ASOII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ASOII -LAST GUARDIAN-
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 SNK
発売元 SNK
プロデューサー 川崎英吉
デザイナー 河野和人
音楽 おさかようこ
北村芳彦
西田和弘
田中敬一
美術 田辺豊寿
前田義久
山口景泉
とくすえまさみ
シリーズ ASOシリーズ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
(7.19メガバイト
稼働時期 日本 199103251991年3月25日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 Multi Video System
CPU MC68000 (@ 12 MHz)
サウンド Z80 (@ 4 MHz)
YM2610 (@ 8 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×224ピクセル
59.19Hz
パレット4096色
テンプレートを表示

ASOII -LAST GUARDIAN-』(エー・エス・オーツー ラストガーディアン)は、1991年SNK(初代)から稼働されたアーケード縦スクロールシューティングゲーム。日本国外では『Alpha Mission II』のタイトルで稼働された。

同社のアーケードゲーム『ASO』(1985年)の続編。自機「SYD」を操作し、地球侵略を目論む恐怖の破壊神「フルヴァレンス・グローマ」を倒す事を目的としている。

同年に家庭用ゲーム機としてのネオジオにて発売され、1994年ネオジオCDに移植された。2010年にはPlayStation 3およびPlayStation Portable用ソフトとしてネオジオステーションにて配信された他、2011年にはWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信、さらに2016年にはPlayStation 4用ソフトとして、2017年にはNintendo SwitchおよびXbox One用ソフトとしてそれぞれアケアカNEOGEOにて配信された。また、NEOGEO Xネオジオ ミニなどの復刻版ハードにも収録された。

ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第5回ゲーメスト大賞」(1991年度)にてベストシューティング賞9位を獲得した。

概要[編集]

対地/対空を撃ち分ける『ゼビウス』(1983年)タイプの縦スクロールシューティングゲームである。全6エリア(エリア2は2部構成)で、特定の条件を満たした場合のみ、2周目に挑戦出来る。

本作は、ゲーム開始前に2つの操作パターンを選択することになる。1つは前作と同じ操作方法で、もう1つは1つのボタンでレーザーとミサイルを同時に発射出来る初心者向けの操作パターンになる。

前作同様、「キープ」をはじめとする多彩なアイテム・アーマー、誘導弾などがある。

難易度選択も可能(EASY、NORMAL、HARD、MVSの順)。また、プレイヤーの状況によっても展開が変化し、後半のエリアではEASYであってもノーミスで進めば敵の攻撃はそれなりに激しくなる。

後にSNK作品のイメージイラストを多数担当した森気楼のデビュー作でもある。

ゲーム内容[編集]

前作からの主な変更点[編集]

  • 所持金の概念が導入され、エリアをクリアするごとに、各種アーマーを購入することが出来るようになった。
  • 元々MVS向けに作られたため、横画面の縦スクロールシューティングになった。エリア3と6は左右にもスクロールする。
  • 2人同時プレイが可能となり、ミスするとその場から再開される。
  • アーマーの数が増えたが、今作では5つまでしか所持出来ない。
  • アーマーの色分けによる火力の変化廃止。
  • 常時表示していたエネルギーポイントは、アーマー装着時のみ表示に変更。上限は24ポイントに固定。
  • 前作ではS/L/Mのポイントは3つ揃えないと効果が発動されなかったが、今作では1つで効果が発動される。

アーマー[編集]

前作同様、ヘッド、左ウイング、右ウイングをパーツを揃えて初めて完成する。当然、揃える途中で別のアーマーパーツを取ってしまうと全てリセットされてしまう。

画面上部に名前付きでパーツが表示される。2人同時プレイ時はアーマーを完成させた方のプレイヤーにアーマーが追加される。

アーマーの種類[編集]

レーザー(LASER)アーマー
前方に通常より高威力のレーザーを放つ。プレイヤー1でプレイした場合、初めから所持している。ボタン長押しで自機が分身、広範囲にレーザーを放つことが可能。
サイド(SIDE)アーマー
自機の両脇に砲台が装着され、より多彩な方向にショットを放つことが出来る。エリア1で最初に出てくるアーマーでもある。
シールド(SHIELD)アーマー
バリアーを張って敵の攻撃を防ぐ。被弾するごとにエネルギーを2ポイント消耗。当たり判定は大きくなるが、敵の発射する弾ならエネルギーのある限り完全防御するので、最も使い勝手の良いアーマーと言える。
前作では綴りが「SEALD」だったが、本作では本来の綴りに修正された。
ホーミング(HOME)アーマー
地上の敵に目掛けて、6つのミサイルを放つ。プレイヤー2で始めた場合、最初から所持している。
ファイヤー(FIRE)アーマー
前方に火炎放射。威力が高いが、このアーマーを装備した場合、通常のレーザーやミサイルは一切使用出来なくなる。
ショットガン(SHOT)アーマー
前方2列に、赤く纏ったショットガンを放つ。地上にいる敵のみダメージ。
ニュークリア(NUKE)アーマー
アーマー先頭に装備された核弾頭ミサイルを発射する。発射したミサイルは一定距離経過後落下し、大きい円形の爆発を引き起こす。命中時のダメージは大きいが、弾速が遅く連射もできないので、ボス戦以外には向かない。
バブル(BUB'L)アーマー
バブル状の泡を放つ。通常では破壊出来ない敵にも効果がある。隠し要素として、スコアの100の位を9にして6面ボスをバブルアーマーで倒す(トドメを刺す)と7面ボスに変化が現れる。
サンダー(THUNDER)アーマー
稲妻を画面全体に放ち、全ての敵と敵弾を破壊する。発動の際、自機は自動的に真ん中あたりに移動する。消費エネルギー・売値ともに最高クラス。
ブラックホール(BLACK)アーマー
前方にブラックホールを発射して、周囲の敵(空中のみ)を吸い込む。地上にもダメージは与えられる。ニュークリアと同じく、一定距離経過して効果が発動する。
フェニックス(PHNX)
ボタン長押しで自機が火の鳥に変化する。そのまま、敵に体当たりして攻撃という変わったアーマー。

ポイントの種類[編集]

空中に浮遊しているカプセルを破壊するか、地上にあるパネルを破壊すると現れる。カプセルで出したポイントはレーザーで打つごとに、S→L→M→Gの順に変化する。

S(SPEED)ポイント(青)
自機のスピードが3段階までアップする。
L(LASER)ポイント(黄色)
自機の対空攻撃が3段階までパワーアップする。
M(MISSILE)ポイント(赤)
自機の対地攻撃が3段階までパワーアップする。
G(GOLD)ポイント
所持金が増える。黄色は1ゴールド、赤色は10ゴールド手に入る。所持金はドクロポイントを取ったり、コンティニューすると全て失われる。
K(KEEP)ポイント
今作では独立して現れる。自機がミスしても初期状態に戻らなくなる。ただし何度同じパネルを取っても、効果は1回分しか発動しない(1度ミスし、Kポイントを取らずに再びミスすると初期状態に戻ってしまう)。
E(ENERGY)ポイント
3種類あり、は1ポイント、は5ポイント、だと全てのエネルギーがチャージされる。アーマーを装着している時のみ現れる。
W(WARP)ポイント(黄色)
一定の区間をワープ移動する。ワープ中は自機のみ攻撃可能。またワープ中はパネルが露出してポイントを回収できる。
1UPポイント(黄色)
残機が1機増える。エクステンドのファンファーレも鳴る。出現確率は低い。
R(REVERSE)ポイント(紫色)
一定の区間をリバースワープする。ワープと異なり、戻される途中にポイント回収はできない。敵やアイテムの出現数が有限のこのゲームでは、得点稼ぎの有効な手段となる。
裏S・L・Mポイント(紫色)
それぞれスピード、レーザー、ミサイルを1ランクパワーダウンさせる。
裏Eポイント(紫色)
エネルギーチャージが4ポイント失われる。アーマーを装着し、なおかつ5種類持っていると現れる。
ドクロポイント(紫色)
全てのキープ、所持金が失われパワーダウンする、最悪の裏ポイント。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ASOII 日本 199107011991年7月1日
アメリカ合衆国 1991年
ネオジオ SNK SNK 47メガビットロムカセット NGH-007
2 ASOII 日本 199409091994年9月9日
ネオジオCD SNK SNK CD-ROM NGCD-007
3 ASOII アメリカ合衆国 201012212010年12月21日
日本 201012222010年12月22日
PlayStation 3
PlayStation Portable
M2 SNKプレイモア ダウンロード
(ネオジオステーション)
- ネオジオ版の移植
4 ASOII 日本 201112062011年12月6日
Wii SNK D4エンタープライズ ダウンロード
バーチャルコンソール
- ネオジオ版の移植
5 ASOII アメリカ合衆国 201212182012年12月18日
ヨーロッパ 201212182012年12月18日
日本 201212282012年12月28日
NEOGEO X SNKプレイモア SNKプレイモア 内蔵ゲーム - ネオジオ版の移植
6 ASOII アメリカ合衆国 201610272016年10月27日
日本 201612262016年12月26日
PlayStation 4 ハムスター ハムスター ダウンロード
アケアカNEOGEO
アメリカ合衆国 CUSA-06683
MVS版の移植
7 ASOII INT 201704062017年4月6日
Nintendo Switch ハムスター ハムスター ダウンロード
(アケアカNEOGEO)
- MVS版の移植
8 ASOII 日本 201704272017年4月27日
Xbox One ハムスター ハムスター ダウンロード
(アケアカNEOGEO)
- MVS版の移植
9 ASOII 日本 201807242018年7月24日
ネオジオ ミニ SNK SNK 内蔵ゲーム - ネオジオ版の移植
ネオジオ版
アーケードと基板の仕様は全く一緒なので、クレジットのシステムなどの細かな違い以外はゲーム内容の違いは無い。ROMカートリッジを使用しており、読み込み時間などもない。
ネオジオCD版
基本的にROMカートリッジ版とほとんど同じ内容だが、ソフトの定価がROM版に比べて非常に安い。その代わり読み込み時間が長い。
PlayStation 3、PlayStation Portable版
ネオジオ版の移植。ゲーム自体はネオジオ版と同じだが、自分のプレイ内容を記録したり、サウンドテストなど様々な機能が追加されている。
Wii版
ネオジオ版の移植。バーチャルコンソールは基本的にオリジナル版をほぼ忠実に移植するため、内容にネオジオ版との違いはない。
NEOGEO X版
ネオジオ版の移植。本体にプリインストールされているのが特徴。元は北米にあるTommo社によって開発され、1000台限定で日本向けに輸入された。そのためゲームも海外仕様となっている。
PlayStation 4版
MVS版の移植。海外版もプレイ出来たり、MVS用の筐体にあったブラウン管モニターを見ているような感覚でプレイする機能なども追加された。
Nintendo Switch版
MVS版の移植。
Xbox One版
MVS版の移植。
ネオジオ ミニ版
ネオジオ版の移植。本体はMVS筐体を模したものとなっているが、別売りのゲームパットを接続してプレイすることも可能。

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:川崎英吉
  • 企画:KOHYAN(河野和人)
  • サブ企画:SHIBA(しばたかずひろ)
  • プログラマー:DATA TADA、MUGE-SAN、MAGI2、SHO CHAN、NISHIDON
  • デザイナー:TOYOCHAN(田辺豊寿)、前田義久、MIKI、Y.KAWASE、HIGA、山口景泉、とくすえまさみ、MANO.
  • サウンド:おさかようこ、JOJOHA KITAPI(北村芳彦)、KONNY(西田和弘)、TARKUN(田中敬一
  • スペシャル・サンクス:えばらやすはる、H.TANAKA、横山雅人、TOMI-YAN(冨田聖司)、PREDETOR-HIDEKI、STRIKER-IWATA、TOMEKICHI、TARA、DOM、KIKU-BEE、KUBOYON

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3.5/5stars (AC)[1]
Computer and Video Games88% (NG)[2]
NintendoLife7/10stars (NS)[3]
ネオジオフリーク8/20点 (NG)[4]
受賞
媒体受賞
第5回ゲーメスト大賞ベストシューティング賞 9位[5]
アーケード版
ゲーム誌『ゲーメスト』誌上で行われていた「第5回ゲーメスト大賞」(1991年度)において、読者投票によりベストシューティング賞で9位を獲得した[5]
ネオジオ版
ゲーム誌『ネオジオフリーク』が1997年に行った「ネオジオゲームツインレビュー」では3、5の合計8点となった[4]。レビュアーは「前作よりずっと高難易度でアーマー数が増え収集する戦略性がありアーマー装備時の猛烈な攻撃力はいいが、横画面なため妙に広く感じる」、「通常攻撃が弱すぎて敵を倒しにくく爽快感があまりない」、「面によって特定の武器でないとクリア不可なのはかなり辛い」と、画面構成やゲームシステムに関して否定的な評価を下した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Alpha Mission II for Arcade (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年5月25日閲覧。
  2. ^ Alpha Mission II for Neo Geo (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年5月25日閲覧。
  3. ^ Alpha Mission II for Nintendo Switch (2017)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年5月25日閲覧。
  4. ^ a b c ネオジオフリーク1997年6月号 124ページ
  5. ^ a b 「ゲーメスト大賞11年史」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 16 - 17頁、 ISBN 9784881994290。