ANGEL/遠くまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ANGEL/遠くまで
angelaシングル
初出アルバム『ONE WAY(#1)』
A面 ANGEL(#1)
遠くまで(#2)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル スターチャイルド
作詞・作曲 atsuko(作詞・作曲)
KATSU(作曲)
チャート最高順位
angela シングル 年表
KINGS
2012年
ANGEL/遠くまで
(2013年)
シドニア
2014年
ミュージックビデオ
angela「ANGEL」 PV(short ver.) - YouTube
ONE WAY 収録曲
This is LOVE
(7)
ANGEL
(8)
バイバイオーライ
(9)
テンプレートを表示

ANGEL/遠くまで」(エンジェル/とおくまで)は、angelaの20枚目のシングル2013年11月6日スターチャイルドから発売された。angelaのシングルとしては前作「KINGS」から1年ぶりのリリースとなる。

音楽性[編集]

1曲目の「ANGEL」は、テレビアニメCOPPELION』のオープニングテーマに起用された。制作に際しKATSUは、『COPPELION』のロゴから錆びたスチール弦を連想したが、原作者である井上智徳の指摘を受けピアノの音色を取り入れ[3]、その後原作に目を通し無骨でハードな曲に仕上げたという[4]。なお従来は作曲に関しては分担して行なっているが、良い案が思い浮かばないためatsuko(KATSU)がKATSU(atsuko)に指示を仰ぎなぎら制作を進めたという[4]。メロディは当初スタンダードなものだったが、『COPPELION』の作風を考慮して強い音に変更することを決めたという[4]。作詞に関しては、『COPPELION』自体がドヨンとしていながらも希望を謳っているため耳に残るフレーズを詰め込んで応援歌のように仕上げている[3]

2曲目の「遠くまで」は、同アニメのエンディングテーマに起用された。ヒロインの成瀬荊、野村タエ子、深作葵をテーマとした[5]もの悲しい曲で[6]2013年7月にフランスJapan Expoで行われた『COPPELION』の上映会と同じ日のセーヌ川畔で見たアコーディオン奏者に感銘を受け、音色に取り入れることを決意したという[5]

音楽雑誌の『リスアニ!』は、1曲目の「ANGEL」を「爽快感のある王道のロック・ナンバー」と評す一方、2曲目の「遠くまで」を「ラストのatsukoの叫びはとにかく圧巻」と評した[7]

シングル収録内容[編集]

(全作詞:atsuko、作曲:atsuko・KATSU、編曲:KATSU)

  1. ANGEL [4:23]
  2. 遠くまで [4:05]
    • テレビアニメ『COPPELION』エンディングテーマ
  3. ANGEL(off vocal version
  4. 遠くまで(off vocal version)

チャート[編集]

チャート(2013年) 最高位
オリコン[2] 34
Billboard JAPAN Hot Singles Sales[8] 34
ANGEL
Billboard JAPAN Hot Animation[9] 16

出典[編集]

  1. ^ a b ANGEL/遠くまで”. タワーレコード. 2013年12月10日閲覧。
  2. ^ a b ANGEL/遠くまで”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年12月10日閲覧。
  3. ^ a b angela (2013年11月11日). ナタリー - [Power Push] angela「ANGEL/遠くまで」インタビュー (3/4). (インタビュー). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/angela/page/3 2013年12月10日閲覧。 
  4. ^ a b c angela (2013年11月11日). ナタリー - [Power Push] angela「ANGEL/遠くまで」インタビュー (2/4). (インタビュー). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/angela/page/2 2013年12月10日閲覧。 
  5. ^ a b angela (2013年11月11日). ナタリー - [Power Push] angela「ANGEL/遠くまで」インタビュー (4/4). (インタビュー). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/angela/page/4 2013年12月10日閲覧。 
  6. ^ 永井和幸『アニカン』Vol.128(2013年11月B号)、MG2、2013年11月6日、 14 - 15頁。
  7. ^ リスアニ!』Vol.15、エムオン・エンタテインメント、2013年10月30日、 ISBN 978-4-78-977201-3。
  8. ^ Billboard JAPAN Hot Singles Sales 2013/11/18 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年12月10日閲覧。
  9. ^ Billboard JAPAN Hot Animation 2013/11/18 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年12月10日閲覧。