ATPカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ATPカップ
ATPツアー
開始年 2020
開催地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ブリスベンパースシドニー(2020)
メルボルン(2021)
会場 パット・ラフター・アリーナ(ブリスベン)
RACアリーナ(パース)
ケン・ローズウォール・アリーナ(シドニー)
ロッド・レーバー・アリーナ(メルボルン,2021)
ジョン・ケイン・アリーナ(メルボルン,2021)
サーフェス ハード / 屋外
ドロー 24チーム (2020)
12チーム (2021)
公式サイト
atpcup.com

ATPカップ (ATP Cup) は2020年より毎年1月にオーストラリアで開催されているテニスの国別対抗戦である。

概要[編集]

男子プロテニス協会 (ATP) 主催。1978年から2012年まで開催されていたワールドチームカップの実質上の復活となる。2022年までブリスベンパースシドニーで開催されることが決まっている[1][2]

2021年は新型コロナウイルス感染症の影響で出場国を12ヶ国に縮小したうえで、メルボルンメルボルン・パークに会場を移して開催されることとなった[3][4]

大会形式[編集]

出場チームは24カ国で6組に分かれたグループステージで1位と2位のうち上位2チームが準々決勝進出。試合はシングルス2試合、ダブルス1試合で構成され、準々決勝以降の試合はシドニーで行われる。

チームは3~5名で構成され、シングルスとダブルスの兼任は可能。しかしシングルス最高位の選手がシングルスNo.2に出場することはできない。また、ショットクロックやコーチング制度が導入される。

ポイント制度[編集]

同じ国別対抗戦のデビスカップとの最大の違いとして、本大会はポイントが付与される。獲得ポイントは自身の世界ランキングやラウンド、対戦相手のランキングにより変動し、最大で250ポイントが得られる。

タイプ 世界ランク ラウンド 対戦相手の世界ランキング
No. 1–10 No. 11–20 No. 21–30 No. 31–50 No. 51–100 No. 101+
シングルス No. 1–300 決勝 250 200 150 105 75 50
準決勝 180 140 105 75 50 35
準々決勝 120 100 75 50 35 25
予選 75 65 50 35 25 20
No. 301+ 決勝 85 55
準決勝 55 35
準々決勝 35 25
予選 25 15
ダブルス - 決勝 80
準決勝 75
準々決勝 55
予選 40
  • シングルスは全勝で最大750ポイント、ダブルスは最大250ポイント獲得することができる[5]

歴代結果[編集]

優勝 準優勝 スコア
2020 セルビアの旗 セルビア スペインの旗 スペイン 2–1
2021 ロシアの旗 ロシア イタリアの旗 イタリア 2–0

歴代出場国[編集]

2020 2021
 アルゼンチン QF RR
 オーストラリア SF RR
 オーストリア RR RR
 ベルギー QF A
 ブルガリア RR A
 カナダ QF RR
 クロアチア RR A
 フランス RR RR
 ジョージア RR A
 ドイツ RR SF
 イギリス QF A
 ギリシャ RR RR
 イタリア RR F
 日本 RR RR
 モルドバ RR A
 ノルウェー RR A
 ポーランド RR A
 ロシア SF W
 セルビア W RR
 南アフリカ共和国 RR A
 スペイン F SF
 アメリカ合衆国 RR A
 ウルグアイ RR A

テレビ放送[編集]

日本[編集]

日本ではテレビ朝日系列(地上波)・BS朝日テレ朝チャンネル(CS放送)・AbemaTVによるリレー放送で24カ国全43対戦(約130試合)を全試合生中継する[6][7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ATP Cup Confirms Sydney And Brisbane As Hosts For 2020” (プレスリリース), ATP Tour, (2019年1月7日), http://www.atptour.com/en/news/atp-cup-confirms-sydney-and-brisbane-as-hosts-for-2020 2019年1月14日閲覧。 
  2. ^ ATP Cup: Sydney and Brisbane to host A$22m event”. BBC (2019年1月7日). 2019年1月14日閲覧。
  3. ^ 全豪テニスは21年2月開催 コロナで延期、予選は中東ドーハで”. this.kiji.is. 共同通信 (2020年12月17日). 2020年12月19日閲覧。
  4. ^ “ATP Announces Updated Start To 2021 Calendar” (プレスリリース), ATP Tour, Inc., (2020年12月16日), https://www.atptour.com/en/news/atp-announces-updated-start-to-2021-calendar 2020年12月19日閲覧。 
  5. ^ ATP Cup rules”. ATP Cup. 2020年1月2日閲覧。
  6. ^ 世界テニス国別対抗戦 ATPカップ2020”. テレビ朝日. 2019年12月8日閲覧。
  7. ^ 「AbemaTV」にて、『世界テニス国別対抗戦 ATPカップ2020』の全試合生中継が決定 2020年1月3日(金)より10日間、24カ国全43対戦(約130試合)を放送”. 株式会社サイバーエージェント(2019年12月6日作成). 2019年12月8日閲覧。

関連項目[編集]