ANAウイングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ANAウイングス
ANA WINGS
All Nippon Airways Logo.svg
IATA
EH
ICAO
AKX
コールサイン
ALL NIPPON(ANA便運航時)
ALFA WING(その他)
法人番号 8010801020386
設立 2010年10月1日
ハブ空港 東京国際空港
大阪国際空港
中部国際空港
新千歳空港
焦点空港 福岡空港
那覇空港
マイレージサービス ANAマイレージクラブ
会員ラウンジ ANA LOUNGE
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 40機〜50機
就航地 国内線
全便をANA便として運航
親会社 ANAホールディングス
本拠地 東京都大田区
代表者 衛藤 勇 (代表取締役社長
テンプレートを表示
ANAウイングス株式会社
ANA WINGS CO., LTD.
All Nippon Airways Logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
144-8515
東京都大田区羽田空港3丁目3番2号
設立 2010年10月1日
業種 空運業
法人番号 8010801020386
代表者 衛藤 勇 (代表取締役社長
資本金 5,000
従業員数 1,253名(2015年10月1日現在)
主要株主 ANAホールディングス (100%)
外部リンク http://www.anawings.co.jp/
テンプレートを表示

ANAウイングス株式会社(エーエヌエーウイングス、ANA WINGS CO., LTD.)は、ANAグループ航空会社である。 主にローカル路線を小型ジェット機やプロペラ機で運航しており、ANA国内線の約半分を担当している。

概要[編集]

2010年10月1日、全日本空輸子会社であったエアーニッポンネットワークが、エアーネクストエアーセントラルと統合し発足した[1]。その後も利用者の減少が止まらず、2017年には国土交通省持続可能な地域航空のあり方に関する研究会(座長竹内健蔵東京女子大学教授)で機体の共同保有や、将来の経営統合などを内容とする報告書が出された[2][3]

歴史[編集]

運用機材[編集]

MRJの導入やB737-500の後継機とされるB737MAXの運航が予定されている。

ANAウイングス 運用機材 2018年12月現在
機材 運用機数 座席数 エンジン 備考
ボンバルディアDHC-8-Q400 24 Y74 PWC
PW150A
オリエンタルエアブリッジとの共通事業機
エアーニッポンネットワークから移管
ボーイング737-500 6 Y126
Y133
CFMI
CFM56-3C1
エアーニッポンから移管
ボーイング737-700 7 C8Y112 CFMI
CFM56-7B24
ANA本体との共通事業機
ボーイング737-800 40 C8Y159
C8Y158
CFMI
CFM56-7B24
ANA本体との共通事業機
合計 77

以下の機材で運航されている(括弧内は以前の所属航空会社)

以下はANA本体との共通運用機材

保有機材[編集]

導入予定機材[編集]

MRJ (Mitsubishi Regional Jet) はANAウイングスへの会社統合後初の新規導入機種となる予定。またANAグループ初のリージョナルジェットでもある。

退役機材[編集]

機体塗装[編集]

2019年4月現在、当社の運用機材のうち、自社保有機である737-500とQ400にはANAの基本塗装に「ANA WINGS」のオペレーター名が追加されている。また、ボーイング737-500旧・エアーニッポンの同型機と同様に、エンジンカウルイルカのイラスト(愛称「スーパードルフィン」)が描かれている。

2010年11月19日から2018年3月12日までの間、ボンバルディアDHC-8-Q400に緑色の塗装を施した愛称「エコボン」3機が就航していた[4]。ANAがエコファースト企業であることをPRするためで。現在は通常塗装になっている。

就航路線[編集]

2017年10月1日現在[5]

旧エアーセントラルが貨物の取り扱いを行っていなかったため、一部の運航便では貨物搭載ができない。今後MRJ導入など機材の拡充、国際線を導入予定。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

関連リンク[編集]