ALTIBASE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ALTIBASE Hybrid RDBMS Server
開発元 ALTIBASE Corp.
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 DBMS超高速データベース、ハイブリッドデータベース
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト シアンス・アール
テンプレートを表示

ALTIBASE(アルティベース)は、ALTIBASE Corp.が開発し、シアンス・アールが販売・サポートしている関係データベース管理システム (RDBMS) のことである。高速データ処理を可能にするメモリデータベースと、大容量データ処理を実現するディスクデータベースの両方の機能を持つハイブリッド型のRDBMSであり、組み込み系から基幹系まで幅広い範囲での利用が可能。

特徴[編集]

  • データ構造は、既存のRDBと同じ関係モデル
  • メモリデータベースの速度は、RDBMSと比べて10倍から20倍程度。

アプリケーションインタフェース[編集]

特性[編集]

  • チェックポイントとトランザクションログの機能により、メモリデータベースのデータの永続性も保証。
  • メモリデータベースとディスクデータベース間のデータの移動機能 (MOVE DML) を実装。
  • ユーザーは、アクセスするテーブルがメモリにあるのか、ディスクにあるのかを意識する必要がない。
  • 行レベルロック、MVCCの実装により高い同時実行性を実現。
  • 鮮度の高いリアルタイム処理が必要なデータをメモリデータベースで処理し、履歴として保存する鮮度が低くなったデータをディスクデータベースに移動して管理するなど、1つのデータベースで特性の異なるデータを処理できる。