AMX-10RC (装甲車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

AMX-10RC
AMX-10RC 017.JPG
基礎データ
全長 9.13 m (車体長: 6.24 m)
全幅 2.95 m
全高 2.60 m
重量 17 t
乗員数 4名
装甲・武装
主武装 48口径105mmライフル砲
副武装 7.62mm機関銃NF1 (同軸)
12.7mm重機関銃M2 (オプション)
機動力
速度 85 km/h (舗装路)
60 km/h (未舗装路)
7.2 km/h (水上)
エンジン ボードワン 6F11 SRX
V型6気筒水冷ディーゼル
280 hp
懸架・駆動 ハイドロニューマチック
行動距離 800 km
  

AMX-10RCとはフランスで開発された、偵察及び対戦車戦闘を目的とした6輪の装輪装甲車である。

開発と特徴

AMX-10RCは当時フランス軍が装備していたパナールEBR装甲車AMX-13軽戦車を代替することを目的として1970年から開発が開始され、1978年から生産・配備が開始された。

主砲に当時の装甲車としては破格の威力を持たせるため、CN-105-F2 48口径105mmライフル砲を採用し、偵察のみに止まらず対戦車任務までも考慮した設計となっていた。砲弾は38発が搭載されており、内12発が車体内に置かれる。車体全体を構成している素材にアルミ合金を使用し軽量化を図り、ウォータージェット推進により水上航行も可能である。

装軌式AMX-10P歩兵戦闘車と基本コンポーネントを共用した設計のため、操行方式にはスキッドステア方式を採用しており、曲がりたい方向の車輪が減速、反対側が増速する信地旋回により走行操作を行う。このためステアリングのためのスペースを要せず車体をコンパクトに抑えている反面、タイヤの消耗が激しいという欠点がある。

配備と運用

AMX-10RCはフランス軍だけではなく、カタールモロッコに輸出され使用されている。フランス陸軍の車両は以下の緊急展開部隊に配備されて、1991年の湾岸戦争の際には第6軽機甲旅団(当時は第6軽機甲師団)所属車両がフランス軍の先鋒を務めた。

現在、フランス陸軍に装備されているAMX-10RCには電子機器の更新、NATOで広く使用されている105mm砲と共通する弾薬が使用可能な主砲への換装、装甲防御力の強化のための補助装甲の付与、エンジン・トランスミッションの換装などが行われている。

ウィキメディア・コモンズ

今日は何の日(2月22日

もっと見る

「AMX-10RC_(装甲車)」のQ&A