ASUKA (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ASUKA』(あすか)は、KADOKAWA(2013年までは角川書店)から発行されている漫画雑誌1985年に創刊。毎月24日(日曜日の場合は23日)に翌々月号が発売される月刊誌『月刊Asuka』であったが、2021年5月24日発売の2021年7月号より隔月刊化され、誌名を『ASUKA』に改めた[1]。隔月刊化後は、奇数月に発売されている[1]

概要[編集]

創刊号は1985年8月号(6月発売)。ローマ字表記はかつてはASUKAだったが、Asukaになり、隔月刊としてリニューアル後はASUKAになった。表紙には、『Asuka』の上部に「月刊あすか」と記載されていた。少女漫画雑誌ではあるが、漫画面では『少年エース』と同等で、主流の恋愛漫画は皆無である。森永あいの『山田太郎ものがたり』、杉崎ゆきるの『D・N・ANGEL』、小田切ほたるの『裏切りは僕の名前を知っている』、原作:吉田直、絵:九条キヨ、キャラクター原案:THORES柴本の『トリニティ・ブラッド』などが連載されている。『月刊Asuka』に掲載され単行本化される作品は『あすかコミックス』レーベルにおいて刊行されている。増刊誌として『別冊あすか』などがある。『月刊Asuka』独自の漫画賞として『Asuka新人漫画賞』が190回以上続いていたが、2009年より角川書店が発行する漫画雑誌5誌合同の『角川漫画新人賞』に統合された。2009年10月の『ビーンズエース』の廃刊に伴い一部作品が、2012年10月に休刊した『アルティマエース』から一部作品が、2013年10月に休刊した『コミック怪』から一部作品が移籍してきた。Webマンガ誌『コミックNewtype』が創刊され一部作品が移籍していった。

2018年4月から2019年2月にかけて、あすか編集部並びにKADOKAWAの漫画誌『ハルタ』『電撃マオウ』の漫画編集者が有志で作成した小冊子『青騎士』が全6号で付属[2]。Asuka掲載作家による新作も掲載された。この『青騎士』は後に隔月刊の独立誌となり、2021年4月20日に刊行を開始している[3]

現在の主な掲載作品[編集]

2021年11月号現在

  • 悪魔学者サラ=コルネリウスの大事典(藤也卓巳
  • 怪物少女図鑑(朱子すず)
  • 影時さまのくれなゐ後宮(硝音あや
  • かわたれ時の箱者街(鳩也直)
  • KATANAかまたきみこ
  • 月華国奇医伝(ひむか透留)
  • 恋と終末のグリムリーパー(緒崎カホ)
  • こはる日和とアニマルボイス(加藤えりこ)
  • こもれび商店街のチェンジングワンダー(葵はづき)
  • 桜の森の鬼暗らし(黒榮ゆい)
  • 残月、影横たはる辺(叶輝)
  • シャラクナ 〜怪奇心霊見聞録〜(長乃あきら)
  • 千夜のキスできみを殺して(壱コトコ)
  • 男子高生の拝み屋修行(桜屋えん)
  • バッテリー(作画:柚庭千景 / 原作:あさのあつこ
  • ハデスさまの無慈悲な婚姻(上地優歩)
  • 百年と魔女(ハラヤス)
  • FOGGY FOOT(紗与イチ)
  • ブナの森のアリア(秋鹿ユギリ)
  • ベルと紫太郎(伊田チヨ子)
  • Mr.マロウブルー(サマミヤアカザ)
  • 未来の飛行機野郎ハルト(S.濃すぎ)
  • 明治浪漫綺話(音中さわき)
  • ゆるい関(トニー・ミカ)
  • リュシオルは夢をみる(森川侑)

現在休載中の作品[編集]

  • XCLAMP
  • キラーキラー(湖住ふじこ)
  • 四ノ宮くんには理由がある(小田切ほたる
  • 断罪のドラグネット(原作・脚本:椹野道流 / 作画:小田すずか)

過去に連載されていた主な作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

  • 我ら祭華高校 ミステリアス解決部(朔坂みん)
  • ワレワレワ宇宙人ダ!!(朱子すず)
  • ONE×3(雪リコ)

コミックNewtypeへ移籍した作品[編集]

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、38,000部[7]
  • 2004年9月 - 2005年8月、35,750部[7]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、45,834部[7]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、40,000部[7]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、42,834部[7]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、33,334部[7]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、37,084部[7]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、31,334部[7]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、28,209部[7]
  • 2012年10月 - 2012年12月、27,667部[8]

関連項目[編集]

増刊発の雑誌
メディア展開
新人賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “ASUKAが“宝物のようなマンガを届ける”ため隔月刊にリニューアル、新連載も3本始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月24日). https://natalie.mu/comic/news/429423 2021年5月31日閲覧。 
  2. ^ ハルタに「ハクミコ」グラフィグ第2弾、本日発売「ダンジョン飯」6巻の続きも掲載 - コミックナタリー”. ナタリー. ナターシャ (2018年4月13日). 2021年5月2日閲覧。
  3. ^ 新マンガ誌・青騎士創刊、第1号には森薫「シャーリー・メディスン」の新作も - コミックナタリー”. ナタリー. ナターシャ (2021年4月20日). 2021年5月2日閲覧。
  4. ^ a b “干支を決める動物バトルもの&モテたい女子の恋愛奮闘記、ASUKA新連載”. コミックナタリー. (2016年9月25日). http://natalie.mu/comic/news/202996 2016年9月26日閲覧。 
  5. ^ a b “ASUKA新連載は2本、呪われ師の物語&人の渇望が生み出す化け物の事件”. コミックナタリー. (2016年11月24日). http://natalie.mu/comic/news/210545 2016年11月24日閲覧。 
  6. ^ “不思議が息づく明治時代の恋物語「花、むすぶ君へ」青井みとのASUKA新連載”. コミックナタリー. (2016年5月24日). http://natalie.mu/comic/news/188309 2016年5月24日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり発行部数。
  8. ^ 日本雑誌協会 Archived 2012年2月26日, at the Wayback Machine.