ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS
ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 LIVE POP HAWKS
正式名称 アサヒスーパードライスペシャル「ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS」
開催時期 3月下旬、5月上旬、7月上旬
初回開催 2010年
会場 福岡 ヤフオク!ドーム
主催 アサヒビール福岡ソフトバンクホークス
企画制作 福岡ソフトバンクホークス
協力 日本航空
運営 福岡ソフトバンクホークス
プロデューサー アサヒビール/福岡ソフトバンクホークス
来場者数 約37025名 ※1回の開催最大収容
公式サイト

ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS(アサヒスーパードライライブポップホークス)は、2010年から2013年まで毎年開催されていた日本プロ野球界初となるミニライブイベントアサヒビール株式会社が協賛している。

概要[編集]

福岡県福岡市福岡 ヤフオク!ドームで開催されるプロ野球福岡ソフトバンクホークス主催の公式戦のうち、アサヒビールが協賛する数試合「アサヒスーパードライスペシャル」(主に開幕シリーズ・どんたくシリーズ・山笠シリーズ)の試合開始前に開催されていた。

2010年に、毎年恒例で行われるアサヒビールの協賛試合「アサヒスーパードライスペシャル」開催15周年を記念して初開催され、以後2013年まで毎年実施されていた。「アサヒビールグループコープレートブランドステートメントである『その感動を、わかちあう。』をキーワードに、ご来場頂いた皆様と、野球はもちろんのこと、音楽を通じ、“感動”をわかちあいます。」をモットーとし、試合開始前に各試合1~3組のアーティストが出演しミニライブを行った。

テーマソング、ジングルなどは、出演アーティスト等から書き下ろしで提供されていた。

出演者・テーマソング・ジングル[編集]

日程 対戦球団 出演アーティスト テーマソング ジングル ナビゲーター
2010年 3月26日 オリックス 渡辺美里国歌独唱含) 渡辺美里
「ぼくらのアーチ」
(インスパイアソング)
- -
3月27日 ET-KING
3月28日 May J.
5月1日 ロッテ ナオト・インティライミ
5月2日 ONE☆DRAFT
7月10日 Chicago Poodle ナオト・インティライミ
「WA WA WA」
7月11日 Rake
2011年 5月3日 楽天 さかいゆう
杏子
fumika(国歌独唱)
ONE☆DRAFT
「まだ止まれない」
さかいゆう 西田新
FM802
5月4日 ONE☆DRAFT
5月10日 オリックス MAY'S
斉藤由貴(国歌独唱)
DEEP
「LINKS!!」
5月11日 TEE
5月12日 DEEP
7月9日 ロッテ Hilcrhyme Rake
「Drive on」
7月10日 Rake
7!!
松本素生(国歌独唱)
2012年 3月30日 オリックス 植村花菜(国歌独唱含) 7!!
「虹色」
元気ロケッツ ヒロ寺平
FM802
3月31日 JAMOSA
4月1日 土岐麻子
5月5日 楽天 高橋優
5月6日 渡辺美里
6月23日 日本ハム 鈴木雅之
6月24日 TEE
2013年 3月30日 楽天 スガシカオ 近藤晃央
「ハッピーエンドワールドエンド」
近藤晃央 長谷川真弓
3月31日 華原朋美
5月3日 西武 近藤晃央
5月4日 ロッテ 遊助
5月5日 Rake
5月6日 星屑スキャット