AN/SPS-29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AN/SPS-29
SPS-29 Radar USS Mitscher (DDG-35) 1975-01.jpg
ミッチャー」搭載のAN/SPS-37
※アンテナはAN/SPS-29と共通
種別 2次元レーダー
目的 早期警戒
開発・運用史
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
就役年 1958年10月
製造数 89基
送信機
周波数 VHF(220±5 MHz
パルス 10マイクロ(AN/SPS-29)
6マイクロ秒(AN/SPS-37)
パルス繰返数 300 pps
送信尖頭電力 750 kW (AN/SPS-29)
180 kW (AN/SPS-37)
アンテナ
形式 マットレス型(AS-943)
直径・寸法 幅5.33 m×高さ2.59 m
※架台を含めた高さは3.56 m
アンテナ利得 18 dB
ビーム幅 横20°×縦25°
走査速度 7.5または15 rpm
方位角 全周旋回無制限
探知性能
探知距離 AN/SPS-29
270 nmi/500 km(最大)
6 nmi/11 km(シースキマー
AN/SPS-37
300 nmi/560 km(最大)
8 nmi/15 km(シースキマー)
その他諸元
重量 アンテナ+架台部: 578 kg
甲板上: 3,946 kg

AN/SPS-29とは、アメリカ合衆国ウェスティングハウス社が開発した2次元レーダーアメリカ海軍において、主として対空捜索用として採用された。

来歴[編集]

第二次世界大戦中のアメリカ海軍は、戦艦航空母艦など大型艦用の対空捜索用レーダーとしては、1940年に就役したCXAMを端緒として、SAシリーズ、SCシリーズ、SKシリーズ、SRシリーズと、Pバンド(当時の呼称; 超短波)を使用するレーダーを配備してきた。

1950年代に入ると、これらと同じ周波数帯を用いる戦後世代のレーダーが要請されるようになり、まずゼネラル・エレクトリック社が開発したAN/SPS-17が大型艦用として採用されて、1957年より引き渡しが開始された。また、同じアンテナを用いてウェスティングハウス社が開発したAN/SPS-28も駆逐艦用として採用され、こちらも同年から引き渡しを開始した。ただしアンテナが共通とはいえ、尖頭電力については、AN/SPS-17では750 kW(バージョンによっては1.5 MW)であったのに対してAN/SPS-28では250 kWとかなりの差があったことから、探知能力では劣っていた。このことから、AN/SPS-28と同等の重量で、AN/SPS-17と同等の性能を発揮することを目標に開発されたのが本機である[1]

設計[編集]

アンテナとしては、AN/SPS-28と同様にマットレス型が採用されており、ダイポールアンテナを7列×4段に配置して、上部には敵味方識別装置(IFF)のアンテナを組み込んだAS-943アンテナが用いられていた。ただしAN/SPS-29Dでは、より小型のアンテナが用いられている[1]

AS-943においては、これらのダイポールアンテナは垂直・水平方向には波長の半分の距離を取って配列されており、また平面反射板からは波長の4分の1の距離が取られていた。ビーム幅は20×25.5°で、SPS-28の19×27°と大差ないが、パルス幅は4マイクロ秒から10マイクロ秒へと大幅に長くなっている。これによる距離分解能の低下を補うため、パルス繰返し数は150 ppsから300 ppsに増加した[2]

本機は、-29A、-29B、-29Cと順次に改良が続けられていたほか、アメリカ沿岸警備隊向けにアンテナを小型化したAN/SPS-29Dも製造された。その後、パルス圧縮技術を導入したAN/SPS-37、そして電子防護能力を強化したAN/SPS-43へと発展した。ただし長波長で分解能が低いことから、AN/SPS-40などより短波長のレーダーに取って代わられていき、アメリカ海軍では搭載艦の退役に伴って姿を消した。

搭載艦(主にサムナー級/ギアリング級駆逐艦)と一緒に外国へ供与される形で海外でも広く使われていたが、こちらも搭載艦艇の退役に伴って姿を消した。

搭載艦[編集]

FRAM改装前のハミルトン級カッター。後部マスト頂部に、AN/SPS-29Dを搭載している
AN/SPS-29

 アメリカ海軍

 アメリカ沿岸警備隊

 海上自衛隊

AN/SPS-37

 アメリカ海軍

  • アレン・M・サムナー級駆逐艦(FRAM改修時に一部艦が後日装備)
  • ギアリング級駆逐艦(FRAM改修時に一部艦が後日装備)
  • ミッチャー級駆逐艦(DDG改修適用艦にのみ後日装備)
  • フォレスト・シャーマン級駆逐艦(一部艦はAN/SPS-29もしくはAN/SPS-40を搭載)

参考文献・外部リンク[編集]

  1. ^ a b Norman Friedman (1981). Naval Radar. Naval Institute Press. ISBN 9780870219672. 
  2. ^ Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、AN/SPS-37に関するカテゴリがあります。
  • AN/SPS-43 - 本機の最終発展型。