APバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

APバスは、1998年に発売された、NECEWS4800UP4800シリーズに搭載されたRISCMPU R4000シリーズ、R4400シリーズ向けに開発された32bit高速バスである。

規格はNECSonyにより策定され両社のワークステーション(SonyはNEWSワークステーション)で使用された。 それまでワークステーションのバスとして使用されていたVMEバスに置き換わるものとして開発された。

シェアとしては国内のUNIXマシンの30%近くまで伸ばしたがその後、PCIバスの登場によりPCIバスへと切り替わっていった。

規格[編集]

  • 通常は1スロットで1枚を使用するが、1スロットを2つのハーフスロットに分け、2枚のハーフボードを同時に使用することが出来る。
  • ハーフスロットで動作する物としてデファレンシャル型のWide SCSIボード、SCSIボード、グラフィックアクセラレータボードなどがある。
  • フルスロットで動作する物としてギガイーサーボードなど主に高速通信系のボードなどがある。

注釈・出典[編集]

関連項目[編集]