国際意識科学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際意識科学会(こくさいいしきかがくかい、Association for the Scientific Study of Consciousness、略称:ASSC)は意識研究に関する国際的な学会。アリゾナ大学意識研究センターの主催するツーソン会議と並ぶ、現代の意識研究分野における中心的な集まりのひとつ。略して一般にASSCと呼ばれている。意識について、その性質、機能、そしてその基盤となるメカニズムへの理解を深めるため、認知科学神経科学哲学、その他関連する様々な分野で行われている研究をサポートすることを目的とする。

学会は1994年、アメリカのカリフォルニア州バークレーで設立された。設立が行われたのは意識に関する国際会議、第一回ツーソン会議の終了したすぐあと。立ち上げをおこなったのは学術雑誌Cellの編集者である Patrick Wilken である。設立当初のメンバーには次のような人物がいた。バーナード・バース、William Banks, デイヴィッド・チャーマーズ、Stanley Klein、 George Buckner、David Rosenthal、 Thomas Metzinger、 Patrick Wilken。

活動[編集]

カンファレンス[編集]

1997年から年一回、研究者の情報交流のためのカンファレンスを開催している。各カンファレンスの名前は、学会の略称である ASSC のあとに開催次をつけたものとなっている。

タイトル 開催年と開催時期 開催された国 開催地 会場 副題 リンク
ASSC 1 1997年 7月13日-16日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 クレアモント ? 潜在的認知は意識について何を語るのか? [1]
ASSC 2 1998年 7月19日-22日 ドイツの旗 ドイツ ブレーメン Hanse Institute for Advanced Study 意識の神経相関 - 実証的および概念的な問題 [2]
ASSC 3 1999年 7月4日-7日 カナダの旗 カナダ ロンドン (オンタリオ州) ウェスタンオンタリオ大学 意識自己-神経的、認知的、哲学的問題 [3]
ASSC 4 2000年 6月29日-7月2日  ベルギー ブリュッセル ベルギー自由大学 意識の統一性-結びつけ、統合、分離 [4]
ASSC 5 2001年 5月27日-30日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダーラム デューク大学 意識の内容-知覚注意現象学 [5]
ASSC 6 2002年 5月31日-6月3日 スペインの旗 スペイン バルセロナ バルセロナ大学 意識と言語-報告可能性と表象、人間と動物について [6]
ASSC 7 2003年 5月31日-6月2日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メンフィス (テネシー州) メンフィス大学 意識のモデルメカニズム [7]
ASSC 8 2004年 6月26日-28日  ベルギー アントワープ アントワープ大学 - [8]
ASSC 9 2005年 6月24日-27日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 パサデナ カリフォルニア工科大学 - [9]
ASSC 10 2006年 6月23日-26日 イギリスの旗 イギリス オックスフォード オックスフォード大学 セント・アンズ・カレッジ - [10]
ASSC 11 2007年 6月22日-25日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ラスベガス インペリアル・パレス・ホテル - [11]
ASSC 12 2008年 6月19日-22日  台湾 台北 国立台湾大学 - [12]
ASSC 13 2009年 6月5日-8日 ドイツの旗 ドイツ ベルリン ベルリン・ブランデンブルク学術アカデミー - [13]
ASSC 14 2010年 6月24日-27日 カナダの旗 カナダ トロント 89 チェスナット・レジデンス (トロント大学寄宿舎 - [14]
ASSC 15 2011年 6月9日-12日 日本の旗 日本 京都 京都大学 吉田キャンパス 時計台記念館 - [15]
ASSC 16 2012年 7月3日-6日 イギリスの旗 イギリス ブライトン サセックス大学 サックラー意識科学センター - [16]

出版[編集]

学会誌としてPsycheという名前の雑誌を発行している。 雑誌は無料で読めるオープンアクセスの形態で発行されている。

また色々なテーマの本を、不定期に出版している。

  • Metzinger, T., ed., (2000). Neural Correlates of Consciousness - Empirical and Conceptual Questions. Cambridge, MA: MIT Press ISBN 0-262-13370-9
  • Axel Cleeremans (Ed.), ed (2003). The Unity of Consciousness: Binding, Integration, and Dissociation. Oxford University Press. ISBN 0-19-850857-3
  • Steven Laureys, ed (2005). Progress in Brain Research, The boundaries of consciousness: neurobiology and neuropathology. Elsevier. ISBN 0-444-51851-7

ウィリアム・ジェイムズ賞[編集]

2004年からウィリアム・ジェイムズの名をとった賞 William James Prize が毎年一人(一グループ)の研究者に贈られている。受賞の対象となるのは若い研究者(大学院生または博士号を受けてから5年以内のポスドク)が行った研究で、ノミネートされた研究の中からひとつの研究に対して賞が贈られる。受賞者には賞金1000米ドルが贈られる[17]。2010年度の審査委員はダニエル・デネット、Chris Frith、 Axel Cleeremans、ジュリオ・トノーニの四人。

年度 受賞者 研究の内容 リンク
2004年 Steven Laureys ら 植物状態における脳の機能 論文PDF
2005年 Hakwan Lau ら 注意意図 論文PDF
2006年 Sang-Hun Lee ら 両眼視野闘争時に観測される一次視覚野での進行波 論文PDF
2007年 Sid Kouider Cerebral bases of subliminal and supraliminal priming during reading 論文PDF
2008年 Naotsugu Tsuchiya Continuous flash suppression reduces negative afterimages 論文PDF
2009年 Joel Pearson The functional impact of mental imagery on conscious perception 論文PDF

関連項目[編集]