AOR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

AORとは、Audio-Oriented Rock(オーディオ・オリエンテッド・ロック)、Album-Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)、Adult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)の略語であり、音楽のジャンルの一つである。

歴史[編集]

Audio-Oriented Rock[編集]

音を重視する、Audio-Oriented Rock (主に1970年半ば-1980年代)
「Audio-Oriented Rock」は「音を重視するロック(音志向ロック)」の意で1970年代から1980年代初頭の米国で用いられた。パンクムーブメントやHM/HRといった若者向けのラウドなロックとは方向性が異なり、クロスオーバー的な音造りと大人向けの落ち着いたボーカルが特徴である。ボズ・スキャッグス[1]ボビー・コールドウェル、ルパート・ホームズ、スティーリー・ダンクリストファー・クロス1974年以降のシカゴなどが該当する。

Album-Oriented Rock[編集]

アルバム全体としての完成度を重視する、Album-Oriented Rock (主に1980年-1990年代)
1980年代の米国では「エアプレー重視のロック」の意で「Airplay-Oriented Rock」の語が用いられたが、「シングルチャートを意識したものではなく、アルバム全体としての完成度を重視したスタイル」の意味で「Album-Oriented Rock」の語が普及し、ピンク・フロイドイエスなどが該当する。

Adult-oriented Rock[編集]

アダルト現代音楽、Adult-Oriented Rock (1980年代の日本) 、Adult Contemporary (1980年代以降)
「AOR」は1980年代の日本で音楽用語として用いられた。ボビー・コールドウェルの「Heart of Mine」が1988年に紹介される際、「Adult-oriented Rock」を「大人向けのロック」と解釈して1990年の日本公演で広告代理店が「AORの代表」と称した。TOTOとボズ・スキャッグスらが該当する。ノラ・ジョーンズなどは米国で「Adult ContemporaryAC)」と分類されたが、近年はHot、Soft、Light、Urbanなどと分類されている。ボズ・スキャッグスはかつてルーツ・ミュージック志向のロックを扱っていたが、後年にTOTOを結成するスタジオミュージシャンらを起用した1976年発表のアルバム『シルク・ディグリーズ』がヒットして、「AC」シンガーとして著名になった。

AORの代表曲の例[編集]

海外のAORミュージシャン(ソロ)[編集]

海外のAORグループ[編集]

日本のAORミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://musicbird.jp > ... > 126ch SUPER LEGEND 名盤チャンネル