組公式HP
  3. ^ “宮脇咲良、松井珠理奈らが“キャバ嬢”に 新ドラマ「キャバすか学園」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月10日) 2016年10月13日閲覧。
  4. ^ “AKB小栗有以、連ドラ初主演「マジムリ学園」放送決定”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年6月1日) 2018年6月1日閲覧。
  5. ^ “AKB48総出演、日テレで9夜連続のSP学園ドラマ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年1月12日) 2017年4月5日閲覧。
  6. ^ “AKB48大島・篠田・小嶋ら総出演SPドラマ メンバーコメント到着”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年1月19日) 2017年4月5日閲覧。
  7. ^ “AKBメンバー主演のOLドラマ、タイトルは『フォーチュンクッキー』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年7月3日) 2017年4月5日閲覧。
  8. ^ “AKB48グループの次世代エースユニットがドラマ主演!父親役はリリー・フランキー”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2013年10月21日) 2017年4月5日閲覧。
  9. ^ “AKB48次世代メンバー・大和田南那「スカートめくり」に照れ?『セーラーゾンビ』会見”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2014年4月17日) 2017年4月5日閲覧。
  10. ^ “横山由依ら「AKB48」11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. シネマカフェ (イード). (2015年10月13日) 2017年4月5日閲覧。
  11. ^ “AKB48グループ、ホラードラマでメンバー40人が演技対決”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年9月17日) 2016年1月8日閲覧。
  12. ^ “キスシーンあり!AKB48グループメンバーが連ドラ主演を懸けラブバトル”. 映画ナタリー (ナターシャ).(2016年3月26日) 2016年4月20日閲覧。
  13. ^ “AKBプロレス 宮脇咲良ら女子プロ弟子入りで特訓中”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2016年12月15日) 2016年12月15日閲覧。
  14. ^ “チバテレ「MUSE9」内で、11月よりチーム8出演のドラマがスタート!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (AKS). (2017年10月4日) 2017年10月6日閲覧。
  15. ^ フジテレビ「ミライ☆モンスター」にAKB48 Team 8 出演!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2014年5月2日). 2017年4月16日閲覧。
  16. ^ 3月26日(日)放送の「ミライ☆モンスター」に愛知県代表の歌田初夏が出演しました。”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2017年3月29日). 2017年3月29日閲覧。
  17. ^ 真紀和泉 (2017年4月11日). “【エンタがビタミン♪】AKB48高橋朱里、たかみながMC務める『ミライ☆モンスター』で新メンバーに”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2017/04/maki04102102.html 2017年4月16日閲覧。 
  18. ^ “たかみな、「ミライ☆モンスター」卒業を発表 後任は横山由依”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年3月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180325/geo18032512430019-n1.html 2018年3月25日閲覧。 
  19. ^ “AKB48の“怪物”矢作萌夏が「ミライ☆モンスター」新MCに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年3月31日) 2019年4月1日閲覧。
  20. ^ “岡部麟がフジテレビ系「ミライ☆モンスター」にレギュラー出演決定!”. AKB48 Team 8ホームページ (AKS). (2019年12月29日) 2019年12月29日閲覧。
  21. ^ “チーム8の「あんロケ」復活!初回から体を張って照れまくり”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年12月2日). http://thetv.jp/news_detail/94387/ 2016年12月3日閲覧。 
  22. ^ “AKBチーム8、永野ら“テレ玉くん”とダンス 6月から新バージョン登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2091561/full/ 2017年9月25日閲覧。 
  23. ^ “「ガチでけんかになりそう」チバテレ新番組『AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!』初回収録は大荒れ!?”. TV LIFE (学研プラス). (2017年9月15日). http://www.tvlife.jp/entame/139693 2017年10月6日閲覧。 
  24. ^ “新番組「AKB48グループ出張会議!」スタート、若手メンバーが真剣討論”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月18日). https://natalie.mu/music/news/312740 2018年12月18日閲覧。 
  25. ^ “AKB新番組「乃木坂に、越されました。」テレ東で放送へ メンバー明かす”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年6月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202106060001254.html 2021年6月6日閲覧。 
  26. ^ “【エンタがビタミン♪】AKB48新番組『乃木坂に、越されました。』初収録終えてメンバーが不安と期待「嬉しいような怖いような」”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2021年6月7日). https://japan.techinsight.jp/2021/06/maki06070924.html 2021年6月7日閲覧。 
  27. ^ “AKB48テレ東新番組のタイトル決定 MCは「ひろゆき」こと西村博之氏”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2021年7月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202107030000039.html 2021年7月3日閲覧。 
  28. ^ “「AKBINGO!」一夜限りの復活 AKB48横山由依・小栗有以ら出演で人気企画に挑戦”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年3月17日). https://mdpr.jp/news/detail/2486671 2021年3月17日閲覧。 
  29. ^ “ウーマン村本が小栗有以の純白コーデを絶賛「AKBINGO! NEO」”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2021年7月14日). https://natalie.mu/owarai/news/436696 2021年7月14日閲覧。 
  30. ^ “AKB48「AKBINGO!」が復活 ガチ私服&胸キュンゼリフ披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年7月14日). https://mdpr.jp/news/detail/2670710 2021年7月14日閲覧。 
  31. ^ “AKB48向井地美音、土保瑞希、込山榛香が「高橋歴史女学館」に入学!『高校講座 日本史』”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2014年3月25日). オリジナルの2014年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140713220629/http://dogatch.jp/news/nhk/23881 2016年11月8日閲覧。 
  32. ^ NHK高校講座 日本史 出演者紹介”. 日本放送協会. 2019年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月1日閲覧。
  33. ^ AKB48、NHKで初レギュラー番組!歌&コント&ドキュメントありの「AKB48 SHOW」.シネマトゥデイ (2013年9月7日) 2017年4月3日閲覧。
  34. ^ NHKの「AKB48 SHOW!」終了へ 「ショックだなぁ」「神番組だったよな」.J-CASTニュース (2019年2月20日) 2019年2月21日閲覧。
  35. ^ 石原真 (2017年4月26日). “AKB48SHOW情報”. AKB48SHOWブログ. 日本放送協会. 2017年5月24日閲覧。
  36. ^ 放送一覧.AKB48SHOW!番組サイト、日本放送協会
  37. ^ “AKB48「学校で教えてくれない」ことに体当たりで回答”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年5月29日). https://natalie.mu/music/news/32512 2017年4月3日閲覧。 
  38. ^ “オードリー若林が副担任、AKB48に授業開始”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2010年10月7日). https://natalie.mu/owarai/news/38792 2017年4月3日閲覧。 
  39. ^ “AKB48「なるほど!ハイスクール」レギュラー化に意気込み”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年3月28日). https://natalie.mu/music/news/46939 2017年4月3日閲覧。 
    壬生智裕 (2011年10月19日). “AKB48、顔と名前が一致しないと言われるメンバー多い?前田敦子「わたしたちの知名度もまだまだ」と反省!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0036155 2017年4月2日閲覧。 
  40. ^ “ノブコブ吉村、追い詰められて年収暴露「去年は920万円」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年4月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2009919/full/ 2017年4月3日閲覧。 
  41. ^ “さしこMC! 関東で初HKT冠番組”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年9月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120920-1019978.html 2017年4月3日閲覧。 
  42. ^ “小嶋陽菜が教育番組でパンチラ!? 「サタデーナイトチャイルドマシーン」が放送決定!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年4月6日). https://thetv.jp/news/detail/37818/ 2017年4月2日閲覧。 
  43. ^ “渡辺麻友、柏木由紀が2人旅「アイドルの辛さ」など本音トーク『AKB48 旅少女』最終回”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年6月26日). http://dogatch.jp/news/ntv/33719 2017年4月2日閲覧。 
  44. ^ “48グループ次世代メンバーのお泊り会!? パジャマ姿でギリギリトークを…”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年10月2日). https://nikkan-spa.jp/948989 2017年4月2日閲覧。 
  45. ^ “AKB48 Team8の地上波初冠番組誕生! 体当たりショーに挑戦”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年12月24日). https://thetv.jp/news/detail/96372/ 2016年12月24日閲覧。 
  46. ^ “有吉、初冠終了で語ったスタッフ&メンバー"愛" - 『有吉AKB共和国』6年に幕”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年3月29日). https://news.mynavi.jp/article/20160329-a217/ 2017年4月5日閲覧。 
  47. ^ “SMAP中居、江角、AKB司会の音楽番組「火曜曲!」は4月24日にスタート”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2012年4月6日). http://tower.jp/article/news/2012/04/06/n06 2017年4月5日閲覧。 
    “TBS、火曜夜を一新 ダウンタウンが教養バラエティー初挑戦”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年9月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2028323/full/ 2017年4月5日閲覧。 
  48. ^ 竹中優介. “2015年10月5日17:13投稿”. Google+. 2015年10月6日閲覧。
  49. ^ 東京EXTRA 番組公式ページ”. TBS. 2015年10月6日閲覧。
  50. ^ “フジテレビ新番組で前田敦子の自動車免許取得に密着”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年4月11日). https://natalie.mu/music/news/67636 2017年4月5日閲覧。 
  51. ^ “AKB48・梅田彩佳の「ひとりパフューム」、配信3日目で再生回数100万回突破!”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年4月26日) 
  52. ^ “AKB48、遂に恋愛解禁!? メンバーが愛について赤裸々に語る『恋愛総選挙』スタート”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2014年4月1日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/30209 2017年4月5日閲覧。 
  53. ^ “SND48結成への布石か? AKB48、東北で初の冠番組『AKB48の牛舌GIRLS』スタート”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年3月31日). https://www.barks.jp/news/?id=1000101960 2017年4月5日閲覧。 
  54. ^ 総選挙まゆゆセンター曲のタイトル発表「心のプラカード」」『ORICON STYLE』oricon ME、2014年6月23日。2017年4月5日閲覧。
  55. ^ “指原莉乃、AKBうっとり美乳ランキング発表に「楽しみにして!」と自信!?『※AKB調べ』”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2014年10月15日). http://dogatch.jp/news/cx/28853 2017年4月5日閲覧。 
  56. ^ 指原MC新番組でAKBメンバーが「いじめ」激論」『音楽ナタリー』ナターシャ、2015年4月14日。2017年4月5日閲覧。
  57. ^ 10月スタートのバラエティーあふれる新たな深夜番組一挙紹介! 「10月スタート新深夜番組」とれたてフジテレビ2015年9月30日閲覧
  58. ^ “告白バラエティー新番組司会に指原莉乃とアンタ山崎コンビ”. RBB TODAY (イード). (2016年9月22日). http://www.rbbtoday.com/article/2016/09/22/145451.html 2016年9月22日閲覧。 
  59. ^ 畑でMarry Me!フジテレビ、2018年3月31日閲覧
  60. ^ AKB48のぐぐたす民 新”. テレビ東京. 2017年4月5日閲覧。
    AKB48のぐぐたす民 終”. テレビ東京. 2017年4月5日閲覧。
  61. ^ “峯岸みなみAKB48新番組司会に挑戦!初回は高橋みなみの本音に迫る”. 芸能ニュースラウンジ (モバイルメディアプロダクション). (2012年11月7日). http://newslounge.net/archives/48599 2017年4月5日閲覧。 
  62. ^ “AKB48が得意料理で“AKB-級グルメ”を競う特番オンエア”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年6月23日). https://natalie.mu/music/news/33735 2017年4月5日閲覧。 
  63. ^ “AKB48から新たな観光大使が誕生 高橋みなみも太鼓判「根性は相当座っている」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年5月14日). https://mdpr.jp/news/detail/1243881 2017年4月5日閲覧。 
  64. ^ AKB観光大使(公式) (2017年3月17日). “スポット動画公開!”. Google+. 2017年4月5日閲覧。
  65. ^ “『AKB48チーム8のKANSAI白書 こっそりナンバーワン宣言やで!』3・6スタート”. TV LIFE (学研プラス). (2017年2月23日). http://www.tvlife.jp/entame/104010 2017年2月23日閲覧。 
  66. ^ “「PRODUCE48」最終回へ 日韓同時生放送”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年8月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1786493 2018年9月1日閲覧。 
  67. ^ 後藤美波 (2018年6月15日). “日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも”. CINRA.NET (CINRA). https://www.cinra.net/column/201806-produce48 2018年6月17日閲覧。 
  68. ^ 48연습생 - PRODUCE 48
  69. ^ AKB48 踊る女子旅”. ダンスチャンネル. 名古屋テレビネクスト株式会社. 2020年11月21日閲覧。
  70. ^ “AKB48が体当たりのお笑い披露――コント番組視聴で行列14時間の舞台裏”. AdverTimes (宣伝会議). (2011年9月30日). https://www.advertimes.com/20110930/article31948/ 2017年4月5日閲覧。 
  71. ^ “AKB48が過酷な課題にチャレンジ! 新たな可能性が見つかるドキュメント・バラエティー”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2012年6月25日). https://thetv.jp/news/detail/31212/ 2017年4月5日閲覧。 
  72. ^ 入倉功一 (2013年7月19日). “篠田麻里子&板野友美、最後のコントに挑戦!想定外アドリブ連発にメンバー驚愕!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0054881 2017年4月5日閲覧。 
  73. ^ “AKBカフェから公開生放送”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年4月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120402-927238.html 2017年4月5日閲覧。 
  74. ^ 佐藤仁 (2016年7月29日). “終了したNOTTV番組「AKB48のあんた、誰?」から、あるべきSVODコンテンツを考える”. ITpro. 日経BP. 2017年4月5日閲覧。
  75. ^ “AKB48チーム8が体当たりでロケに挑む!初の冠番組『〜あんた、ロケ!』放送決定”. TV LIFE (学研プラス). (2015年7月29日). http://www.tvlife.jp/entame/42601 2017年4月5日閲覧。 
  76. ^ チーム8メンバーがタイのバラエティー番組に出演!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2017年2月13日). 2018年9月3日閲覧。
  77. ^ AKB関連の番組情報 MUSIC JAPAN BLOG、NHK(2010年10月7日)
  78. ^ 我々はなぜこの日AKBを2曲収録したのか。 MUSIC JAPAN BLOG、NHK(2010年8月3日)
  79. ^ “AKB国内5グループ結集 3時間特番 10・22NHK BSプレミアムで放送”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2077429/full/ 2016年8月30日閲覧。 
  80. ^ “AKB48が『27時間テレビ』に参戦 - 視聴者の"愛の生告白"を全力で応援”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年7月14日). https://news.mynavi.jp/article/20160714-a007/ 2016年8月7日閲覧。 
  81. ^ “『スマスマ』初の大運動会に62人参戦…全出場選手発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2050403/full/ 2018年5月29日閲覧。 
  82. ^ “AKB48 Team 8、CSテレ朝チャンネルにて2時間特番放送決定”. CDJournal (音楽出版社). (2016年10月3日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/73162 2016年10月16日閲覧。 
  83. ^ “ジャンポケがAKB48とチーム戦、1日でイチゴ狩り農園を何カ所回れるか”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2020年3月17日). https://natalie.mu/owarai/news/371499 2021年7月5日閲覧。 
  84. ^ “AKB48が“紅白選抜”選挙、桐谷健太&RADIO FISHは視聴者とステージへ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年11月24日). https://natalie.mu/music/news/210533 2016年12月3日閲覧。 
  85. ^ “AKB48「紅白歌合戦」歌唱曲は視聴者投票で決定、選抜メンバーも発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年12月4日). https://natalie.mu/music/news/259529 2017年12月4日閲覧。 
  86. ^ “「紅白」にあいみょん、DAOKO、キンプリ、Suchmos、YOSHIKI feat. HYDE、Aqours”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月14日). https://natalie.mu/music/news/307883 2018年11月26日閲覧。 
  87. ^ “「第69回NHK紅白歌合戦」曲順発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月27日). https://mdpr.jp/music/detail/1812814 2018年12月27日閲覧。 
  88. ^ “卒業発表・指原莉乃に“ミル姉さん”(内村光良)がエール AKB48との共演にBNK48モバイル涙<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1813547 2019年1月2日閲覧。 
  89. ^ “AKB48紅白メンバーを記者分析 これは「本店回帰」への前触れか?”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2018年12月30日). https://www.j-cast.com/2018/12/30347201.html?p=all 2019年4月28日閲覧。 
  90. ^ “【紅白】出場歌手決定 キスマイ、菅田将暉ら初 美空ひばりさんが“AI技術”でよみがえる”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2148714/full/ 2019年11月14日閲覧。 
  91. ^ “『第70回紅白歌合戦』曲順発表 大トリは嵐、MISIAが初の紅組トリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年12月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2151838/full/ 2019年12月28日閲覧。 
  92. ^ “AKB48向井地美音の“通訳”にウッチャン驚き 世界8都市エースと「恋チュン」<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年12月31日) 2019年12月31日閲覧。
  93. ^ “AKB世界選抜で恋チュン 小栗センター/紅白リハ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月29日) 2019年12月29日閲覧。
  94. ^ “さんま司会「明石家紅白!」に竹原ピストル、山崎育三郎、AKB48、由紀さおり、森山良子”. ナタリー (ナターシャ). (2018年4月20日). https://natalie.mu/music/news/279015 2018年6月17日閲覧。 
  95. ^ “AKB48×モー娘。×ももクロが10年ぶり共演 NHKにアイドル7組68人が大集結”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月23日) 2020年3月23日閲覧。
  96. ^ “AKB48×モー娘×ももクロ共演番組 歌唱曲公開 それぞれの持ち味が全開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月27日) 2020年3月29日閲覧。
  97. ^ “AKB48・乃木坂46・きゃりーらが「ベストヒット歌謡祭」で豪華集結 スペシャル演出繰り出す”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月17日) 2017年3月29日閲覧。
  98. ^ “関ジャニ∞・AKB48・三代目JSB・乃木坂46ら「ベストヒット歌謡祭2017」出演者発表<全18組>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年11月1日) 2017年11月1日閲覧。
  99. ^ “ベストヒット歌謡祭にDA PUMPら豪華20組”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月1日) 2018年11月1日閲覧。
  100. ^ “『ベストヒット歌謡祭』関ジャニ∞、乃木坂46ら出演者24組一挙発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月1日) 2019年11月1日閲覧。
  101. ^ “日テレ「ベストアーティスト」にaiko、三代目、アレキ、イエモンら30組追加”. ナタリー (ナターシャ). (2016年11月19日) 2017年3月29日閲覧。
  102. ^ “日テレ「ベストアーティスト」で嵐×乃木坂46コラボ実現、星野源ら追加6組”. ナタリー (ナターシャ). (2017年11月18日) 2017年11月20日閲覧。
  103. ^ “AKB48、憧れの“ダンス”メンバーは?「ゆきりんさんは魅せ方が上手”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月28日) 2018年12月18日閲覧。
  104. ^ “AKB48『ベストアーティスト』で“ハモリ曲”「愛する人」初披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月25日) 2019年11月27日閲覧。
  105. ^ "「ベストアーティスト2020」全出演者解禁 BTSが緊急登場". モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年11月21日) 2020年11月24日閲覧。
  106. ^ “嵐・AKB48・乃木坂46・EXILE THE SECONDら「THE MUSIC DAY」出演者発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月10日). https://mdpr.jp/music/detail/1692880 2017年6月23日閲覧。 
  107. ^ “キンプリ、『THE MUSIC DAY』初出演 ジャニーズ平成30年メドレーも実施”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2113765/full/ 2018年6月17日閲覧。 
  108. ^ “【THE MUSIC DAY】AKB48、乃木坂46と共演で“違い”に興奮「リハーサルからいい匂い」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2139461/full/ 2019年7月8日閲覧。 
  109. ^ NiziU「THE MUSIC DAY」出演決定!テレビ初パフォーマンス披露」『ナタリー』ナターシャ、2020年9月1日。2020年9月3日閲覧。
  110. ^ AKB48、可愛いくてバズった衣装を解説 柏木由紀&向井地美音のヘビロテ秘話も<THE MUSIC DAY>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年9月12日). 2020年9月12日閲覧。
  111. ^ “AKB48:モーニング娘。'21と“禁断のコラボ”!? 「THE MUSIC DAY」で「LOVE マシーン」「会いたかった」をメドレーで”. MANTANWEB (MANTAN). (2021年6月26日) 2021年6月27日閲覧。
  112. ^ “【THE MUSIC DAY】AKB48、モー娘。との“対バン”に刺激 柏木由紀の助言も明かす”. ORICON NEWWS (oricon ME). (2021年7月3日) 2021年7月4日閲覧。
  113. ^ 日テレ女性アナが『Premium Music』再現ドラマで熱演 市來アナは島袋寛子、岩田アナは齋藤飛鳥役」『ORICON NEWS』oricon ME、2021年3月23日。2021年3月23日閲覧。
  114. ^ “宇多田ヒカル、「日本レコード大賞」候補に!『君の名は』『シン・ゴジラ』も健闘”. シネマカフェ (イード). (2016年11月18日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/11/18/45004.html 2016年11月22日閲覧。 
  115. ^ “『第59回輝く!日本レコード大賞』、各賞受賞者発表”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年11月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000149002 2017年12月4日閲覧。 
  116. ^ “『第60回輝く!日本レコード大賞』、各賞受賞者発表”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2018年11月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000161851 2018年11月16日閲覧。 
  117. ^ “『日本レコード大賞』各賞受賞者決定 乃木坂V3なるか”. ORIKON NEWS (oricon ME). (2019年11月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2148871/full/ 2019年11月16日閲覧。 
  118. ^ “AKB48「離れていても」手話でパフォーマンス 向井地美音「先輩やファンの皆さんと繋いでくれた曲」<レコ大>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年12月30日). https://mdpr.jp/music/detail/2372547 2020年12月31日閲覧。 
  119. ^ “CDTV年越しSPにPerfume、aiko、セカオワ、金爆、SMAP他”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月27日) 2017年6月14日閲覧。
  120. ^ “年越しCDTVにフラカン、シド、HY、渡り廊下ら18組追加”. ナタリー (ナターシャ). (2013年12月31日) 2017年6月14日閲覧。
  121. ^ “CDTV年越し特番にaiko、KANA-BOON、乃木坂、Perfumeら追加”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月24日) 2017年6月14日閲覧。
  122. ^ “CDTV年越し特番第1弾は三代目、乃木坂、いきもの、バクナン、金爆ら”. ナタリー (ナターシャ). (2015年12月13日) 2017年6月14日閲覧。
  123. ^ “「CDTV」年越し特番にアレキ、AKB48、乃木坂46、バクナンら”. ナタリー (ナターシャ). (2016年12月19日) 2017年6月14日閲覧。
  124. ^ “「CDTV」年越し特番に星野源、セカオワ、乃木坂46ら55組出演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年12月25日) 2018年1月1日閲覧。
  125. ^ “「CDTV」大晦日特番で中居正広が6年ぶりMC、キスマイや三代目ら出演者第1弾も発表”. ナタリー (ナターシャ). (2018年12月24日) 2018年12月25日閲覧。
  126. ^ “「CDTV」年越し特番にジャニーズ5組、E-girls、King Gnu、Foorin、乃木坂、日向坂ら”. ナタリー (ナターシャ). (2019年12月24日) 2019年12月24日閲覧。
  127. ^ “年越し「CDTV」第1弾にクリーピー、ジェネ、DISH//、NiziU、Hi美、BiSH、平手、LiSAら18組”. ナタリー (ナターシャ). (2020年12月21日) 2020年12月24日閲覧。
  128. ^ “TBS『音楽の日』出演アーティスト第一弾発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2093024/full/ 2017年6月23日閲覧。 
  129. ^ “TBS『音楽の日』アイドル23組出演決定 キンプリ、AKB48、乃木坂46、Aqoursら”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2115226/full/ 2018年7月10日閲覧。 
  130. ^ “AKB48村山彩希「音楽の日」センターで注目度上昇 選挙不出馬貫く“シアターの女神”<プロフィール>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年7月14日). https://mdpr.jp/news/detail/1851469 2019年7月15日閲覧。 
  131. ^ “『音楽の日2020』、服部克久追悼企画で谷村新司が「昴 -すばる-」歌唱”. BARKS (イード). (2020年7月17日) 2020年7月17日閲覧。
  132. ^ “TBS「音楽の日」出演アーティスト第1弾はジャニーズ13組、ACC、ヒゲダン、東京事変、星野源ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年7月5日) 2021年7月6日閲覧。
  133. ^ “三代目&AKB48&セカオワら、TBS「ハロウィン音楽祭2016」出演アーティスト第1弾発表!”. シネマカフェ (イード). (2016年10月21日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/10/21/44339.html 2016年10月21日閲覧。 
  134. ^ “豪華出演者を発表!「CDTVスペシャル!ハロウィン音楽祭2017」”. シネマカフェ (イード). (2017年10月18日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/18/53313.html 2016年10月26日閲覧。 
  135. ^ “「CDTV」卒業特番にスキマ、西野カナ、NEWS、乃木坂、Perfumeら”. ナタリー (ナターシャ). (2017年3月28日). https://natalie.mu/music/news/226474 2017年3月28日閲覧。 
  136. ^ “King & Prince、デビュー曲TV初歌唱が決定 『CDTV 卒業ソング音楽祭』出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2107724/full/ 2018年3月21日閲覧。 
  137. ^ “TBS「卒業ソング音楽祭」にAKB48、キンプリ、DA PUMP、乃木坂46、back numberら”. ナタリー (ナターシャ). (2019年3月10日). https://natalie.mu/music/news/323252 2019年3月10日閲覧。 
  138. ^ 「CDTV」3・16卒業ソング特番 出演者第1弾は関ジャニ∞、乃木坂46ら13組.ORICON NEWS (oricon ME).(2020年3月7日) 2020年3月7日閲覧。
  139. ^ “『クリスマス音楽祭』に福山雅治、AKB48、NEWSら9組、KinKiのスペシャルメドレーも”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年12月17日). https://www.barks.jp/news/?id=1000150011 2017年12月22日閲覧。 
  140. ^ “『CDTV』クリスマスSP出演アーティスト第1弾 KinKi、V6、NEWS、坂道ら22組出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2125566/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  141. ^ “『CDTV』クリスマスSP出演者第1弾 EXILE、三代目JSB、DA PUMPら15組”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年12月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2150466/full/ 2019年12月7日閲覧。 
  142. ^ “今こそ日本中に届けたい、アイドルのチカラ!AKB48、SKE48、=LOVE、≠ME、たこ虹がライブさながらのパフォーマンス!特別音楽番組『アイドルのチカラ』放送決定!”. 時事ドットコムニュース (時事通信社). (2020年3月25日). オリジナルの2020年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200426023158/https://www.jiji.com/jc/article?k=000001011.000003065&g=prt 2020年8月16日閲覧。 
  143. ^ “「CDTVライブ!ライブ!」4時間SPにスピッツ、アレキ、神サイ、GENERATIONS、日向坂46ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年3月26日). https://natalie.mu/music/news/421846 2021年4月16日閲覧。 
  144. ^ AKB48・DA PUMP・PSYCHIC FEVERら「CDTVライブ!ライブ!」3時間SP、第2弾出演アーティスト発表 サブMCにりんたろー。と関口メンディー”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年4月16日). 2021年4月16日閲覧。
  145. ^ “明日生放送「FNS歌謡祭」リハ現場で豪華コラボ入念練習”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月4日) 2017年3月29日閲覧。
  146. ^ “全76曲演奏! FNS歌謡祭コラボ一部判明&フミヤ、秦ら追加”. ナタリー (ナターシャ). (2013年11月22日) 2017年3月29日閲覧。
  147. ^ “「FNS歌謡祭」にセカオワ、ももクロ、Perfume、GLAY、aikoら集結”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月8日) 2017年3月29日閲覧。
  148. ^ a b “「FNS歌謡祭」第2弾でセカオワ、エビ中、ゲス、℃-ute、欅坂ら追加”. ナタリー (ナターシャ). (2015年11月28日) 2017年3月29日閲覧。
  149. ^ “「FNS歌謡祭」2週連続で計8時間半放送、出演アーティスト第1弾も発表”. ナタリー (ナターシャ). (2016年11月19日) 2017年11月16日閲覧。
  150. ^ “「FNS歌謡祭」第1弾はB'z、嵐、三代目、乃木坂、aiko、バクナン、Perfumeら47組”. ナタリー (ナターシャ). (2017年11月16日) 2017年11月16日閲覧。
  151. ^ “「FNS歌謡祭」に嵐、すみぺ、キンキ、DA PUMP、キンプリ、ミセス、WANIMAら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月16日) 2018年11月17日閲覧。
  152. ^ “「FNS歌謡祭」第2夜に星野源、鬼龍院翔、B.B.クィーンズら登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月5日) 2018年12月8日閲覧。
  153. ^ 嵐・EXILE・AKB48・乃木坂46ら「FNS歌謡祭」出演アーティスト33組発表. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年11月14日) 2019年11月14日閲覧。
  154. ^ 【AKB48】本日12/4(水) フジテレビ系『2019 FNS歌謡祭 第1夜』”. AKB48公式ブログ. CyberAgent (2019年12月4日). 2019年12月4日閲覧。
  155. ^ “「FNSうたの夏まつり」にayu、玉置、きゃりー、Superflyも”. ナタリー (ナターシャ). (2012年7月18日). https://natalie.mu/music/news/73084 2017年3月29日閲覧。 
  156. ^ “FNS夏まつりに玉置浩二、乃木坂、フミヤも”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月12日). https://natalie.mu/music/news/121056 2017年3月29日閲覧。 
  157. ^ “「FNSうたの夏まつり」に三代目、AKB、T.M.R、ももクロ、小室哲哉ら”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月25日). https://natalie.mu/music/news/151656 2017年3月29日閲覧。 
  158. ^ “プロデューサーはあなた! 海の日FNS特番で48&46ドリームチーム結成”. ナタリー (ナターシャ). (2016年7月15日). https://natalie.mu/music/news/194758 2017年3月29日閲覧。 
  159. ^ “「FNSうたの夏まつり」に乃木坂、タッキー&翼、ジェネ、JUMPら”. ナタリー (ナターシャ). (2017年7月5日). https://natalie.mu/music/news/239470 2017年7月5日閲覧。 
  160. ^ “『FNSうたの夏まつり』EXILE、AKB48、乃木坂46ら39組が追加発表 豪華メドレーも続々展開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2115225/full/ 2018年7月10日閲覧。 
  161. ^ “「FNSうたの夏まつり」第1弾でSixTONES、IZ*ONE、中村倫也&木下晴香ら21組”. ナタリー (ナターシャ). (2019年6月25日). https://natalie.mu/music/news/336973 2019年6月26日閲覧。 
  162. ^ “FNS歌謡祭に池田エライザや志尊淳が初出演!Disney声の王子様企画も”. ナタリー (ナターシャ). (2020年8月13日). https://natalie.mu/eiga/news/391913 2020年8月16日閲覧。 
  163. ^ “AKB48、リトグリ、大黒摩季らが『FNS うたの春まつり』でサプライズ企画”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2087615/full/ 2017年3月22日閲覧。 
  164. ^ “『Mステスーパーライブ』にTOKIO・嵐・AKB48・ピコ太郎・RADIO FISHら45組”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年12月2日). https://news.mynavi.jp/article/20161202-a542/ 2016年12月3日閲覧。 
  165. ^ “年末恒例『Mステスーパーライブ』史上最多47組 全出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2101617/full/ 2017年12月4日閲覧。 
  166. ^ “『Mステ スーパーライブ』全出演者の歌唱楽曲発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2125644/full/ 2018年12月18日閲覧。 
  167. ^ “『Mステ ウルトラSUPER LIVE』出演第1弾 乃木坂46、BABYMETALら49組”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2149915/full/ 2019年11月30日閲覧。 
  168. ^ “ミュージックステーション「ウルトラSUPER LIVE」6時間生放送のタイムテーブル発表. ナタリー (ナターシャ). (2020年12月24日) 2020年12月24日閲覧。
  169. ^ “「Mステ」10時間SP、嵐・AKB48・三代目JSBら55組の出演発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月2日). http://mdpr.jp/music/detail/1611385 2016年9月19日閲覧。 
  170. ^ “AKB48を直撃!“元気が出るウルトラソング”は?<MステウルトラFES>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月18日). https://mdpr.jp/music/detail/1715221 2017年9月27日閲覧。 
  171. ^ “『Mステ ウルトラFES』第2弾 AKB・乃木坂・欅坂・GENEら18組”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2118179/full/ 2018年10月26日閲覧。 
  172. ^ “テレ東音楽祭に北島三郎、TOKIO、AKB、乃木坂、娘。ら”. ナタリー (ナターシャ). (2014年5月29日). https://natalie.mu/music/news/117735 2017年3月29日閲覧。 
  173. ^ “「テレ東音楽祭」にTOKIO、キンキ、セカオワ、AKB48、乃木坂46ら36組”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月10日). https://natalie.mu/music/news/150061 2017年3月29日閲覧。 
  174. ^ “「テレ東音楽祭」にTOKIO、V6、AKB48、セカオワ、モー娘。、きゃりーら”. ナタリー (ナターシャ). (2016年6月13日). https://natalie.mu/music/news/190610 2017年3月29日閲覧。 
  175. ^ “STU48、『テレ東音楽祭』でテレビ初歌唱 出演者発表第1弾”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2092229/full/ 2017年6月23日閲覧。 
  176. ^ “5時間放送「テレ東音楽祭」第1弾発表でキンキ、関ジャニ、乃木坂、WANIMA、鈴木愛理ら”. ナタリー (ナターシャ). (2018年6月13日). https://natalie.mu/music/news/286429 2018年6月17日閲覧。 
  177. ^ 真紀和泉 (2019年6月27日). “【エンタがビタミン♪】AKB48が豪華客船でヒットメドレー 『テレ東音楽祭』の“水オチ”にファン「飛び込み選抜ナイス」”. TechinsightJapan (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2019/06/mai06271734.html/2 2019年7月9日閲覧。 
  178. ^ TV TOKYO MUSIC FESTIVAL 2020”. テレ東音楽祭2020. テレビ東京 (2020年9月17日). 2020年9月17日閲覧。
  179. ^ “「テレ東音楽祭」に坂道グループやSUPER BEAVERら24組追加、後藤真希×AKB48が初コラボ”. ナタリー (ナターシャ). (2020年9月17日) 2020年9月18日閲覧。
  180. ^ “「テレ東音楽祭」出演アーティスト第2弾、初登場LUNA SEAら23組”. ナタリー (ナターシャ). (2021年6月22日) 2021年6月23日閲覧。
  181. ^ AKB48のドキュメンタリーは、8日の夜です。”. MUSIC JAPAN BLOG. NHK (2011年1月6日). 2012年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月4日閲覧。
  182. ^ 「AKB48の2011年に密着したドキュメンタリー、NHKで放送」 - オリコン(2012年1月5日)